競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

地方競馬場をレベル順に紹介!中央とのレベル差は?

今回は地方競馬場間のレベル差と中央競馬とのレベル差についてご紹介します。

 

まずは地方競馬場ごとのレベル差をランキングで見ていきましょう。

 

地方競馬場ごとのレベル差は?

レベル差を表す指標として今回はダートグレード競走の競馬場・グレードごとのレース数及び最高賞金レースを中心にランキングをしています。

 

グレードが高いレースがあるほど、1着賞金が高いレースが存在することになり、自然と強い馬が集まる傾向にあります。

 

2歳戦のホッカイドウ競馬のように必ずしも当てはまらないケースもありますが、概ね正しい基準だと考えられます。

 

なお、JBC各レースは毎年各競馬場持ち回り開催のため集計から割愛し、ばんえい競馬も除いています。

 

また、合計グレードレース数よりも格上グレードレースの有無を優先し、各グレードレースの合計数まで同じ場合は1着賞金が高いレースがある競馬場を上位にランキングしています。

 

12位 笠松競馬場 

G3レース数→0 G2レース数→0 G1レース数→0 合計レース数→0

最高賞金レース 笠松グランプリ(全国交流) 1着賞金 1,000万円

 

12位 水沢競馬場 

G3レース数→0 G2レース数→0 G1レース数→0 合計レース数→0

最高賞金レース ダービーグランプリ(全国交流) 1着賞金 1,000万円

 

10位 高知競馬場 

G3レース数→1 G2レース数→0 G1レース数→0 合計レース数→1

最高賞金レース 黒船賞(G3) 1着賞金 2,100万円

 

10位 金沢競馬場 

G3レース数→1 G2レース数→0 G1レース数→0 合計レース数→1

最高賞金レース 白山大賞典(G3) 1着賞金 2,100万円

 

9位 佐賀競馬場 

G3レース数→2 G2レース数→0 G1レース数→0 合計レース数→2

最高賞金レース 佐賀記念(G3) 1着賞金 2,300万円

 

8位 門別競馬場 

G3レース数→4 G2レース数→0 G1レース数→0 合計レース数→4

最高賞金レース ブリーダーズゴールドカップ(G3) 1着賞金 2,500万円

 

7位 名古屋競馬場 

G3レース数→2 G2レース数→1 G1レース数→0 合計レース数→3

最高賞金レース 名古屋グランプリ(G2) 1着賞金 3,100万円

 

6位 園田競馬場 

G3レース数→1 G2レース数→2 G1レース数→0 合計レース数→3

最高賞金レース 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着賞金 2,800万円

 

5位 浦和競馬場 

G3レース数→1 G2レース数→2 G1レース数→0 合計レース数→3

最高賞金レース 浦和記念(G2) 1着賞金 3,500万円

 

4位 盛岡競馬場 

G3レース数→2 G2レース数→0 G1レース数→1 合計レース数→3

最高賞金レース マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 1着賞金 4,500万円

 

3位 船橋競馬場 

G3レース数→2 G2レース数→2 G1レース数→1 合計レース数→5

最高賞金レース かしわ記念(G1) 1着賞金 6,000万円

 

2位 川崎競馬場 

G3レース数→1 G2レース数→2 G1レース数→2 合計レース数→5

最高賞金レース 川崎記念(G1) 1着賞金 6,000万円

 

1位 大井競馬場 

G3レース数→2 G2レース数→2 G1レース数→3 合計レース数→7

最高賞金レース 東京大賞典(G1) 1着賞金 8,000万円

 

地方競馬全体と中央競馬とのレベル差は?

地方競馬全体と中央競馬とのレベル差については、中央競馬のほうが一枚も二枚も上と言わざるを得ません。

 

交流重賞だけではなく、重賞以外の交流レースでも上位人気は中央競馬所属馬が独占し実際に勝利しています。

 

ここでは、地方競馬の比較と同じように中央競馬のダートグレード競争の1着賞金を一部ご紹介します。

 

G3 ユニコーンステークス 東京競馬場 1着賞金 3,500万円 ※G3 最安値

G3 レパードステークス  新潟競馬場 1着賞金 4,000万円 ※G3 最高値

G2 東海ステークス    中京競馬場 1着賞金 5,500万円

G1 フェブラリーステークス東京競馬場 1着賞金 9,700万円

G1 チャンピオンズカップ 中京競馬場 1着賞金 9,700万円

 

一例をあげると、「地方競馬 G2 浦和記念」と「中央競馬 G3 ユニコーンステークス」が同額です。

 

また、「地方競馬G1 マイルチャンピオンシップ南部杯」よりも「中央競馬 G2 ウインターステークス」のほうが高額となっています。

 

賞金がすべてではないものの中央競馬のほうにいかに良い馬が集まりやすいかというのはお分かりいただけるかと思います。

 

まとめ

地元の競馬場を愛する馬主の方も地域によっては多いですが、基本的にはレース賞金の高い競馬場・レースに強い馬は預託され出走させていきます。

その結果、中央競馬重視の傾向が強くなり、地方競馬はレベルという意味ではどうしても中央競馬を超えにくくなっていることが現状です。

 

それでも競走馬同士のレベルが競馬場内では拮抗していますので、レースを見ていてつまらないということには繋がりません。

インターネット中継などリアルタイムでレースを見れば一目瞭然です。

 

今回のレベル差は交流競走の予想をする際の目安として参考にしてみてください。

 

>> 地方競馬で荒れる競馬場ランキングトップ6、荒れやすい重賞レース3つ

トップへ戻る