競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

馬主情報はここ!おすすめの馬主情報サイト8選

競馬を見ていると、所有馬の勝利を喜ぶ馬主の姿を目にすることがあります。その姿は、なんだか雲の上の存在のように感じますよね。

 

馬主とはどういった存在なのでしょうか。また、なりたいと思った場合はどうすればよいのでしょうか。

 

ここでは、そんな馬主に関する情報が得られるサイトを紹介します。

 

JRA日本中央競馬会

まずは、JRAの公式ホームページです。普段はあまり気付くことがないかもしれませんが、その中には馬主に向けた情報ページが設けられています。

 

馬主に興味のある人に向けた「馬主になるには」と、実際の馬主に向けた「馬主の方へ」の2つのページがあり、どちらも閲覧することができます。

 

「馬主になるには」のコンテンツには、馬主に関する基礎情報や馬主になるための情報が載っています。また、「馬主の方へ」のコンテンツには、馬の管理についての情報や賞金シミュレーターなどの情報が載っています。

 

公式ホームページならではの詳細な情報が、わかりやすくまとめられているサイトです。

 

■JRA日本中央競馬会

http://jra.jp/owner/

 

日本馬主協会連合会

日本馬主協会連合会は、昭和36年に設立された中央競馬の馬主の団体です。馬主の地位の安定や向上、中央競馬の発展を主な目的としています。

馬主が所属する団体のホームページとあって、インタビューやコラムが掲載されており、馬主の方々の生の声を読むことができます。

 

また、各競馬場の馬主協会のホームページへのリンクも貼られています。そこには、もう少し踏み込んだ日常を綴ったブログなどを読めるホームページもあります。

 

馬主の方々の生の声が聞きたい人にはもってこいのサイトです。

 

■日本馬主協会連合会

http://joa.gr.jp/howto/

 

日本軽種馬協会

日本軽種馬協会が運営する競馬情報サイトJBISサーチの中にある、馬主になりたい人へ向けたコンテンツです。日本軽種馬協会は、種牡馬の繋養やセリ市場の支援など、軽種馬の生産にかかわる一連の業務を行う公益社団法人です。

 

馬主になるための条件、馬主になってからの流れなどが紹介されています。また、先輩馬主による、馬主ならではの喜びのメッセージを読むことができます。

 

また、日本軽種馬協会の公式ホームページでは、種牡馬や産駒についての情報を見ることができるので、馬主としての目線で眺めてみるのも面白いかもしれません。

 

■日本軽種馬協会

https://enjoy.jbis.or.jp/owner/basis.html

 

厩人(うまやとひと)

馬主といえば中央競馬だけではありません。地方競馬の馬主のためのサイト「厩人(うまやとひと)」です。

地方競馬で馬主になる魅力は、なんといってもサラリーマンでも手の届く範囲であることです。レース数も中央競馬より多いので、愛馬を応援できる機会が多くなります。しかも最近は、インターネット投票の恩恵を受けて地方競馬の売り上げが増加しており、それに合わせて馬主の収入源となる賞金も増加傾向にあります。

 

中央競馬とはまた違った魅力が満載の地方競馬の馬主。一度のぞいてみてはどうでしょうか。

 

■厩人(うまやとひと)

http://www.keiba.go.jp/kyujin/index.html

 

ばんえい競馬馬主協会

地方競馬の中でも少し毛色の違う、ばんえい競馬の馬主情報が得られるサイトです。

 

ばんえい競馬の馬主には、地方競馬の馬主登録でなることができます。近年隆盛を誇る地方競馬とはうらはらに、ばんえい競馬は常に厳しい現状にさらされています。

馬が重りをのせた鉄ソリを引く世界唯一のレース。北海道開拓時代を彷彿とさせるこのレースを応援するというのは、ばんえい競馬の馬主でなければ味わえないものでしょう。

 

そのあたりの歴史について詳しく書かれているのも、他の馬主情報サイトとは少し違うところ。読んでいると、思わず応援したくなります。

 

■ばんえい競馬馬主協会

https://www.banei-owners.jp/

 

一口馬主DB

次は、「一口馬主」に関する情報が得られるサイトを紹介します。

 

一口馬主DBは、「一口ライフをもっと楽しくもっと便利に」をテーマに掲げる一口馬主の総合情報サイトです。そのテーマ通り、ここを見るだけで一口馬主に必要な情報が簡単に手に入ります。

 

クラブやクラブ馬に関するデータを見られるほか、現在募集中の馬の検索もできます。また、無料会員登録すれば、マイページで出資馬管理やデータ分析、出走前の賞金シミュレーションができるなど、痒い所に手が届くサービスが満載です。

 

無料の一般会員でも十分に活用できますが、プレミアム会員になるとさらに詳細なデータを見たりコンテンツを利用できたりします。月額497円(税込)とお手頃なのも嬉しいところです。

 

■一口馬主DB

https://www.umadb.com/

 

netkeiba.com

一口馬主に関するサイトの2つ目は、国内最大級の競馬情報サイトnetkeiba.comの一口馬主用ページです。一口ライフを総合的にサポートするのを目的として2015年に作られました。

 

一口馬主についてわかりやすく説明した、初心者向けの一口馬主入門のサポートページがあります。また、新馬検索や気になった馬をお気に入り登録できる検討リストなど、購入を検討するときに役立つ機能があります。マイホースページでは、近況や賞金、収支などの管理ができます。

netkeibaID(登録無料)の登録では簡易利用ができますが、月額500円(税別)のプレミアムコースへの登録ですべてのサービスが利用できるようになります。

 

■netkeiba.com

https://owner.netkeiba.com/?pid=top

 

馬市ドットコム

サラブレッドセールに関する総合情報サイトです。

国内外のサラブレッドセールに関する情報がまとめられています。また、馬に関するデータベースも充実しており、検索すれば気になる馬のデータを見ることができます。

馬の見方に関するコンテンツもあるので、なかなか素人では知りえない馬の選び方について勉強することができます。

 

セレクトセールはファン目線ではなかなか意識することは少ないですが、馬主を志すのならば勉強がてらのぞいてみると面白いサイトです。

 

■馬市ドットコム

http://umaichi.com/

 

自分に合った馬主情報

競馬をしていると、少なからず憧れをもってしまう馬主という存在。馬主になれば、競馬ファンとはまた違った楽しみ方ができるでしょう。

 

中央競馬、地方競馬、個人馬主、一口馬主など、馬主にもさまざまな種類があります。

 

ここでは主に公式な情報を得られるサイトについて紹介しましたが、個人でブログを書いている一口馬主の方もたくさんいます。

 

そういったものも参考にしながら、自分に合ったものを探してみるのも面白いのではないでしょうか。

JRA指定席の当選率が2倍!JRAカード会員がおすすめな理由



JRAカードとは、JRAの10ある競馬場の指定席を一週間早く予約できるクレジットカードです。JRAカードを持っていない会員が抽選チャンス1回なのに比べて、JRAカード会員は2回チャンスがあるので、実質当選確率は2倍になります。さらにJRAカードには抽選ステージというシステムがあり、JRAカードで予約して競馬場に行けばいくほど、当選確率がUP


初年度の年会費は無料(次年度以降1,375円(税込))、カードデザインはJRAロゴもしくは名馬10頭のデザインから選ぶことができます。ネットから24時間いつでも申し込めるので、「JRA指定席の予約がしたい」「JRA指定席の当選確率を上げたい」という方にはおすすめです。申込みから発行まで1~2週間かかるので、できるだけ早めに申し込んでおくことをおすすめします。


↓今すぐJRAカードを発行する


トップへ戻る