競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

地方競馬の即PAT(パット)発売日、日程、発売時間まとめ

中央競馬の即PAT会員の方が、即PATを利用して地方競馬を購入するにあたっての方法をご紹介していきます。

 

地方競馬の即PAT発売日や日程、発売時間

「楽天競馬」「オッズパーク」「SPAT4」と競馬では地方競馬のみを対象に投票できるサイトがありますが、即PATは中央競馬(JRA)全レースに加え一部の海外レースの馬券及び一部の地方競馬の馬券を購入することができる中央競馬が運営しているサービスです。

 

普段中央競馬のみ楽しんでいるという方が、特に手続きすることなく手軽に地方競馬を楽しみたい、地方競馬デビューをしたい場合には違和感なくスムーズにはじめることができる便利なサービスです。

 

発売される日程については【「JRAネット投票」×「地方競馬」】のサイトに詳細のカレンダーが掲載されていまが、概略は以下の通りです。

 

まず、曜日によって購入できるかどうかが決まっています。

 

基本的には火曜日・水曜日・木曜日・土曜日・日曜日が購入可能、月曜日と金曜日がメンテナンスなどのため購入不可能となっています。

 

ただし、月曜日が祝日で中央競馬が開催される日は月曜日が購入可能、翌火曜日が購入不可能となり、金曜日に来月11月3日に大井競馬場で開催されるJBCのようにG1レースが組まれている際も購入は可能です。

 

また、購入可能日でも、いつでも全レース購入可能というわけではなく、木曜日・日曜日のナイター開催は翌日のメンテナンス準備などのため後半のレースの購入が不可能となる場合もあります。

 

馬券発売開始時刻は

昼間開催時は10時

ナイター開催時は12時(ただし、通年でナイター開催が実施されている高知競馬は10時)

 

投票締切時間は

発送時刻の4分前

となっています。

 

投票締切時間は中央競馬発売時の1分前より早めの締切になっているため、この点に関しては注意が必要です。

 

即PAT利用にあたっての注意点

購入できる馬券の種類は中央競馬でも発売されている種類に限定されますので、地方競馬でのみ発売されている「枠単」や「トリプル馬単」などの購入はできません。

 

また、ばんえい帯広競馬場については全日購入することができません。

 

平日、地方競馬のみの開催時にはペイジーを使っての入金はできないことになっています。

 

地方競馬の出走表、オッズ、レース結果、レース映像など中央競馬開催時にJRAホームページで確認できる情報は、地方競馬情報サイトKEIBA.GO.JPで中央競馬同様に確認することが可能です。

 

まとめ

2010年12月に発表された「中央競馬・地方競馬の相互発売の拡大について」の取り組みとして、近代競馬150周年の記念すべき2012年10月2日から運用がスタートしたのが、即PATを利用しての地方競馬の馬券購入でした。

 

地方競馬は地方競馬のみ、中央競馬は中央競馬のみで馬券を発売していた時期が長かったこともあり、競馬歴の長い方ほど、現在の馬券購入環境の充実ぶりには驚きと便利さを感じていることと思います。

 

地方競馬というと、これまでは平日中心しかもサラリーマンが参加しにくい昼間の時間帯の開催であることも多く、より賭博色も残っていたため、つい最近まで中央競馬よりとっつきにくいイメージが残ってしまっていました。

 

ただし、サラリーマンが退勤後に競馬をということでナイター開催が大井競馬場など各地で実施されるようになったり、中央競馬でマイナス収支で終わり逆転を狙いたい人向きに高知競馬の土日のナイター開催が行われたり様々な取り組みが行われてきました。

 

その結果、以前と比べると格段に中央競馬と地方競馬の垣根はなくなってきていると感じます。

 

競馬の楽しさという点では地方競馬には中央競馬と同じような、あるいは地方競馬特有の楽しさがたくさんあります。

 

まずは中央地方交流のG1からでも構いませんので、ぜひ地方競馬にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

>> 地方競馬のおすすめな買い方、戦略3つを具体的に解説

トップへ戻る