競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

札幌競馬場で指定席の倍率が低いレース・席種は?重賞開催時の特徴も解説

札幌競馬場で指定席を当日購入するなら、どの日程やレースの倍率が低いのでしょうか。2019年の指定席販売状況(https://jra.jp/facilities/race/sapporo/qa/pdf/sapporo.pdf)を参考に、予測しています。2021年はコロナの影響で指定席が全席ネット予約のみとなる可能性は高いですが、予約が殺到する日程を見極めるには役立つでしょう。

 

札幌競馬場で指定席の倍率が低いレース・日程は?

札幌競馬場では、基本的に年2回の開催が行われています。倍率が低いレースや日程は存在するのでしょうか?基本的な傾向を見ていきましょう。

2019年の札幌開催は前半・後半6日ずつの計12日

2019年には、7月~9月に継続して札幌競馬場での開催が行われ、日数は12日です。今までの傾向としては6~7月が函館、7月後半から9月1週目が札幌と分かれています。

 

2021年のレーシングカレンダーによると、6月から札幌開催が始まり、7月~8月上旬が函館開催、8月中旬から9月頭まで札幌に戻る日程です。例年の傾向とはやや異なりますが、どちらにしても開催日は12~14日と他競馬場に比べると少なくなっています。

 

2019年の指定席販売状況を見ても、短い開催期間中に指定席を予約する人が多いのか、ムラなく売り切れているのが特徴です。

原則全日が午前中に売り切れる

2019年の状況を見ると、すべての開催日で午前中に指定席が売り切れています。売り切れる時間帯も9時台と早く、当日販売ではなかなか指定席の購入が難しいでしょう。

 

2021年はネット予約のみとなる可能性がありますが、全日人気があると考えられます。

 

札幌競馬場で指定席が取りやすいレースはある?

基本的には当日販売の指定席が購入しにくい札幌競馬場ですが、指定席が取りやすいレースや日程は存在するのでしょうか?具体的なレース名や、日程を知っておきましょう。

重賞開催がない日は比較的指定席が取りやすい

2019年の傾向を見ると、札幌競馬場で重賞開催がない日は指定席が売り切れる時間がやや遅くなっています。すべての競馬場で重賞開催が行われない日は、さらに傾向が強い印象です。

 

札幌競馬場で行われる重賞は主にクイーンC・エルムS・札幌記念・キーンランドC・札幌2歳Sの5種類ですが、2019年の場合、事前予約限定となった日を除くと大きな差はありません。やや札幌2歳Sの販売終了時間が遅い程度で、重賞開催日は当日の指定席購入がしにくいと考えておきましょう。

事前予約限定の日程もあるため注意

重賞開催日の中でも、札幌記念は人気のレースです。G1馬が多く出走し、夏競馬の中では注目のレースと言ってよいでしょう。例年事前予約のみで席が埋まり、当日販売の購入は難しくなっています。

 

2021年は観客数の制限が行われる可能性も高く、普段のネット予約よりも厳しい抽選となるでしょう。

 

また、例年9月1日には札幌競馬場の芝コースが開放されるイベントも行われています。2019年も指定席が事前予約のみとなっており、当日の購入は難しいようです。2021年はイベントの開催も変則的になりますが、開催状況によっては予約が取りにくくなる可能性を考えておきましょう。

 

札幌競馬場で指定席の倍率が低い席種は?

当日購入しやすい席には、傾向があります。2019年の販売状況から、比較的埋まるのが遅い席種を紹介しましょう。

※指定席料金は通常時のものです。コロナの影響により特別料金となる可能性があります。

テラステーブル

テラステーブル席は、2~4名のグループが購入できる席です。料金は1テーブル2000円で、グループの人数が多いほどお得な設定になっています。1名または5名以上では席が利用できないこともあり、2019年の当日販売状況を見ても売り切れる時間が遅い傾向です。

 

グループ利用の場合は、テラステーブルを検討してみましょう。テーブルにコンセントがついていないいため、PCやスマホを使う予定がある場合は注意が必要です。また、馬場内に屋根付きのエリアが設けられていますが、天候が悪い日は雨や風の影響を受ける可能性が高いでしょう。

 

※基本的に当日販売のみの席ですが、2021年は入場制限・コロナ対策により販売されない可能性があります。

A1席以外はそれほど差がない

札幌競馬場の一般席はA1・A2・B1・B2に分かれています。A席はゴール間近の席で、料金は1500円です。B席はややゴールより手前になりますが、料金は1000円と安くなります。

 

2019年の傾向からは、A1席のみやや売り切れる時間帯が早い印象ですが、それ以外に大きな差はありません。B2席が埋まる時間帯が遅いですが、数分程度の差と考えておきましょう。

 

まとめ

札幌競馬場は開催日が短く、指定席はほとんどが早くに売り切れる傾向です。2021年はコロナの影響によりネット予約のみとなる可能性もありますが、抽選の倍率も高いでしょう。

 

例年の傾向では、重要なイベント開催がない日で、重賞も行われていない日は比較的当日販売の席が残っています。特別に見に行きたいレースがある場合は、ネット予約が必須と考えておきましょう。

 



楽天マガジンなら月418円(税込)で競馬雑誌が読み放題!

競馬予想のために競馬雑誌を読む方は多いと思います。ですが、紙の競馬雑誌は1冊700~1000円くらいかかるので、「毎回買うのは高い...」という方も多いのではないでしょうか?

 

実はPCやスマホアプリで使える雑誌読み放題サービスの楽天マガジンなら、月額418円(税込)で有名競馬雑誌「週刊Gallop」「サラブレ」含め、600誌以上が読み放題なんです!週刊Gallopとサラブレを1冊ずつ買うだけで1700円くらいかかるので、それだけでもお得ですよね。競馬雑誌以外にも、IT・ガジェット、ビジネス、芸能エンタメなど様々なジャンルの雑誌が読めるので、競馬の息抜きにもおすすめです!

 

さらに初回登録後31日間は無料でお試し可能なので、月々の競馬雑誌の費用に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

↓楽天マガジンの無料お試し登録(31日間無料)はこちら

>> 月額418円(税込)で約500雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

↓楽天マガジンの登録手順や使用してみた感想はこちら

>> 500誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んだ感想【サラブレ・週刊Gallop】

 

トップへ戻る