競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

東京芝2400mコースの傾向、強い血統、騎手、枠

ダービー、オークス、ジャパンカップが行われるコースです。

 

距離が長い分、道中の駆け引きができる騎手の手腕が重要になってきます。

(データ集計期間:2014/10/1~2016/9/30)

 

東京 芝2400mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

33

29

30

291

8.6%

16.2%

24.0%

59

62

ノーザンダンサー系

7

9

11

89

6.0%

13.8%

23.3%

33

64

ミスプロ系

6

5

1

77

6.7%

12.4%

13.5%

25

27

ナスルーラ系

5

7

9

68

5.6%

13.5%

23.6%

37

56

他ターントゥ系

3

4

3

54

4.7%

10.9%

15.6%

46

61

目立ってこのコースを得意としている父系統はいません。

 

ミスプロ系の回値が低く、馬券を組み立てる際には注意が必要です。

 

 

東京 芝2400mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

ディープインパクト

12

8

9

50

15.2%

25.3%

36.7%

56

71

ステイゴールド

10

3

7

50

14.3%

18.6%

28.6%

61

50

キングカメハメハ

5

2

1

36

11.4%

15.9%

18.2%

42

28

ハービンジャー

5

1

3

26

14.3%

17.1%

25.7%

77

95

ハーツクライ

3

5

5

38

5.9%

15.7%

25.5%

66

71

ジャングルポケット

3

4

2

23

9.4%

21.9%

28.1%

42

66

ネオユニヴァース

2

4

1

20

7.4%

22.2%

25.9%

187

61

アドマイヤジャパン

2

2

0

3

28.6%

57.1%

57.1%

404

160

ダイワメジャー

2

0

0

9

18.2%

18.2%

18.2%

142

43

メイショウサムソン

1

5

1

14

4.8%

28.6%

33.3%

22

82

 

アドマイヤジャパン産駒の率と回値とも高く、出走数が少ないですが、出てくれば確実に狙いたいところです。

 

ジャングルポケット産駒が率と回値とも低く、父馬のイメージとは異なり得意とはしていないことがうかがえます。

 

 

東京 芝2400mのレコード、平均タイム

レコードは2分22秒1、勝ち馬の平均タイムは2分26秒5です。

 

距離が長いため前半はゆっくりとしたペースとなりますが、超一流馬が集まるジャパンカップではスタートから猛ラップでレースが進むことがあり、その場合はマイル戦を乗り切るようなスピードが求められます。

 

 

東京 芝2400mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

戸崎圭太

8

8

5

19

20.0%

40.0%

52.5%

86

93

蛯名正義

7

4

1

23

20.0%

31.4%

34.3%

159

73

柴田大知

4

3

4

25

11.1%

19.4%

30.6%

40

95

北村宏司

4

2

2

15

17.4%

26.1%

34.8%

51

87

田辺裕信

3

3

3

24

9.1%

18.2%

27.3%

53

62

ルメール

3

2

3

8

18.8%

31.3%

50.0%

36

81

池添謙一

3

1

1

2

42.9%

57.1%

71.4%

360

157

内田博幸

2

3

2

24

6.5%

16.1%

22.6%

20

108

松岡正海

2

3

2

28

5.7%

14.3%

20.0%

66

46

柴山雄一

2

3

2

17

8.3%

20.8%

29.2%

225

71

 

池添謙一の率と回値の高さが目立ちます。

 

蛯名正義勝率と単回値が高く、単勝・1着固定で狙いたいところです。

 

思い切った騎乗をするイメージのある田辺裕信は率と回値が低く、長距離の駆け引きが必要なレースではもう一歩という状況です。

 

 

東京 芝2400mで有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

4

10

10

54

5.1%

17.9%

30.8%

84

107

2枠

12

4

5

57

15.4%

20.5%

26.9%

100

61

3枠

5

9

7

62

6.0%

16.9%

25.3%

37

60

4枠

6

5

6

71

6.8%

12.5%

19.3%

31

40

5枠

9

6

2

74

9.9%

16.5%

18.7%

57

38

6枠

6

9

9

70

6.4%

16.0%

25.5%

25

68

7枠

10

5

6

92

8.8%

13.3%

18.6%

52

50

8枠

2

6

9

102

1.7%

6.7%

14.3%

11

46

 

2枠の勝率が飛び抜けており、回値も100となり、有利な枠となっています。

 

長距離戦はコースロス少なく立ち回ることが重要であるとうかがえます。

 

そのため距離ロスが大きい大外枠の8枠は極端に不利な枠となっています。

 

 

まとめ

 狙い目は以下の通りです。

①アドマイヤジャパン産駒

②騎手は、池添謙一と蛯名正義

③枠は、2枠が圧倒的に有利

トップへ戻る