競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

函館競馬場で指定席の倍率が低い日程・レースはどれ?席種も解説

北海道では、札幌だけでなく函館開催も行われています。夏の短い期間に行われる、函館競馬場の指定席購入の倍率を見ていきましょう。2019年の指定席販売状況(https://jra.jp/facilities/race/hakodate/qa/pdf/hakodate.pdf)から、倍率が低いレースや日程も予測します。2021年はコロナの影響により指定席がネット予約限定となる可能性もありますが、それを踏まえて参考にしてみてください。

 

函館競馬場で指定席の倍率が低いレース・日程は?

函館競馬場では、いったいどのレースや日程が指定席の倍率が低いのでしょうか。基本的な傾向を知っておきましょう。

2019年の函館開催は前半・後半6日ずつの計12日

函館競馬場は、札幌競馬場と交代で6~8月に開催されています。それぞれの開催日程は1.5カ月程度です。2019年の開催は計12日と短く設定されており、指定席も基本的に完売する傾向があります。

 

2021年も札幌と交代で1.5カ月程度の開催が予定されていることもあり、状況はそれほど変わらないと考えられそうです。

全日午前中に売り切れることが多いため注意

函館競馬場は、他の競馬場と比べると指定席の数が少ない傾向です。札幌競馬場は1060席ありますが、函館競馬場は589席と約半分の席数しかありません。新潟競馬場と比較しても1481席あるので、競馬場の中でもコンパクトな造りであることが分かります。

 

席数自体が少ないこともあり、売り切れる時間も早いようです。2019年の指定席販売状況を見ても、すべて午前中に完売しています。

 

函館競馬場で指定席が取りやすいレースはある?

函館競馬場は基本的に指定席が完売する傾向がありますが、指定席が取りやすいレースはあるのでしょうか。どのような日程を選べばよいのか、基本的な傾向を紹介します。重賞は取りにくくなりますが、観戦したいレースによっては当日販売でも席が残ってはいるようです。

重賞開催がない日を狙うのがおすすめ

函館競馬場で重賞が開催される日は、ネットでの事前予約で売り切れる可能性が高くなります。それ以外の日は完売しているものの、当日販売でも購入は可能です。

 

別の競馬場で重賞が開催されている日程と、重賞自体の開催がない日を比べても大きな差はありません。

 

ただし、別競馬場でG1競走が行われている場合、函館競馬場も混み合うようです。2019年の場合、宝塚記念の開催日には指定席が朝7時台に売り切れていました。それ以外の日は、朝8~9時台まで席が残っています。

 

※2021年はネット予約限定の可能性が高く、当日販売があるかは開催時期に確認が必要です。

重賞はほぼ事前予約が必須

函館競馬場では、主に3つの重賞が行われています。2019年の指定席販売状況を見ると、函館スプリント・函館記念はどちらもネット予約限定です。当日販売に席が回ることは考えにくいため、事前に予約して抽選に参加しましょう。

 

函館2歳Sに関しては、2019年の場合朝7時台に席が売り切れています。当日販売があるとしても、完売は早いと考えておきましょう。

 

2019年の函館2歳Sの指定席抽選状況も、参考までに紹介します。2019年7月には全部で150席ほどがネット予約限定で販売されており、指定席の倍率は6~30倍程度です。

 

2020〜2021年はコロナの影響により、指定席の数が少ない分さらに厳しい抽選になりそうです。

 

函館競馬場で指定席の倍率が低い席種は?

函館競馬場の指定席は、席の種類によって倍率が変化します。取りやすい指定席を紹介しましょう。指定席の数が少ないこともあり、指定席は基本的にAとBの2種類です。無料席は一般席の他、シニア向けのシニアシートもあります。

B2席

2019年の指定席販売状況を見ると、指定席の種類がA1・A2・B1・B2の4種類に分かれています。1種類ずつの差は大きくありませんが、A1とB2を見比べると、指定席の完売時間が1時間ほどずれているようです。

 

基本的には、A1→A2→B1→B2の順に売り切れています。狙い目の席はB2席と考えられるでしょう。2019年の函館2歳Sの指定席ネット抽選状況を見ても、当日販売と同じくA席よりB席の方が抽選倍率が低いようです。

 

A席の先行申込では46席に対して533の申し込みがありますが、B席では58席に対して311と少なくなっています。一般申込でも同様の傾向が見られるため、ネット予約・当日販売を問わずB席の方が倍率は低いようです。

 

観戦できる位置が違いますが、どちらも2人がけでコンセントや記入台もついています。ゴールライン手前にこだわらない場合は、B席を検討しましょう。

 

まとめ

函館競馬場は他の競馬場と比べると席数自体が少なく、その分指定席の完売も早くなっています。コロナの影響もあり、さらに抽選倍率が高まっていることも考えられるでしょう。

 

2021年もコロナの影響で販売席数が変わる可能性もあるため、倍率が低い席を選ぶ方が抽選を突破する可能性は高くなるでしょう。

 

予約・購入の際は、重賞開催日を避けるか倍率の低い席種を選ぶのが基本となりそうです。

 



楽天マガジンなら月418円(税込)で競馬雑誌が読み放題!

競馬予想のために競馬雑誌を読む方は多いと思います。ですが、紙の競馬雑誌は1冊700~1000円くらいかかるので、「毎回買うのは高い...」という方も多いのではないでしょうか?

 

実はPCやスマホアプリで使える雑誌読み放題サービスの楽天マガジンなら、月額418円(税込)で有名競馬雑誌「週刊Gallop」「サラブレ」含め、600誌以上が読み放題なんです!週刊Gallopとサラブレを1冊ずつ買うだけで1700円くらいかかるので、それだけでもお得ですよね。競馬雑誌以外にも、IT・ガジェット、ビジネス、芸能エンタメなど様々なジャンルの雑誌が読めるので、競馬の息抜きにもおすすめです!

 

さらに初回登録後31日間は無料でお試し可能なので、月々の競馬雑誌の費用に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

↓楽天マガジンの無料お試し登録(31日間無料)はこちら

>> 月額418円(税込)で約500雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

↓楽天マガジンの登録手順や使用してみた感想はこちら

>> 500誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んだ感想【サラブレ・週刊Gallop】

 

トップへ戻る