競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2018-2019】ローレルクラブ注目募集馬6頭の血統、評価・評判を紹介!

ローレルクラブではクラブゆかりの馬を始め、日高の牧場をメインに募集馬が構成されています。

今年デビュー予定の注目馬にはキョウワジャンヌの娘やグラヴィオーラの全妹、クラブで活躍したオーシャンフリートの産駒などがおり、血統的な面からも期待が持てそうです。

 

まだ入厩まで進んでいない馬も多いですが、今後のデビューを楽しみに待ちましょう。

 

トレンドボブ 牝  

厩舎:(美浦)高橋文雅

父:キンシャサノキセキ

母:レッドティムール

生産者:村上欽哉

 

スムーズに13-13で早めの調教を行えるようになっており、デビューまでの道のりもそう遠くはなさそうです。

馬体は小柄ですが仕上がりも早そうなイメージがあります。骨瘤ができていることもありすぐにデビューというわけではなさそうですが、キンシャサノキセキ産駒は早くから活躍を見せてくれます。

スムーズに進めばキンサシャノキセキ産駒らしく、短距離の芝ダートでスピード感ある走りを見せてくれそうです。

 

ブルーコーラル 牝  

厩舎:(美浦)清水英克

父:サウスヴィグラス

母:カクテルラウンジ

生産者:ハクツ牧場

 

母のカクテルラウンジの産駒には地方競馬で活躍するグラヴィオーラがおり、ブルーコーラルとは父も同じです。

グラヴィオーラは南関東で2歳優駿牝馬や東京プリンセス賞など格の高いレースを勝利し、南関東クラシック路線で活躍しています。JRAから移籍したプロミストリープを破っての圧勝と言うこともあり、注目の地方馬です。現在は骨折のため休養中ですが、復帰後は楽しみですね。

 

全姉の活躍を見ると、ブルーコーラルもダートで息の長い活躍を見せてくれそうです。JRAだけでなく地方交流や牝馬限定のダート交流戦もあるため、うまく育ってくれれば楽しみも大きそうです。

今のところまだ入厩などのめどは立っていませんが、これからの成長が期待される1頭です。

 

ベルキューズ 牝  

厩舎:(美浦)武井亮

父:ヘニーヒューズ

母:オーシャンフリート

生産者:村田牧場

 

母のオーシャンフリートもローレルクラブの募集場でした。ダート短距離〜マイルまでで活躍し、オープンまで出世しています。

ヘニーヒューズ産駒もダートで良い成績を残しており、母と同様堅実に走ってくれるのではないでしょうか。デビュー予定も決まりつつあり、8月中に新馬戦に出走できそうです。早期デビューできる点も魅力ですね。

 

カジノレイド 牡  

厩舎:(美浦)和田正一

父:カジノドライヴ

母:フライトオブスワン

生産者:社台ファーム

 

母も社台ファームの生産馬で、デビュー後は500万下まで順調に勝ち上がりオープン馬となっています。その後長期休養を経て再度1000万下に挑戦しましたが、数戦で繁殖引退しています。

産駒は地方競馬で安定して走っていますが、母の能力から中央で活躍できる馬が出ても不思議ではありません。

 

カジノレイドは入厩に向けて調整されていますが、夏の暑さもありスムーズにデビューを迎えるまでにはまだやや時間がかかりそうです。

 

トゥールナージュ 牝  

厩舎:(栗東)飯田雄三

父:エイシンフラッシュ

母:キョウワジャンヌ

生産者:協和牧場

 

協和牧場生産のキョウワジャンヌは、高いレベルで安定した走りを見せ、重賞戦線でも活躍しました。

おばのキョウワゼノビアも4勝をあげるなど近親にも活躍馬が出ています。牝系の活躍が目覚ましく、かなり高い期待を持たれています。

 

ゲートにやや難がありそうですが、練習を積み重ねて問題のないレベルまで達しているようですし入厩後にはきっちりこなしてくれるのではないでしょうか。

ゆったり進められているためデビューはやや遅めかもしれませんが、小柄ではあるもののトモや胸前は発達しており今後の成長も気になる1頭です。

 

ローレルジェイド 牡  

厩舎:(美浦)斎藤誠

父:ロードカナロア

母:ネネグース

生産者:新冠橋本牧場

 

母のネネグースは勝ち上がりこそできなかったものの、新馬戦、未勝利とデビューしてから3戦連続で入着しています。産駒のロノやマカワオクイーンもJRAで勝ち上がっており、ポテンシャルは高そうです。

 

ローレルジェイドも新馬戦が始まる前に入厩を果たし順調に進んでいましたが、現在は放牧中です。新馬戦と同時にデビューできていないことはやや気がかりですが、2歳戦はまだまだ続きます。

 

今後成長してデビューしてくれれば、新馬戦から楽しめるのではないでしょうか。ロードカナロアも母も短距離レースで良い成績を残しているため、血統的にはスピードがありそうです。

 

まとめ

ローレルレーシングは、ローレルゲレイロなどの活躍馬が有名です。活躍馬がたくさんいるわけではありませんが、条件戦などで安定して走る馬はコンスタントに出ています。


募集頭数は少ないものの、各牧場で活躍した繁殖牝馬の産駒募集もされており魅力的です。


2018-2019年のデビュー予定馬では重賞でも活躍したキョウワジャンヌの産駒が注目されますが、それ以外にもバラエティにとんだ馬がラインナップされています。

トップへ戻る