競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

馬体重の増減がレースに与える影響と予想への活用

馬体重とは文字のごとく、馬の体重のことですが、馬の体重が増減したからって何がわかるのでしょうか?

 

馬体重は一定のバロメーターにはなると思いますが、あまり過信するものではないと私は考えています。

 

では、馬体重はどのようになっていたらいいのでしょうか?

 

理想的な馬体重とは?

これについては

 

ベスト体重に近づくほど良し。

 

と考えるのがいいでしょう。

 

ベスト体重とはなんぞやという人のために、説明しますと

 

人間にもこの体重のときには調子がいいけど、この体重の時には調子が悪いということがあると思います。

 

それは馬でも全く同じです。

 

しかし、馬は喋らないので、ベスト体重を聞ける訳がありません。

 

そこで参考にしてほしいのが、

 

連対時の馬体重

 

です。

 

おそらく、専門誌でなくてもスポーツ新聞ならば、この情報は載っていると思います。

 

馬体重が当日発表されて、この体重の中ならば少なくとも調子が悪いことはないと考えられます。

 

大幅な馬体重の増減はどのように対処するべきか?

続いて、よく競馬の格言として

 

前走比、プラスマイナス10キロ以上は割引すべし

 

というのを聞く方も多いでしょう。

 

しかし、私はこの格言には反対です。

 

なぜなら、10キロ増えても10キロ減っても良い方向に働いているものもあるからです。

 

具体的に説明しますと

 

1、前走で大幅なマイナス体重で凡走し、体調を十分に取り戻した今回は+10キロ以上で出走してきた

 

これは間違いなく買えるパターンの大幅プラス体重です。

 

もう一つあります

 

2、前走、休み明けで明らかに太かったが、今回は調教をしっかり積み、-10キロ以上体重を絞ってきた。

 

これも買えるパターンの大幅マイナス体重です。

 

基本的に、大幅プラスやマイナスで買えるのはこの二つだと考えています。

 

 

しかし、例外もあります。

 

例えば、成長著しい2,3歳馬で、休み明けマイナス体重は少し一考する必要があるかもしれないことなどです。

 

こういった例外はその都度覚えていくのがいいでしょう。

 

とはいえ、強い馬は馬体重関係なくても勝つときがあります。

 

1番人気の二ケタ体重増減馬の半分は連対するのです。

 

なので、冒頭にも言ったように、馬体重はそこまで重視するファクターではないと考えています。

 

それよりも大事なことは馬の強さや展開の見極めです。

 

ここには一番、比重を置くべきでしょう。

 

このことができるようになってから、馬体重を見ていけばいいでしょう。

 

以上、馬体重がレースに与える影響と予想への活用でした!

 

トップへ戻る