競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

一口馬主になるには?儲かる?おすすめのクラブ、費用。

 

競馬ファンの中には、馬券を買うだけでは満足できず、一口馬主になって競走馬を応援したい!という方もいると思います。

 

本日はこれから一口馬主を始めたいと思っている方向けに、一口馬主になるにはどうすればいいのか?や、おすすめのクラブ、一口馬主は儲かるのかについて書きたいと思います。

 

一口馬主になる方法

まずは一口馬主のなり方についてです。

 

現在、一口馬主を実施しているクラブは20個あり、クラブに入会しないと馬を持つことはできません。

 

入会金は大体2~3万円程になっているところが多いです。

 

クラブによって違う口数

そして、馬に出資をしなければいけないのですが、クラブによって振り分けられている口数が違います。

 

有名なところで言えば、社台サラブレッドクラブやサンデーレーシングは40口の募集になっています。

 

例えば、4000万円の馬を購入するときには100万かかります。

 

しかし、他のクラブではもっと口数が多いです。

 

キャロットクラブやウインは400口の募集になっています。

 

4000万円の馬ならば、10万円で済みます。

 

お金のある方ならば、社台やサンデーの方がいいですが、それ以外ならばキャロットやウインといった口数の多いクラブがお勧めです。

 

一口馬主に月々かかる費用

また、月々で払うお金も発生します。

 

それは会費維持費と呼ばれるものです。

 

会費とはクラブを運営するために必要な経費のことです。

 

月3000円前後のところが多いようです。

 

一方、維持費とは馬の餌代や調教師への預託代のことです。

 

維持費は60万を口数で割るので、社台やサンデーで月15000円、キャロットやウインで月1500円です。

 

よって、かかる費用は

 

馬代+会費+維持費

 

と覚えておくといいでしょう。

 

筆者おすすめの一口馬主クラブ

私のおすすめのクラブは

 

ラフィアンとキャロットクラブ

 

です。

 

ラフィアンは値段が安いのですが、走る馬をよく出してくれます。

 

キャロットクラブは、ノーザンファームとの結びつきが強く、ノーザンの期待馬が回ってきている印象です。

 

 

一口馬主は儲かるの?

 

はっきり言います。

 

儲かりません

 

JRAのデータでは+収支になる確率は12,8%だと言われています。

 

儲けようと思って、一口馬主をするのはお勧めできません。

 

しかし、購入額の何倍何十倍稼いだ馬も、もちろんいます。

 

私の知り合いの方で、ヴァーミリアンという馬に出資していた方がいます。

 

この馬は40口のサンデーレーシングから募集された馬で価格は2400万円と、どちらかというと安い部類でした。

 

3歳春まではあまり活躍できませんでした。

 

しかし、3歳秋にダート路線に転向すると、みるみると勝ちを重ね、G1を9勝もする名馬になりました。

 

この馬の獲得賞金は何と11億6,861万円!!

 

募集価格の48倍も稼いでしまったのです!!

 

こういったロマンがあるのもまた一口馬主の魅力だと感じます。

 

 

まとめ

一口馬主を始めるならば、クラブ入会は必須です。

 

筆者のおすすめはラフィアンとキャロットですが、実際に自分でクラブのホームページなどを覗いてみて決めるのが良いでしょう。

 

そして、一口馬主には維持費や会費も毎月かかるのも注意が必要です。

 

基本一口馬主は儲からないと思って始めた方がよいですが、もしかすると自分が出資した馬が将来ものすごい活躍をするかもしれないと考えると一口馬主にはロマンがありますね。

トップへ戻る