競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

東京ダート1400mコースの傾向、強い血統、レコードタイム、騎手、枠

 

スタートしてから第3コーナーまで距離があり、ゴール前の直線が長いコースです。

 

あまり道中ごちゃつくことなく、実力馬が力を発揮しやすいコースです。

(データ集計期間:2014/10/1~2016/9/30)

 

東京ダート1400mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

63

61

57

782

6.5%

12.9%

18.8%

73

63

ミスプロ系

57

62

64

671

6.7%

13.9%

21.4%

67

86

ノーザンダンサー系

39

36

31

487

6.6%

12.6%

17.9%

53

55

他ターントゥ系

18

16

17

265

5.7%

10.8%

16.1%

150

73

ナスルーラ系

12

16

20

192

5.0%

11.7%

20.0%

54

106

ニアークティック系

1

1

4

40

2.2%

4.3%

13.0%

7

50

 

他ターントゥ系(サンデーサイレンス系を除くターントゥ系)の単回値の高さが目立ちます。

 

人気薄の単勝が狙い目になります。

 

 

東京ダート1400mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

ダイワメジャー

10

7

4

76

10.3%

17.5%

21.6%

90

47

クロフネ

9

7

8

88

8.0%

14.3%

21.4%

92

60

ゴールドアリュール

8

8

4

79

8.1%

16.2%

20.2%

72

67

スウェプトオーヴァーボード

8

2

4

62

10.5%

13.2%

18.4%

140

86

カネヒキリ

8

1

2

43

14.8%

16.7%

20.4%

196

60

キングカメハメハ

7

7

9

57

8.8%

17.5%

28.8%

52

87

エンパイアメーカー

7

4

3

42

12.5%

19.6%

25.0%

118

93

キンシャサノキセキ

6

9

6

44

9.2%

23.1%

32.3%

46

80

フレンチデピュティ

6

5

2

46

10.2%

18.6%

22.0%

124

66

サウスヴィグラス

5

8

6

93

4.5%

11.6%

17.0%

127

73

 

カネヒキリの単回値の高さが目立ちます。

 

複勝率が良くないため、勝つか凡走するか両極端な結果となっています。

 

連下ではなく、単勝・1着固定狙いとなります。エンパイアメーカーが率と回値とも安定した結果を残しています。

 

 

東京 ダート1400mのレコード、平均タイム

 レコードは1分21秒9、データ集計期間の勝ちタイムの平均は1分25秒4です。

 

もともと中山よりもスピードが要求されますが、降雨によって馬場が締まって走りやすくなった場合には、芝をこなすようなスピードが要求されます。

 

 

東京ダート1400mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

戸崎圭太

16

6

16

74

14.3%

19.6%

33.9%

66

56

内田博幸

14

8

15

65

13.7%

21.6%

36.3%

169

116

蛯名正義

11

7

3

69

12.2%

20.0%

23.3%

114

59

田辺裕信

10

9

10

79

9.3%

17.6%

26.9%

61

77

三浦皇成

9

11

12

69

8.9%

19.8%

31.7%

50

71

北村宏司

9

7

9

69

9.6%

17.0%

26.6%

43

62

吉田豊

8

8

7

89

7.1%

14.3%

20.5%

62

44

横山典弘

8

7

5

62

9.8%

18.3%

24.4%

48

55

ルメール

7

10

8

14

17.9%

43.6%

64.1%

70

108

石川裕紀

7

7

11

86

6.3%

12.6%

22.5%

49

70

 

率と回値ともに内田博幸が好成績を残しています。

 

ルメールの複勝率の高さと複回値の100越にも注目です。

 

一方、戸崎圭太は率では好成績ですが、回値では振るわない成績となっています。

 

人気馬に多く乗っているため、馬券になっても低配当という状況です。

 

 

東京ダート1400mで有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

23

18

23

304

6.3%

11.1%

17.4%

67

68

2枠

22

20

27

307

5.9%

11.2%

18.4%

49

63

3枠

19

24

30

304

5.0%

11.4%

19.4%

118

70

4枠

21

25

24

312

5.5%

12.0%

18.3%

56

59

5枠

26

25

24

309

6.8%

13.3%

19.5%

58

77

6枠

28

27

22

306

7.3%

14.4%

20.1%

84

72

7枠

27

26

21

311

7.0%

13.8%

19.2%

71

91

8枠

27

28

23

306

7.0%

14.3%

20.3%

80

75

 

特別大きな枠の有利・不利はありません。強いて言えば、揉まれない外枠が少し有利という状況です。

 

 

まとめ

狙い目としては、以下の通りです。

 

①カネヒキリ産駒の単勝。エンパイアメーカー産駒。

②騎手は内田博幸。

③若干、外枠有利。

トップへ戻る