競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

初心者必見!馬券購入方法まとめ【競馬場・場外馬券場・インターネット】

これから競馬をはじめようと思っていても「馬券は100円から買えるということは知っていても、実際はどのようにして馬券を買えばいいか分からない」と思っている人もたくさんいるでしょう。

 

今となっては競馬場や場外馬券場(WINS・J-Place)、インターネットなど様々な方法で気軽に馬券を購入することができます。今回はJRAの馬券を買う様々な方法をご紹介します。

 

競馬場・場外馬券場(WINS・J-Place)で購入する

 

現金で購入

まずは、現金で買う方法をご紹介します。マークシートに買い目を記入して自動券売機で購入しますが、マークシートだけでも通常の緑色のカード、ながし用の青色のカード、ボックス・フォーメーション用の赤色のカードと3種類あります。

 

この3種類のマークシートを使い分ける方法を覚えるだけでも、初めての人にとってはなかなか大変でしたが、今となっては競馬場や場外馬券場(WINS・J-Place)に初心者向けの窓口があるので、初めての方でもそこで親切に教えてもらえるので、初めての馬券購入でも戸惑うことはありません。

 

UMACAで購入

「UMACA(http://www.jra.go.jp/kouza/beginner/umaca/#issue)」とは、2018年からスタートしたサービスで、専用のICカードで馬券の購入金額の入金・投票・出金ができ、馬券レス・現金レスのサービスです。馬券の購入金額と払い戻し金額は、すべてICカードで管理することができ、小銭などが増える心配はありません。

 

また、最大のメリットとしては馬券の紛失や取り忘れなどをすることがありませんので、 安心して利用することができます。

 

参考:UMACAカードとは?メリットや発行方法

 

競馬場・場外馬券場(WINS・J-Place)は全国にたくさんある!

JRAの競馬場は全国に10か所しかありませんが、馬券を購入することができるWINSやJ-Placeは北は北海道の旭川から、南は九州の荒尾(荒尾)まで全国各地にあります。家の近くに馬券が買えるところがあるかはこちらで確認することができます(http://www.jra.go.jp/facilities/index.html

 

なお、J-Placeで購入した馬券は競馬場やWINSで払い戻しができないので、注意が必要です。 

 

インターネットで購入する

次にもっとも手軽な、インターネットで馬券を購入する方法についてご説明します。

 

即PAT

申込画面(http://www.jra.go.jp/dento/welcome/soku/so_kanyu.html

 

もっとも多くの人が利用しているのが、この即PATです。決済口座は大手銀行のほとんどが使えるので、このために新しく銀行口座を作る必要もほとんどありませんし、15分もあれば申し込みが完了するので、すぐに馬券を買うことができます。

 

このサービスに入っていると馬券はレースの発走時刻の1分前まで購入することができますし、システム利用料も無料です。他の二つのインターネット投票サービスと比べて劣るところはありませんので、インターネットで馬券を買う方は迷わずこちらを登録することをおすすめします。

 

参考:競馬のネット購入におすすめの銀行口座は?即パットで使える口座7つを比較!

 

A-PAT

申込画面(http://www.jra.go.jp/dento/welcome/a/

 

A-PATはインターネットだけでなく電話回線のプッシュホンを使って投票することができます。今となっては衰退の一途をたどっていますが、インターネットが普及する前は、電話のプッシュホンで投票するのが主流だったので、昔からの競馬ファンはこれを重宝している人もいます。

 

ただ、申し込みから利用を開始するまで約2〜4ヵ月もかかってしまいますし、この投票のためにJRA指定の専用口座を作る必要もあります。また、他の投票方法だと金曜日の18:30から馬券を購入できますが、A-PATだと土曜日の7:00からしか馬券を購入することができません。

 

他にも、プッシュホン投票ではWIN-5を購入することができないなど、機能が制限されることが多いので、この投票方法で申し込む必要はないと思います。

 

JRAダイレクト

申込画面(http://www.jra.go.jp/dento/welcome/direct/

 

なんといってもJRAダイレクトの特徴は、クレジットカードで馬券を購入ができることです。ただ、申し込みや馬券の投票はパソコンを通じたインターネットでしか出来ませんし、馬券の発売締切時刻が他の販売方法と違い、発走時刻の5分前までしか購入できません。

 

WIN5に関しては、他の投票方法が最初の対象レース発走の5分前までに対して、JRAダイレクトでは、最初の対象レース発走の10分前までの購入となります。

 

また、1回の投票につきシステム利用料が100円(税込)かかってしまいますし、購入は1日3回までしかできません。1ヵ月の購入限度額も50,000円(システム利用料含む)と制限が設けられており、地方競馬や海外競馬の馬券を購入することもできません。

 

手持ちの現金がない人が、クレジットカードで現金を前借りして購入するための仕組みといった印象しかどうしても受けない投票方法なので、個人的にはおすすめできません。

 

参考:JRAダイレクトとは?申し込み・投票方法、利用できるクレジットカードを紹介

 

どのようにするのが一番効率的?

筆者が一番おすすめするのは、競馬場やWINSなどで馬券を購入する際はUMACAを利用し、インターネットで投票する際は即PATを利用することです。

 

インターネット投票に関しては先ほどご説明したように、3つある購入方法の中でデメリットがないのがこの投票方法です。

 

競馬場やWINSで購入の際は、現金で投票するよりもUMACAの方が圧倒的に便利ですが、普段筆者が馬券を購入している感覚から、まだまだUMACAの券売機が少なく、券売機にたどり着くまでに時間がかかってしまうファンが多くいる印象です。

 

また、券売機が少ない影響でUMACA投票に慣れていない人たちがいると、列が長くなってしまい馬券の購入に時間がかかってしまうというケースもよく見られます。現状は両方を使い分けるのが良いかと思います。

 

ただ、JRAは今後UMACAを普及させていく予定ですし、このような問題は時間が経てば改善するのではないかと考えています。

 

今回は、JRAの馬券の購入の仕方についてご紹介させてしました。2018年に始まったUMACAを含めて、馬券の買い方は今後、どんどん便利になると思うので、効率的に馬券を買ってどんどん的中させましょう。

 

こちらもおすすめ

>> 競馬はスマホで!JRA IPATと連携できるスマートフォンアプリ4つ

 

>> 【iPhone・Android】おすすめ馬券購入・投票スマホアプリ5選

 

>> IPATの加入者番号を忘れた場合の照会方法、問い合わせ先を紹介!【P-ARS番号・INET-IDも】

 

JRA指定席の当選率が2倍!JRAカード会員がおすすめな理由



JRAカードとは、JRAの10ある競馬場の指定席を一週間早く予約できるクレジットカードです。JRAカードを持っていない会員が抽選チャンス1回なのに比べて、JRAカード会員は2回チャンスがあるので、実質当選確率は2倍になります。さらにJRAカードには抽選ステージというシステムがあり、JRAカードで予約して競馬場に行けばいくほど、当選確率がUP


初年度の年会費は無料(次年度以降1,375円(税込))、カードデザインはJRAロゴもしくは名馬10頭のデザインから選ぶことができます。ネットから24時間いつでも申し込めるので、「JRA指定席の予約がしたい」「JRA指定席の当選確率を上げたい」という方にはおすすめです。申込みから発行まで1~2週間かかるので、できるだけ早めに申し込んでおくことをおすすめします。


↓今すぐJRAカードを発行する


トップへ戻る