競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

京都ダート1800mコースの傾向、強い血統、騎手、枠

 

中山のコースよりも軽い馬場となっており、先行馬がペースを握り、軽快に逃げるレースがよく見られます。逃げ馬を中心とした展開に注目したいコースです。

(データ集計期間:2014/10/1~2016/9/30)

 

京都 ダート1800mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

83

73

87

897

7.3%

13.7%

21.3%

92

79

ミスプロ系

73

70

57

551

9.7%

19.0%

26.6%

64

95

ノーザンダンサー系

29

27

40

355

6.4%

12.4%

21.3%

166

94

他ターントゥ系

13

28

19

267

4.0%

12.5%

18.3%

64

63

ナスルーラ系

13

16

13

174

6.0%

13.4%

19.4%

31

60

ニアークティック系

6

4

2

36

12.5%

20.8%

25.0%

67

78

 

ノーザンダンサー系の勝率が少し低めですが、単回値は100を超えて高く、人気を落としたときに好走していることがうかがえます。

 

 

京都 ダート1800mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

キングカメハメハ

33

15

18

120

17.7%

25.8%

35.5%

95

95

クロフネ

10

8

7

84

9.2%

16.5%

22.9%

116

58

ゴールドアリュール

9

5

6

98

7.6%

11.9%

16.9%

55

49

ディープスカイ

9

5

6

61

11.1%

17.3%

24.7%

123

119

プリサイスエンド

8

6

1

31

17.4%

30.4%

32.6%

70

58

カネヒキリ

8

3

3

35

16.3%

22.4%

28.6%

292

140

エンパイアメーカー

7

6

7

91

6.3%

11.7%

18.0%

76

58

アグネスデジタル

6

5

5

31

12.8%

23.4%

34.0%

106

88

ワイルドラッシュ

6

4

2

36

12.5%

20.8%

25.0%

67

78

ステイゴールド

6

1

3

35

13.3%

15.6%

22.2%

88

86

 

カネヒキリ産駒の勝率と回値が高く、好成績を残しています。

 

ディープスカイ産駒の率は目立つものではありませんが回値は100を超えており、しっかりと押さえておきたいところです。

 

一方、ゴールドアリュール産駒とエンパイアメーカー産駒については、率と回値とも低く振るいません。

 

 

京都 ダート1800mのレコード、平均タイム

レコードは1分47秒8、勝ち馬の平均タイムは1分53秒0です。降雨によって馬場が湿った場合は芝並みのスピードが要求される場合があります。

 

 

京都 ダート1800mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

武豊

13

16

4

46

16.5%

36.7%

41.8%

71

71

岩田康誠

12

15

26

75

9.4%

21.1%

41.4%

51

136

幸英明

11

11

16

111

7.4%

14.8%

25.5%

48

76

小牧太

11

11

5

67

11.7%

23.4%

28.7%

59

80

川田将雅

11

10

15

62

11.2%

21.4%

36.7%

43

69

浜中俊

11

8

7

40

16.7%

28.8%

39.4%

159

138

M.デムーロ

11

4

1

27

25.6%

34.9%

37.2%

133

61

和田竜二

9

16

10

106

6.4%

17.7%

24.8%

22

78

ルメール

9

3

6

23

22.0%

29.3%

43.9%

53

104

太宰啓介

8

2

8

88

7.5%

9.4%

17.0%

65

63

 

浜中俊の回値が100を超え、率も水準以上の結果を残しており、このコースを得意としています。

 

M.デムーロとルメールの勝率は高くなっていますが、M.デムーロは複回値が低いため勝つか負けるか単勝1着固定、ルメールは単回値が低いため連下候補という状況です。

 

 

京都 ダート1800mで有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

24

17

24

229

8.2%

13.9%

22.1%

43

57

2枠

23

15

30

246

7.3%

12.1%

21.7%

90

88

3枠

18

32

26

263

5.3%

14.7%

22.4%

48

79

4枠

17

28

31

289

4.7%

12.3%

20.8%

67

80

5枠

31

31

24

300

8.0%

16.1%

22.3%

193

125

6枠

37

27

36

304

9.2%

15.8%

24.8%

88

80

7枠

34

28

24

333

8.1%

14.8%

20.5%

86

76

8枠

34

40

23

332

7.9%

17.2%

22.6%

78

68

 

5枠の率が他の枠より高めで、単回値が100を超えていますので、有利な枠となっています。

 

一方、3枠は勝率と回値が低めであり不利な枠となっています。

 

 

まとめ

狙い目は次の通りです。

 

①カネヒキリ産駒とディープスカイ産駒

②騎手は、浜中俊

③枠は、5枠が有利

トップへ戻る