競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2017-2018】 ストロングリターン産駒注目馬の10頭紹介!【評判・特徴・種付け料・頭数・一口・価格】

出典:wikipedia

 

現役時代に安田記念を好時計で勝利したストロングリターンの最大の武器は強烈な末脚でした。

 

種牡馬となってからも血統の良さから人気種牡馬となり、産駒の評価も上々のようです。

 

2017年の種付け料は50万円と低価格に設定されており、種牡馬入りしてから100頭前後の種付けを行っています。

 

一口クラブで募集されるような産駒は少なく募集価格も低価格ですが、産駒の成績によってはこれから多く募集されることでしょう。

 

POG2017-2018 ストロングリターン注目の産駒10頭

2017年のPOGで押さえておきたいストロングリターン産駒を10頭ご紹介します。

 

1. アメリカンツイスト 牡

父:ストロングリターン 母:エアウイングス 母父:サンデーサイレンス

兄姉:ウイングレット 馬主:グリーンファーム 厩舎:中舘英二(美浦)

 

半姉に中山牝馬ステークスを制したウイングレットがいます。

 

母のエアウイングスは阪神牝馬特別を制するなど、一線級で活躍した競走馬でした。

 

本馬も母や姉のようなマイル前後が主戦場となるでしょうが、ストロングリターン譲りの瞬発力が受け継がれていれば、ファミリーを代表する競走馬に成長してくれるでしょう。

 

2. ロンギングファロー 牡

父:ストロングリターン 母:ピュアマインド 母父:ティンバーカントリー

兄姉:初仔 馬主:坂本浩一 厩舎:堀宜行(美浦)

 

2015年のセレクトセールで2500万円で落札されました。

 

母のピュアマインドはダートで2勝を挙げ、一族からは北海道スプリントカップを制したマルカフリートが出ています。

 

ダート色の強い母系で、ストロングリターンもダートで活躍馬を多く輩出しているシンボリクリスエス産駒なので、本馬はダートを主戦場とするかもしれません。

 

かなり評判が高いので、ストロングリターンの初期の代表産駒になる可能性も十分にありそうです。

 

3. テオゲネス 牡

父:ストロングリターン 母:シルクプレアデス 母父:アドマイヤベガ

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 厩舎:小崎慧(栗東)

 

祖母のキロフプルミエールはシーザリオの母として有名で、今日の日本で大注目の母系の出身です。

 

スピードに長けたファミリーなので、本馬もストロングリターンが父でその傾向が強く出るでしょう。

 

成長次第では同世代のマイル戦線を代表する1頭に成長するかもしれません。

 

4. ラッドカバレッタ 牝

父:ストロングリターン 母:スイートテイスト 母父:Salt Lake

兄姉:ナイキマドリード 馬主:(有)下河辺牧場 厩舎:田中淳司(北海道)

 

半兄にさきたま杯を制したナイキマドリードがいます。

 

母系は優秀で、ナイキマドリードの他にも多数活躍馬を輩出しています。

 

スピード色の強い母系で、ストロングリターンが父となった本馬もスピード能力の高い1頭かもしれません。

 

5. ナムラセンリリョウ 牡

父:ストロングリターン 母:セシルカット 母父:サンデーサイレンス

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:奈村信重 厩舎:目野哲也(栗東)

 

母系はダイナカールに遡り、エアグルーヴに代表される日本有数の名牝系です。

 

本馬の従姉には重賞4勝のアイムユアーズがおり、早い時期から息の長い活躍が期待できるでしょう。

 

種牡馬を問わず産駒はコンスタントに結果を残しているので、本馬も良血に裏打ちされた走りを見せてくれるかもしれません。

 

6. ドラゴンホール 牡

父:ストロングリターン 母:サンゴノウミヲ 母父:フジキセキ

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:前田幸治 厩舎:小笠倫弘(美浦)

 

サマーセール出身で好馬体が目立つ1頭です。

 

まだ活躍馬が出ていないファミリーの出身ですが、ストロングリターン譲りの雄大な馬体からは素質の高さを窺い知ることができます。

 

母父のフジキセキは高いスピード能力を子孫に受け継ぐので、本馬もスピード勝負を得意とする競走馬に成長してくれるでしょう。

 

7. ペイシャルアス 牝

父:ストロングリターン 母:ルアス 母父:タイキシャトル

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:北所直人 厩舎:坂口正則(栗東)

 

3代母のインヴァントはNHKマイルカップを勝利したウインクリューガーを送り出した名繁殖牝馬です。

 

母系はタイキシャトルとインヴァントの両方が揃っているので、かなりウインクリューガーに近い血統構成となっています。

 

本馬の血統自体もスピード色の強いものになっているので、マイル前後での活躍を期待したいところです。

 

8. バリエンテ 牡

父:ストロングリターン 母:プレラット 母父:サンデーサイレンス

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:畑佐博 厩舎:河内洋(栗東)

 

今日の日本競馬のレベルを底上げしたヘイルトゥリーズン系のクロスが張り巡らされた血統を持っているのが本馬です。

 

スピードと爆発力が最大の武器であるヘイルトゥリーズン系のクロスが本馬にも良い影響を与えれば、素晴らしいスピードホースに成長するかもしれません。

 

9. ランウェイデビュー 牝

父:ストロングリターン 母:デビュートウショウ 母父:アドマイヤムーン

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:吉田勝己 厩舎:奥村武(美浦)

 

母系からは宝塚記念を制したスイープトウショウが出ています。

 

母父がアドマイヤムーンなので、スイープトウショウとかなり似た血統構成をしているのは非常に魅力です。

 

トウショウ牧場を代表する牝系の出身なので、本馬に寄せられる期待も大きいでしょう。

 

10. ハッピーナココロ 牝

父:ストロングリターン 母:ネオファンシー 母父:ネオユニヴァース

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:杉田周作 厩舎:武井亮(美浦)

 

母系は古くから日本に導入されたもので、3代母のシヤダイダンサーは重賞2勝を挙げる活躍をしました。

 

ミスタープロスペクター、ノーザンテースト、サンデーサイレンスと大種牡馬が並ぶ母系は高いスピードを子孫に伝えています。

 

ストロングリターンが種牡馬として好成績を残す血統構成を持ち合わせた1頭かもしれません。

 

 

まとめ

スタッドイン直後から人気種牡馬となったストロングリターンは、これから有力種牡馬の1頭に成長していくでしょう。

 

POGでも隠し玉として産駒をチョイスするのも面白いのではないでしょうか。

トップへ戻る