競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2018-2019】YGGオーナーズクラブ(ブルーインベスターズ)注目募集馬9頭の血統、評価・評判を紹介!

ブルーインベスターズは最近、クラブ名がYGGに生まれ変わりました。変わったのはクラブ名だけでなく運営も同じで、以前よりも一口馬主の敷居が低くなっています。

比較的安価な馬を小口に分けて販売していることが特徴で、イメージはDMMドリームクラブと同じです。

 

DMMドリームクラブが高額馬をラインナップしていることに比べるとやや小粒ですが、その分毎月の費用を抑えて楽しみたい方向きです。

良血馬と言うよりはコンスタントに走って活躍してくれる馬を探すクラブですが、クラブの期待馬について見ていきましょう。

 

一括払い方式と月払い方式を取り入れているため、月払いならかなり安く一口馬主ライフを楽しめます。

募集期間も長いので、じっくり馬を選べるところも良いのではないでしょうか。

 

イラストリアス 牝  

厩舎:(栗東)藤沢則雄

父:ベルシャザール

母:ミスマリーン

生産者:シンユウファーム

 

父はダートで活躍したベルシャザールで、馬体もしっかりしていることからパワー型の走りが見られそうです。

 

現状は成長待ちですが、成長してくれば期待が持てそうで、グリーンマイルトレーニングセンターでも移動に向けて調教を積んでいます。

強いクロスを持った血統背景からも、能力を見せてくれるのではないでしょうか。

 

クワイエット 牝  

厩舎:(栗東)服部利之

父:ローレルゲレイロ

母:スパイクラベンダー

生産者:佐藤牧場

 

父のローレルゲレイロは2歳戦から早い活躍を見せ、比較的早い仕上がりが期待できそうな馬です。

ソエが出てしまったこともありやや調整は遅れていますが、落ち着いてくれば十分に早期始動が可能なのではないでしょうか。

 

スピードもありそうですが、近親にはダートで活躍した馬も多いためパワー型の走りを見せてくれる可能性も高そうです。

血統的にも多数の活躍馬が出ているため、注目の1頭ですね。

 

グリームロータス 牝  

厩舎:(美浦)根本康広

父:ストーミングホーム

母:メイケイソフィア

 

半兄であるメイケイダイハードは勝ち上がり、500万下でも通用しています。グリームロータスも2歳夏には入厩し、このままスムーズに進めばデビューは早そうです。

 

ストーミングホーム産駒ということからも仕上がりが早そうですし、早くから活躍が期待できるのではないでしょうか。

 

スイーツビュッフェ

厩舎:(美浦)中川公成

父:ゴールドアリュール

母:サイモンドルチェ

生産者:ヤナガワ牧場

 

父にゴールドアリュールを持ち、ダートでも活躍が期待できそうです。しかしゴールドアリュール産駒の牝馬は芝でも活躍している馬がおり、どちらに出るかが楽しみですね。

活躍馬が多数出ているヤナガワ牧場生産と言う点も魅力的で、育成牧場でも安定して走れています。

 

馬体はパワー型のためダートでの力強い走りが見られそうですが、脚元に不安もないためコンスタントに出走できそうな点も良いですね。

叔父には南部杯勝ちのオーロマイスターがいて、血統構成はかなり似ています。

 

ストリーク 牝  

厩舎:(美浦)尾形和幸

父:エイシンフラッシュ

母:メイショウセイカ

生産者:ヤナガワ牧場

 

父はダービーを勝利したエイシンフラッシュで、切れ味鋭い末脚が見られそうです。クラシックを意識した配合で、芝レースに高い適正があるのではないでしょうか。

ヤナガワ牧場生産の馬で、2月生まれと言うことからも馬体がしっかりしています。

ファンタストクラブで育成が進められており、馬体も充実してきています。父は見栄えのする好馬体でしたが、同様に美しい馬体をしており走りも軽く芝向きのイメージです。

また母方の祖母は桜花賞を勝利しオークスでも好走しており、クラシック路線での適正も示しています。YGGオーナーズクラブの募集馬では、芝クラシックに向けて期待が持てる1頭です。

 

ムーンアルテミス 牝  

厩舎:(美浦)小野次郎

父:キングズベスト

母:フィリラ

生産者:ダーレー

 

外国でコンスタントに活躍馬を輩出している血統で、母のフィリラも3勝しています。母の適正は芝1200mでしたが、近親にはダートで活躍する馬も多くいます。

牝系の特徴として、父の適正を産駒に伝える能力が秀でているようです。

父であるキングズベストは芝短距離で産駒成績が良く、短いところで活躍する馬に育ってくれるのではないでしょうか。

また育成も順調で15-15をすんなりこなしているため、入厩も近そうです。

 

まとめ

ブルーインベスターズ時代もブルーコンコルドなど大舞台で活躍した馬がいましたが、現在は運営方法がやや変わっています。

 

1万口の小口募集を行っているため、維持費が毎月数百円ほどと格安です。

馬代0円など画期的な試みも行っているため、今後の状況に注目が集まります。

 

運営方法が変わって最初の募集馬デビューと言うこともあり、2018-2019デビューの馬たちの走りは気になりますね。

大舞台で活躍する良血馬とはやや傾向が異なりますが、勝ち上がりを目指して頑張って欲しい馬たちです。

トップへ戻る