競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

よく競馬予想が当たる人と当たらない人は何が違う?主なポイント3つを紹介

有名人などでテレビや雑誌、新聞等で競馬予想がよく当たると言われている人がいます。

 

その人達はどのようにして競馬予想をしているのでしょうか?

ただ、漠然と適当に選んでいるのでしょうか?

 

そもそも競馬の予想というのは、100%当てるということは絶対に不可能です。

 

しかし、よく予想が当たる人がいるのも事実です。

 

ここでは競馬予想がよく当たる人の特徴を考えてみたいと思います。

 

馬券の買い方に自分なりのルールがあるか?

競馬予想がよく当たる人の特徴で多いのが、自分なりのルールを決めているということです。

 

例えば、馬券を購入する際に1レースに使う金額を決めていたり、人気になっている馬は切るなどしっかりとした自分のルールを持っている人がよく競馬予想を当てています。

 

競馬の馬券にはさまざまな購入の仕方があります。

 

単勝で買う人、複勝で買う人、三連単で勝負する人などがいますが、よく競馬予想が当たる人はだいたい同じような買い方をしている人が多いです。

 

競馬予想ではやはり独自のものであってもしっかりとした考え方に基づいた継続性が大切だと思います。

 

よく競馬予想が当たる人

私が、よく競馬予想が当たる人と聞くと思い浮かべるのがタレントの松中みなみさんです。

 

彼女は元ソフトバンクで活躍していた松中信彦さんの親戚で、競馬好きとして知られています。

 

万馬券クイーンとも呼ばれています。

 

現在はサンスポで松中みなみの部屋など、競馬予想もおこなっています。

 

2013年には、万馬券的中数106本

2014年 105本

2015年 108本

 

となっています。(データはサンスポより引用)

 

彼女は馬券を三連単で購入することが多く、点数も絞って買うなど、毎回レースの展開を軸に予想をおこなっています。

 

この的中実績にも表れているように、決してまぐれとか運で予想を的中させているわけではなく、彼女の独自の展開予想などからしっかりと自分の理論に基づいて的中させています。

 

このように、自分の中で予想の軸となる考え方を持っている人は非常に競馬予想が当たりやすいと思います。

 

競馬新聞や他のサイト等の情報からコロコロと予想スタイルを変えてしまうとなかなか競馬予想は当たらないでしょう。

一貫性を持って予想をするようにしたいですね。

 

データを駆使する

これは、競馬だけではなく様々な分野に共通して言えることですが、何事もデータというものはとても大切です。

 

例えば、他のスポーツで言えば、野球やバレーボールなどで考えてみるとわかりやすいと思います。野球であればピッチャーが投げるボールの種類配球バッターがヒットにしたコースなどをしっかりとデータ化して分析、それを次に対戦した時に大いに活用することが出来ます。

 

バレーボールでも、どこにボールが集まるのか、どういった得点パターンが多いのかなどを分析してデータ化すれば対戦相手の特徴や傾向を掴むことが出来ます。

 

それは、競馬でも同じことが言えます。

 

開催される競馬場の特徴、そこで活躍した騎手、馬、特にどういった血統の馬が好走しているのか?

脚質はどういったものが勝ちやすいかなどのデータから分析して狙いを決めている人達もいます。

 

このデータはやはり重要でデータを分析するとその競馬場やレース、その産駒の特徴などから買い目を予想することが出来ます。

 

こういったデータを活用している人は、やはり普通の人よりも予想が当たりやすいです。

データは無料のものから有料のものまであります。

 

簡単なデータを参照するのならJRAホームページを活用すると良いでしょう。

 

重賞レースなどは傾向や展望などを見ることが出来るので、こういったものも頭の中に入れておくと競馬予想の的中率もあがるかもしれませんよ。

 

競馬予想はその予想の軸となるものを自分で決めておきましょう。

 

>> 運だけじゃない!競馬予想が当たる人の特徴5つ

トップへ戻る