競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

佐々木主浩の馬主賞金と収入は?所有馬一覧、G1勝ちは何頭?

元プロ野球選手としても有名な佐々木主浩さんですが、ここ数年は馬主としてもブレイクしています。

 

G1馬も複数所有しており、かなり多くの賞金も獲得していますね。

 

ここでは佐々木主浩さんの所有馬や獲得賞金についてまとめています。

 

佐々木主浩の馬主賞金と収入

佐々木主浩さんの所有馬の獲得賞金は、主な所有馬だけでも20億円以上になります。

 

馬主の収入は騎手や調教師への手当を引いた8割なので、実質的な収入でも16億円超です。

 

シュヴァルグランはジャパンカップを勝利しただけでなくG1レースで安定した成績を残し、8億円以上を稼ぎ出しています。

ヴィルシーナも勝利したヴィクトリアマイル以外で善戦しており、生涯獲得賞金は4億円を超えています。

 

また同じくG1馬のヴィブロスはJRAでの賞金は1億6000万円ほどとそこまで高くありませんが、2017年のドバイターフの1着賞金は約4億円です。2018年には2着に敗れましたが、それでも2着賞金が約1億円と海外での獲得賞金が高いことが特徴です。

 

重賞馬のマジンプロスパーの生涯獲得賞金は2億円以上で、佐々木主浩さんはその他にも獲得賞金が数千万円の馬を複数所有しています。

 

活躍馬がヴィルシーナとマジンプロスパーしかいなかった頃に本人が馬主としての収入を聞かれた際、収支は微妙と述べていましたが現在ではプラス収支なのではないでしょうか。

 

とは言えアドマイヤマジンの名前から見ても分かる通り、佐々木主浩さんはアドマイヤの馬主と共有で馬を所有しているケースがあります。

アドマイヤミヤビの口取り式にも姿を見せており、代表馬主として表記されている馬以外にも関係があるようです。

 

正確な収支は分かりませんが、それでも少ない所有馬の中にG1馬が複数頭いるため預託料や馬の仕入れ代だけを考えるなら大幅なプラスです。

 

佐々木主浩の所有馬一覧

佐々木主浩さんの所有馬は、2004年から現在までで20頭です。中でもハルーワスウィート産駒が5頭と、血統に思い入れがあることが分かります。主な所有馬と、最近のデビュー馬をまとめました。

 

2015年産の所有馬は2頭で、ヴォーティブとカヴェルナです。ただしカヴェルナはデビュー前に脚元の関係で繁殖に上がることが決定し、今年3歳のデビュー馬はヴォーティブ1頭となっています。

 

またデビュー前の2016年産の所有馬には、キングカメハメハとヴィルシーナの間に産まれたブラヴァスがいます。

 

シュヴァルグラン 牡

2012年産 調教師 友道康夫

父ハーツクライ 母ハルーワスウィート

ノーザンファーム

 

ヴィルシーナ 牝

2009年産

調教師 友道康夫

父ディープインパクト 母ハルーワスウィート

ノーザンファーム

 

マジンプロスパー 牡

2007年産

調教師 中尾秀正

父アドマイヤコジーン 母ハリウッドドリーム

ハシモトファーム

 

ヴィブロス 牝

2013年産

調教師 友道康夫

父ディープインパクト 母ハルーワスウィート

ノーザンファーム

 

ヴォルシェーブ 牡

2011年産

調教師 友道康夫

父ネオユニヴァース 母ヴェイルオブアヴァロン

ノーザンファーム

 

アドマイヤマジン 牡

2004年産

調教師 松田博資

父フジキセキ 母マイワイルドローズ

社台ファーム

 

ファルスター 牡

2008年産

調教師 友道康夫

父ダンスインザダーク 母ハルーワスウィート

ノーザンファーム

 

インヴィクタ 牡

2014年産

調教師 友道康夫

父ハービンジャー 母ラスティングソング

ノーザンファーム

 

ヴァレンティーア 牝

2010年産

調教師 中尾秀正

父ハーツクライ 母タイキロザリオ

ノーザンファーム

 

ランギロア 牡

2010年産

調教師 友道康夫

父アグネスタキオン 母ハルーワスウィート

ノーザンファーム

 

ヴォーティブ 牝

2015年産

調教師 中尾秀正

父トーセンホマレボシ 母グレイスファミリー

ノーザンファーム

 

佐々木主浩の所有馬でG1レースを勝ったのは?

佐々木主浩さんの所有馬でG1レースを勝利したのは、全てハルーワスウィート産駒です。

 

シュヴァルグラン、ヴィルシーナ、ヴィブロスの3頭がG1ホースとなりました。佐々木主浩さんはこの3頭以外にもインヴィクタ、ランギロア、ファルスターとハルーワスウィート産駒を計6頭所有しています。

 

シュヴァルグランはジャパンカップの1勝ですが現在も現役を続けており、今後のチャンスも大きいでしょう。ヴィルシーナはヴィクトリアマイルで2連覇を果たしています。

 

ヴィブロスは秋華賞を勝利した他ドバイのG1も制覇し、海外でも活躍が認められています。

 

まとめ

佐々木主浩さんの所有馬には、母ハルーワスウィートの産駒が複数います。

そのうち3頭がJRAのG1を勝利し、4頭が勝ち上がりを果たしていることから相当に優秀な成績です。

 

獲得賞金も非常に高く、馬主としての収入も相当な額になります。

ただし他の馬主さんと共有で購入している馬も多く、全額が佐々木さんの収入と言うわけでもないようです。

それでも芸能人馬主の中では突出した成績で、母ハルーワスゥィート産駒だけでなく賞金額の高い馬もたくさんいます。今後の所有馬にも注目したいですね。

トップへ戻る