競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

京都芝1800mコースの傾向、強い血統、騎手、枠

 

スタートは2コーナー奥のポケット地点となり、3コーナーまで約900m直線が続きます。

 

3コーナーまで各馬持ち味に合わせてレースを進めることができますので、実力が発揮しやすいコースといえます。

(データ集計期間:2014/10/1~2016/9/30)

 

京都 芝1800mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

60

55

54

492

9.1%

17.4%

25.6%

75

60

ノーザンダンサー系

14

14

13

134

8.0%

16.0%

23.4%

169

93

ミスプロ系

14

13

13

128

8.3%

16.1%

23.8%

35

51

他ターントゥ系

3

3

3

79

3.4%

6.8%

10.2%

17

28

ナスルーラ系

1

5

8

80

1.1%

6.4%

14.9%

6

45

 

ノーザンダンサー系の率が高く、単回値が100を超えて、このコースで好走しています。

 

ミスプロ系の率はノーザンダンサー系とほとんど変わりませんが、回値が非常に低く、人気に相当する結果を残すことができていません。

 

 

京都 芝1800mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

ディープインパクト

21

19

16

93

14.1%

26.8%

37.6%

35

55

マンハッタンカフェ

11

3

4

36

20.4%

25.9%

33.3%

120

64

キングカメハメハ

7

9

7

52

9.3%

21.3%

30.7%

18

55

ハービンジャー

7

9

7

41

10.9%

25.0%

35.9%

50

112

ステイゴールド

7

4

2

47

11.7%

18.3%

21.7%

63

35

ゼンノロブロイ

5

6

3

44

8.6%

19.0%

24.1%

35

44

ヴィクトワールピサ

4

3

1

12

20.0%

35.0%

40.0%

108

68

メイショウサムソン

4

0

0

20

16.7%

16.7%

16.7%

970

192

エンパイアメーカー

3

4

2

12

14.3%

33.3%

42.9%

90

117

ダイワメジャー

2

5

3

22

6.3%

21.9%

31.3%

70

95

 

マンハッタンカフェ産駒とヴィクトワールピサ産駒が勝率で抜きんでており、単回値も100を超えており、単勝・1着固定の馬券では押さえておきたいところです。

 

一方、ディープインパクト産駒は、率は悪くはありませんが回値が低く、実力以上に人気が集中している傾向にあります。

 

 

京都 芝1800mのレコード、平均タイム

レコードタイムは1分43秒9、勝ち馬の平均タイムは1分48秒2です。

 

基本的には、平均ペースで流れるコースですが、スタート直後の直線が長いため、強力な逃げ馬がハイペースで逃げた場合は、持ち時計がないと苦しい勝負となります。

 

 

京都 芝1800mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

武豊

10

6

4

23

23.3%

37.2%

46.5%

72

80

川田将雅

8

6

2

26

19.0%

33.3%

38.1%

120

66

岩田康誠

6

4

7

30

12.8%

21.3%

36.2%

61

51

四位洋文

6

3

2

22

18.2%

27.3%

33.3%

49

46

松山弘平

6

3

0

39

12.5%

18.8%

18.8%

56

30

和田竜二

5

8

11

37

8.2%

21.3%

39.3%

70

107

ルメール

5

7

2

13

18.5%

44.4%

51.9%

35

73

M.デムーロ

4

4

1

7

25.0%

50.0%

56.3%

80

71

池添謙一

4

2

5

27

10.5%

15.8%

28.9%

41

69

松若風馬

4

1

2

14

19.0%

23.8%

33.3%

161

76

 

武豊とM.デムーロは回値が100を少し下回りますが、率は高いため、軸としては信頼度が高いと言えます。

 

松山弘平は率と回値ともに低く、このコースでは狙いを下げた方がよさそうです。

 

 

京都 芝1800m有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

3

10

11

97

2.5%

10.7%

19.8%

12

41

2枠

10

10

15

89

8.1%

16.1%

28.2%

29

60

3枠

12

8

5

107

9.1%

15.2%

18.9%

61

38

4枠

16

10

11

105

11.3%

18.3%

26.1%

356

95

5枠

12

18

6

113

8.1%

20.1%

24.2%

37

71

6枠

12

10

15

123

7.5%

13.8%

23.1%

34

67

7枠

14

14

18

135

7.7%

15.5%

25.4%

35

58

8枠

13

10

10

153

7.0%

12.4%

17.7%

35

43

 

4枠の勝率と単回値が飛び抜けており、複回値もほぼ100となっていますので、有利な枠といえます。

 

一方1枠の勝率と単回値が極端に低く、1枠の馬が大変苦戦している状況です。

 

 

まとめ

 狙い目は以下の通りです。

①マンハッタンカフェ産駒とヴィクトワールピサ産駒

②騎手は、武豊とM.デムーロ

③枠は、4枠が有利

トップへ戻る