競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

日本で活躍!外国人騎手ランキングトップ10

外国人騎手と言えば、かつて短期免許で来日し活躍したジョッキーが目立ちました。ただし2017年から短期免許取得のルールが変わり、来日する外国人騎手も大きく変化しています。

 

現在では日本で通年免許を取得したC.ルメール騎手とM.デムーロ騎手が活躍していますが、他にも日本で活躍している&活躍していた外国人騎手をランキング化しました。

 

第1位 C.ルメール騎手

外国人騎手として日本初のリーディングを取るなど2017年には活躍が目立ちました。また短期免許取得時にもハーツクライを始め、日本のG1レースを複数勝利しています。

 

ソウルスターリングでオークス、レイデオロでダービーを勝利するなどクラシック戦線でも今後楽しみな騎乗馬がいることが特徴です。

 

2018年はやや遅れ気味のスタートになっていますが、今後が気になるところです。

 

>> クリストフ・ルメールはどんな騎手なのか?レース成績、騎手としての特徴、今後の騎乗予定を紹介

 

第2位 M.デムーロ騎手

C.ルメール騎手と同時に日本の通年免許を取得し、2017年もリーディング3位と健闘しています。重賞やG1レースなどでの好走が目立ち、2017年にはJRAのG1レースを6勝するなど顕著な活躍を見せています。

 

更に2018年もダンビュライトでAJCCを勝利するなど既に多くの勝利を積み重ねています。今年のリーディング争いにも注目ですね。

 

また、過去には日本のG1レースだけでなく日本馬のヴィクトワールピサでドバイのレースを勝利するなど日本とは縁の深い騎手です。

 

>> ミルコ・デムーロ騎手はどのような騎手なのか?レース成績、得意とする競馬場、騎乗スタイルなどを紹介

 

第3位 R.ムーア騎手

世界リーディングの上位に名を連ね、日本にも短期免許で来日しています。2017年はゴールドドリームでチャンピオンCを勝利するなど、現在もG1戦線を賑わしています。

 

日本だけではなく、世界各地の大レースに参戦し今後も活躍が期待されます。

 

>> 日本で活躍中!ライアンムーア騎手の実力は?日本馬での成績や評価

 

第4位 J.モレイラ騎手

香港のトップ騎手の一人でマジックマンの異名を持ち、雷神とも呼ばれています。

 

香港では数々のG1レースを勝利しており、香港遠征の日本馬にも騎乗経験があります。香港でも騎乗機会8連勝を達成していますが、日本でも騎乗機会7連勝と武豊騎手に並ぶ記録を達成しました。元々はブラジル出身で、ブラジルや南アフリカで騎乗していた際にも1日8勝を果たしています。

 

ワールドスーパージョッキーシリーズなどでも度々活躍し、日本に短期免許で来日することもあります。

 

モーリスなど、現在は種牡馬として産駒デビューが待たれる名馬にも騎乗経験があり、チャンピオンズマイルで勝利した他日本でもG1レースで手綱を取っていました。

 

>> モレイラ騎手はどんな騎手?特徴、騎乗スタイル、成績 札幌記念モーリスの敗因は?

 

第5位 C.デムーロ騎手

M.デムーロ騎手の弟で、以前から日本に短期免許で来日していました。現在はフランスでも活躍が目立ちますが、兄のM.デムーロ騎手との繋がりもあり日本でこれから騎乗が増えることも考えられますね。

 

2017年にも短期免許で来日し、ファンタジーステークスをベルーガで制した後は、中日新聞杯をメートルダールで、ホープフルステークスをタイムフライヤーで勝利しています。JRA通算100勝も果たしており、日本でも多くの勝利を掴んでいるジョッキーです。

 

第6位 H.ボウマン騎手

2017年にはジャパンカップをシュヴァルグランで勝利するなど、日本での活躍も目立ちました。オーストラリアのジョッキーで、昨年はワールドベストジョッキーに選ばれるなど世界的にも高い評価を得ています。

 

2018年もシュヴァルグランで天皇賞春に参戦することが決定しており、今後の活躍も期待できますね。

 

>> 2017ジャパンカップ制覇!ヒュー・ボウマン騎手の実力は?日本馬での成績や評価

 

第7位 O.ペリエ騎手

近年では凱旋門賞馬のソレミアに騎乗し、日本に来日しています。現在はほぼ日本で騎乗することはありませんが、過去には短期免許で来日しG1レースをいくつも勝利した経験があります。

 

第8位 L.デットーリ騎手

日本馬だけでなく外国馬の主戦ジョッキーとして、日本に来日していたことがあります。ジャパンカップでは2勝を挙げており、レコードも残しています。

 

2017年にはエネイブルで凱旋門賞を勝利するなど、世界的なトップ騎手の一人です。

 

第9位 Z.パートン騎手

元オーストラリアのジョッキーで、現在は香港を拠点に活動しています。高松宮記念を香港馬のエアロヴェロシティで勝利した他、短期免許で来日もしています。2012年にはワールドスーパージョッキーシリーズで優勝も果たしました。オーストラリアではアドマイヤラクティに騎乗し、G1レースを勝利しています。

 

短期免許での初来日時は怪我のため途中で帰国していますが、その後も2度目の来日がありました。

 

第10位 F.ベリー騎手

アイルランドのジョッキーでしたが、現在はイギリスに移籍しています。数年前には短期免許で来日しており、複数の重賞を勝利するなど日本での活躍も目立ったジョッキーです。

 

まとめ

日本で活躍している外国人騎手は多いですが、やはり今後注目されるのは通年免許を取得したC.ルメール騎手とM.デムーロ騎手です。

 

外国人騎手の短期免許取得ルールのハードルが上がったことから、今後来日する騎手は減少傾向にありますがその分世界でも活躍するジョッキーが揃っています。

トップへ戻る