競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

DMMバヌーシーとは?システムと評判、募集馬の成績と配当金を紹介

DMMバヌーシーは2017年デビュー馬から募集開始された、新しいスタイルの一口馬主クラブです。従来の一口馬主とはやや傾向が異なることから、利用者の層もやや違います。

 

ここではDMMバヌーシーの評判、募集馬の詳細などを主に紹介します。

 

バヌーシーとはどんなクラブ?評判は?

DMMバヌーシーのトップページ

DMMバヌーシーの特徴は、1口が10000分の1であることです。また会費や維持費徴収などは行っていません。

運営費や維持費分は馬代金に含まれているため、余った場合は引退時に精算されます。

 

通常の一口馬主クラブでは40口~500口程度の分割で、月会費として1000円~3000円程度の費用を別途設けています。

 

更に通常一口馬主クラブで馬を所有すると、安い1000万円台の馬でも馬代金として3万円から数十万円の費用がかかります。別途分割口数分の維持費がかかるので、毎月1000円~2万円ほどの費用が別途発生します。

 

DMMバヌーシーは10000分の1と言う小口のため、10000円から馬を持てると言うコンセプトで運営されています。もちろん運営費、維持費込みで10000円なので、追加費用は発生しません。

 

とは言えDMMバヌーシーの評判はそれほど高いわけでもないようです。募集されている馬の大半が、1口数万円のためです。10000分の1の権利で50000円の馬を買うとなると、馬代金が5億円と言う計算になります。

 

もちろん運営費、維持費込みではありますが、G1レースを勝利しても賞金は1億円が平均ですから、出資した馬がどれだけ活躍しても資金的にはほぼプラスにならない可能性が高いと感じる方が多いのではないでしょうか。

 

バヌーシーの募集馬で注目馬、おすすめはいる?

DMMバヌーシーは、投資ではなく「感動の共有」がメインとなっています。高額馬だから走ると言うわけではありませんが、実際問題として資金をプラスにしようと思って入会するクラブではないでしょう。

 

そのような意味では、シュガーハート2017やラヴズオンリーミー2016など、兄が有名な募集馬がおすすめです。シュガーハート2017の兄はキタサンブラック、ラヴズオンリーミーの兄はディープブリランテです。

 

過去にキタサンブラックやディープブリランテを応援していた方などは、弟の成長を見守るだけでも楽しめるのではないでしょうか。

 

バヌーシーアプリの使い方

バヌーシーのアプリは、DMM.com証券を持っている方なら簡単な申込ですぐに使えます。閲覧するだけなら証券口座は必要ありません。

 

募集馬の価格や近況動画のチェック、実際の購入までアプリひとつで可能です。バヌーシーは頻繁に募集馬・所属馬の動画を更新しており、会員でなくても閲覧が可能です。

 

会員の場合には出資馬の成績確認や口座管理などもできます。

 

↓DMMバヌーシーの口座開設はこちらから

>> 口座開設ページ

 

↓公式ページ、アプリはこちら

>> Web版 DMMバヌーシー

>> iOS版 DMMバヌーシー

>> Android版 DMMバヌーシー

 

バヌーシーの募集馬のこれまでの成績

現在(2018年04月16日時点)、バヌーシーの募集馬でデビュー済の馬は3頭です。

 

その中で勝ち上がりを果たしているのは、キタノコマンドールのみです。ただし3頭とも全て何らかの賞金は得ています。

 

キタノコマンドール

2歳新馬レースを勝ち上がった後、オープンクラスのすみれステークスで勝利しています。

現在は皐月賞に出走予定で、活躍が期待されますね。

 

アイワナシーユー

2歳新馬レースで2着に好走した後、未勝利レースでは10着に敗れています。現在はソエのため休養中です。

 

ディープシャイン

新馬レース、未勝利レースともに3着と好走していましたがレース後に怪我が判明し、現在は長期休養中です。

 

バヌーシーは儲かる?配当金の状況

現在のデビュー馬でそれなりの配当を得ている馬は、キタノコマンドールです。ただし10000分の1口のため、実際の配当は賞金額×77%を10000で割った金額になります。

 

新馬戦の賞金が700万円、すみれステークスの賞金が1919万円のため、配当は約2000円程度です。キタノコマンドールはセレクトせールで約2億円で購入され、DMMバヌーシーでの募集額は1口42000円のため、今後の活躍が期待されますね。

 

配当金はDMM証券の口座に振り込まれるシステムで、賞金から引かれる20%は調教師、騎手、厩務員に進上金として渡されます。残りの3%はクラブの手数料です。

 

DMMバヌーシーではいくらから馬主権を買うことができる?

現在DMMバヌーシーでは新しい購入システムを導入しています。以前は運営費、維持費込みの一括購入のみでしたが、ちょっとした遊び感覚で10000円~数万円は厳しいとの声が多かったためです。

 

現在は初回馬代金500円と、月会費300円から馬主権を買えるシステムです。もちろん従来通り一括で10000円から馬主権を買うことも可能です。

 

初回馬代金は出資する馬によって異なりますが、一括代金よりは安く設定されています。

 

まとめ

DMMバヌーシーでは初回500円、月会費300円で馬主になれるのが魅力です。ただしほぼ同じシステムを2018年4月から導入したYGGオーナーズクラブ(元ブルーインベスターズ)と比べると、元々の募集馬価格が高額に設定されていることが特徴です。

 

DMMバヌーシーは代表自身が賞金で儲けることではなく感動の共有をコンセプトに運営しているため、よほどの名馬でなければ出資金を回収することは難しいでしょう。

一括10000円で購入できるのは世代に1頭くらいの割合のため、実質好きな馬を選ぶなら数万円程度です。

 

DMMバヌーシーではイベント参加も無料で、動画も頻繁に更新されているのでそれらの特典を魅力に感じる方や一度馬主になってみたい!と感じる方におすすめです。

 

トップへ戻る