競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

激走馬の見つけ方とパターンとは?激走馬を絡めた馬券の買い方も紹介

競馬である程度大きな金額を稼ぐためには、高いオッズで的中させなければなりません。

 

大きい金額を稼ぎたい人に向けて、今回は大穴で好走してしまう「激走馬」の見つけ方、好走パターンを紹介したいと思います。

 

激走馬を絡めた馬券の買い方

 

単勝を買うのはおすすめできない!

そもそも激走馬を絡めた馬券の買い方ですが、激走馬に対して、単勝で勝負するのはおすすめできません。

 

2012年天皇賞春の勝ち馬ビートブラック(159.6倍)のような例もありますが、年に数回あるかどうか。

 

あまりに確率が低すぎると言えます。

 

あくまで連下に絡めるイメージで!

単勝はおすすめできませんが、馬連などの2着、三連単などの2,3着といった連下であれば、可能性が少し高まります。

 

そのうえ、激走馬が絡めば、他が人気馬だとしてもオッズが高くなります。

 

激走馬で勝負するときは、連下にとどめるべきでしょう。

 

 

激走馬の見つけ方

 

過去の激走データを信じる

次に激走馬の見つけ方です。

 

まずは過去のデータを参考にする方法です。

 

競馬では、例えばこの競馬場、この距離、この馬場状態など、特定の条件でしか好走しないケースが多々見られます。

 

例をあげると、ミッキードリームという馬が典型でしょう。

 

ミッキードリームはオープン入り後中々好走できず、常に人気を落としていました。

 

しかし2013年の中京記念では13番人気で2着に入ります。

 

その後再び惨敗生活に戻りますが、翌2014年の中京記念で11番人気ながら再び2着に入りました。

 

中京のマイル戦に高い適性を見せていたのです。

 

ここで重要なのは、途中に続く惨敗については完全に無視することです。

 

特定の条件で走るということが分かれば、その条件以外で走ったレースは気にしないようにしましょう。

 

むしろ常に好走している馬であれば人気馬となってしまうため、惨敗が続いている方がオッズが高くつき、激走馬候補となるのでチャンスと言えるでしょう。

 

過去の鞍上との相性を見る

次に特定の騎手を乗せた場合の戦績を見るケースです。

 

鞍上との相性の良し悪しによって、激走馬を見抜くことができます。

 

例えばサンマルデュークという馬。

 

2015年の師走S以前、武士沢友治騎手とダートレースで4回コンビを組み、全て掲示板内に入るという相性の良さを見せていました。

 

そして迎えた師走S。

 

15番人気ながら相性の良さを生かして1着。次走も12番人気で1着。次々走も5番人気で3着と、さすがの適性を見せました。

 

この場合も重要なことは途中の惨敗を考えすぎないこと。

 

特定の騎手が乗った場合のみを考えるという潔さが、ある程度必要になってくる買い方だと思います。

 

 

激走馬の好走パターン

 

レース展開と本命馬の脚質で予想する

次に、レース展開と本命馬の脚質で予想する方法を紹介します。

 

レースではペースが遅い、あるいは早いことにより、波乱が起きることがあります。

 

例えば2012年の天皇賞春。逃げ馬が少ないため、スローペースが予想されていました。

 

また圧倒的人気馬だったオルフェーヴルが後方待機の脚質、また折り合いに不安があるためさらにペースを落とすのではないかと考えていました。

 

その結果、各馬がオルフェーヴルをマークしたため、前の馬を射程圏内に入れず、2番手からロングスパートで粘った14番人気のビートブラックが勝利しました。

 

このように、レース展開と本命馬の脚質を組み合わせて考えることで、激走馬を見つけることは十分に可能だと言えます。

 

 

まとめ

以上、激走馬の見つけ方と好走パターンを紹介しました。

 

確率の問題として激走馬が馬券に絡む可能性は高くありません。

 

しかし、的中すれば大きな払い戻しが期待できます。

 

紹介した方法を参考にして、根気強く狙い続けて欲しいと思います。

トップへ戻る