競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

阪神ダート1400mコースの傾向、強い血統、レコードタイム、騎手、枠

 

スタートは2コーナー奥ポケットの芝の部分のため、スタートは、芝コースの適性が求めらます。

(データ集計期間:2014/10/1~1016/9/30)

 

阪神 ダート1400mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

41

49

56

565

5.8%

12.7%

20.5%

42

79

ミスプロ系

38

38

31

449

6.8%

13.7%

19.2%

52

61

ノーザンダンサー系

23

25

31

344

5.4%

11.3%

18.7%

23

49

ナスルーラ系

19

13

5

148

10.3%

17.3%

20.0%

82

56

他ターントゥ系

17

15

18

206

6.6%

12.5%

19.5%

69

71

ニアークティック系

5

1

2

21

17.2%

20.7%

27.6%

131

75

 

特に、ノーザンダンサー系の不調が目立ちます。

 

出走数が少ないですが、ニアークティック系(1着の5回はすべてワイルドラッシュ産駒)の勝率が良く、単回値も100を超えています。

 

 

阪神ダート1400mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

メイショウボーラー

9

6

4

38

15.8%

26.3%

33.3%

108

85

クロフネ

8

7

9

59

9.6%

18.1%

28.9%

33

70

エンパイアメーカー

6

3

4

55

8.8%

13.2%

19.1%

81

97

サウスヴィグラス

5

6

3

40

9.3%

20.4%

25.9%

61

69

ゴールドアリュール

5

1

7

53

7.6%

9.1%

19.7%

27

32

ワイルドラッシュ

5

1

2

20

17.9%

21.4%

28.6%

136

77

スタチューオブリバティ

4

6

2

25

10.8%

27.0%

32.4%

55

80

ディープインパクト

4

3

2

29

10.5%

18.4%

23.7%

53

39

ハーツクライ

4

3

1

22

13.3%

23.3%

26.7%

55

47

シニスターミニスター

4

3

1

11

21.1%

36.8%

42.1%

60

56

 

ワイルドラッシュ産駒が種牡馬単位の成績では上位になります。

 

メイショウボーラー産駒の勝率と単回値が好成績です。

 

自身の逃げると強い脚質を産駒も引き継いでいるようで、自信のパターンに持ち込むレースができれば強さを発揮します。ゴールドアリュールの不振が特徴的です。

 

 

阪神 ダート1400mのレコード、平均タイム

 レコードは1分21秒5、過去2年間の平均勝ちタイムは1分24秒6です。

 

勝ち馬の上がり3ハロンの平均が37秒0ですので、中団あたりから差してくる末脚がしっかりした馬が活躍の傾向にあります。

 

 

阪神ダート1400mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

浜中俊

11

11

11

28

18.0%

36.1%

54.1%

101

121

M.デムーロ

11

8

7

33

18.6%

32.2%

44.1%

102

85

和田竜二

10

10

8

80

9.3%

18.5%

25.9%

100

71

川田将雅

9

12

7

23

17.6%

41.2%

54.9%

63

91

武豊

8

5

4

38

14.5%

23.6%

30.9%

61

49

福永祐一

7

7

7

37

12.1%

24.1%

36.2%

88

82

池添謙一

6

5

5

32

12.5%

22.9%

33.3%

84

82

小牧太

6

3

3

64

7.9%

11.8%

15.8%

37

28

秋山真一

6

2

2

36

13.0%

17.4%

21.7%

82

50

松若風馬

6

1

4

45

10.7%

12.5%

19.6%

85

70

 

勝ち数がトップの浜中俊が単回値と複回値も100を超え、このコースを大得意としていることがうかがえます。

 

一方、地方出身のダート騎手のイメージの強い小牧太の成績は振るいません。

 

 

阪神 ダート1400mで有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

12

16

19

191

5.0%

11.8%

19.7%

27

72

2枠

15

18

16

209

5.8%

12.8%

19.0%

34

54

3枠

13

19

29

205

4.9%

12.0%

22.9%

40

77

4枠

11

21

17

224

4.0%

11.7%

17.9%

30

73

5枠

26

17

13

222

9.4%

15.5%

20.1%

82

51

6枠

17

15

16

236

6.0%

11.3%

16.9%

33

82

7枠

23

23

14

226

8.0%

16.1%

21.0%

60

69

8枠

26

14

20

226

9.1%

14.0%

21.0%

76

51

 

単回値と複回値を見る限り、特別に有利・不利な枠はないように見えますが、率からは外枠有利という傾向があります。

 

 

まとめ

狙いは以下の通りとなります。

 

①ワイルドラッシュ産駒。メイショウボーラー産駒の単勝・1着固定

②騎手は浜中俊

③どちらかといえば、外枠有利

トップへ戻る