競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

競馬の面白さとは?他のギャンブルにない競馬の魅力10個

いろいろなギャンブルがありますが、「競馬しかやらない」という方も多いのではないでしょうか?

 

私もその一人ですが、では、果たして競馬の魅力とは何なのでしょうか?

 

思いつくままに書いてみたいと思います。

 

 

1. 馬が走る、ということ

公営ギャンブルで動物を対象とするものは他にはありません。

 

やはり馬が走る、という事が一番大きいように思います。

 

ギャンブルというとどうしても「イカサマ」や「八百長」などの不正が付き物です(競馬にもあったことはありますが)が、競馬は騎手3:馬7の割合と言われます。

 

どんなに人間が故意にレースを作ろうと思っても、必ずしもうまくいかないのは、馬が走るからなんですね。

 

その意味で、例えば馬券を外しても納得してしまうレースもあります。

 

馬のエサ代にもなるしな」と負け惜しみを言っても許されるのが競馬のいいところではないでしょうか?

 

 

2. 代々受け継がれる「血統」の魅力

サラブレッドは走るためだけに生まれた馬です。

 

故にサラブレッド同士の配合しかありません。

 

例えば、ある馬を応援していたとしましょう。

 

その馬が引退し、その仔がまたレースに出てきたら・・・

 

嬉しいですよね。まず応援しちゃいます。

 

好きな牡馬と牝馬の間に出来た仔・・・間違いなく応援しますね。

 

そこが他のギャンブルにはない、血統の魅力だと思います。

 

 

3. 馬券の種類が豊富

こと「馬券」だけに注目すると、種類がととも豊富です。

 

配当は低いけど、当たる確率が一番高いのは「複勝

当たる確率は低いけど、あたれば高配当間違いなしの「三連単

そこそこ当たるし、配当もまずまずの「馬連」「ワイド

 

などなど、とても種類が豊富で、自分のスタイルに合った馬券を買うことができます。

 

最近は「WIN5」という、5レースそれぞれの1着馬を全て当てる、という、宝くじのような馬券も発売されて、ますます幅が広がっています。

 

 

4. 土日しかできない、という事

これは中央競馬に限ったことですが、どんなに馬券を買いたくても平日には買えません。

 

毎日中央競馬があったら、毎日買ってしまいそうな方は私だけではないと思います。

 

好きな人は週初めからあれこれ検討し、土日に馬券を買うという人も多いです。

 

 

5. いろいろなドラマがある

競馬には多くの人間が関わっています。

 

馬を生産した牧場、所属する厩舎、調教師、世話をする厩務員、調教をつける調教助手、レースで騎乗する騎手、馬主等、一頭の馬には沢山の人間が関わっているのです。

 

故にその関わった人たちの思いの数もたくさんあり、ドラマもあるのです。

 

 

6. 予想が楽しい

馬券を買ううえでの予想も、人それぞれスタンスが違いますが、いろいろな角度から予想ができるのが魅力です。

 

例えば、純粋に馬の能力を考えて予想する人もいれば、騎手で買う人、レースの展開を考えて買う人、サイン読みで買う人、自分の好きな馬だけ買う人など、買い方は人それぞれです。

 

どの買い方でも当たる時は当たるのです。

 

自分の好きなスタンスを見つけて楽しみましょう。

 

 

7. 伝統がある

公営ギャンブルの中で一番歴史があるのが競馬です。

 

競馬以外の公営ギャンブルはほとんどが戦後に始まったものですが、近代競馬は100年以上の歴史を持ちます。

 

この歴史を眺めてみるのも面白いですよ。

 

 

8. 間近で見れる

競艇やオート、競輪よりも間近でレースが見れます。

 

もともと馬は人間より大きな動物ですので、競馬場の外ラチ(コースと観客席を分ける柵)沿いに見るレースは迫力があります。

 

 

9. 馬は可愛い

馬は人間に従順な動物ですが、当然一頭一頭性格が違います。

 

おとなしいのからヤンチャなの、優等生になかなか勝てない馬、どれも個性があって楽しいです。

 

例えば、現役時代に馬券を買っては来ない、相性の悪い馬がいたとします。

 

でも、牧場でその馬に合ったら・・・許せます(笑)

 

 

10. 馬名の面白さ

馬名は9文字以下と規定がありますが、使ってはいけない名前は少ないです。

 

なので、会話のような馬名もあれば、ことわざのような馬名、あきらかにふざけたような馬名などいろいろあります。

 

自分と同じ名前(特に牝馬)の馬も・・・きっといると思いますよ。

 

 

まとめ

他にもいろいろあるかと思いますが、個人的に競馬の面白いところ、魅力をまとめてみました。

 

ぜひみなさんも実際に競馬を体験して自分だけの楽しみや面白さを見つけてください。

トップへ戻る