競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

トウカイテイオー代表産駒の一覧、特徴、成績

 

トウカイテイオー(父シンボリルドルフ)よりも強い馬は他にたくさんいました。

 

しかし、トウカイテイオーほどドラマチックな現役生活を送った名馬もオグリキャップを除いてはちょっと思い浮かばないというレベルで、とにかくカリスマ性が強かった名馬の産駒について、今回はご紹介します。

 

トウカイテイオー代表産駒の一覧を紹介

現役時代にとにかくアイドル的な人気があったトウカイテイオーということで、種牡馬としても多くの産駒を輩出してきましたが、トウカイテイオー自身は2013年に死亡しており、また、テイオー産駒の牡馬GⅠ勝ち馬は、騙馬のトウカイポイント(母の父リアルシャダイ、マイルCS優勝)のみということで、残念ながら父系の血は実質すでに途絶えていることになります。

 

しかし牝馬は多数の繁殖牝馬を世に出しており、中でも阪神3歳牝馬S(現阪神JF)を勝ったヤマニンシュクル(母の父ニジンスキー)が、名馬の血を残し、広げる可能性という意味では、最大の注目ということになるでしょう。

 

他にも、トウカイパルサー(愛知杯)、タイキポーラ(マーメイドS)、ストロングブラッド(カブトヤマ記念)など、重賞勝ち馬を輩出しました。

 

父系の血が途絶えてしまうのは残念ですが、やはり内国産種牡馬冷遇の時代を種牡馬として生きただけに、これは仕方がないところかという気もします。

 

トウカイテイオー産駒の特徴

トウカイテイオー自身、気性的な面もあってそこまで長い距離が向くという印象ではありませんでした。

 

しかし、ライバルのメジロマックイーンなども同じつらさを味わいましたが、やはり内国産種牡馬としては圧倒的なスピードを誇るタイプでもなかったために、スピード化の時代からはやや取り残されてしまった印象も、テイオーの産駒にはありました。

 

とはいえ、ストロングブラッドのように道悪になると力を発揮したり、ダートで活躍馬をだしたりといった、地味ながらも玄人好みする産駒が多かった印象です。

 

トウカイテイオー産駒の成績

トウカイテイオー産駒は、1998年から現在までの19年間で、159頭の勝ち馬を輩出し、トータルで329勝を挙げています。

 

今年2016年はまだ勝ち鞍がありません。

 

リーディングサイアー争いは現在293位ということになっています。

 

まとめ

多くの競馬ファンの願いが込められたトウカイテイオーの血は、残念ながら大きく広がることなく終息しそうではありますが、ドリームジャーニー、オルフェーヴル、ゴールドシップを孫として輩出したテイオー最大のライバル・メジロマックイーンの例もありますので、やはりファンとしてはまだまだ奇跡を信じたいところです。

 

>> 奇跡の復活を遂げた名馬トウカイテイオーの生涯



楽天マガジンなら月418円(税込)で競馬雑誌が読み放題!

競馬予想のために競馬雑誌を読む方は多いと思います。ですが、紙の競馬雑誌は1冊700~1000円くらいかかるので、「毎回買うのは高い...」という方も多いのではないでしょうか?

 

実はPCやスマホアプリで使える雑誌読み放題サービスの楽天マガジンなら、月額418円(税込)で有名競馬雑誌「週刊Gallop」「サラブレ」含め、600誌以上が読み放題なんです!週刊Gallopとサラブレを1冊ずつ買うだけで1700円くらいかかるので、それだけでもお得ですよね。競馬雑誌以外にも、IT・ガジェット、ビジネス、芸能エンタメなど様々なジャンルの雑誌が読めるので、競馬の息抜きにもおすすめです!

 

さらに初回登録後31日間は無料でお試し可能なので、月々の競馬雑誌の費用に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

↓楽天マガジンの無料お試し登録(31日間無料)はこちら

>> 月額418円(税込)で約500雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

↓楽天マガジンの登録手順や使用してみた感想はこちら

>> 500誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んだ感想【サラブレ・週刊Gallop】

 

トップへ戻る