競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

京都 ダート1900mコースの傾向、強い血統、騎手、枠

 

スタートから1コーナーまで400m弱あり、ダート戦としてはゆったりとした流れになる傾向があります。先団に付けてしっかり足を伸ばす馬が狙い目です。

(データ集計期間:2014/10/1~2016/9/30)

 

京都 ダート1900mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

19

24

30

162

8.1%

18.3%

31.1%

114

91

ミスプロ系

11

10

6

113

7.9%

15.0%

19.3%

85

49

他ターントゥ系

6

7

6

72

6.6%

14.3%

20.9%

378

109

ノーザンダンサー系

6

3

2

53

9.4%

14.1%

17.2%

156

41

ナスルーラ系

4

2

2

29

10.8%

16.2%

21.6%

687

194

 

ナスルーラ系は勝率と回値が高く、このコースを得意としています。

 

他ターントゥ系(サンデーサイレンス系を除くターントゥ系)の率は低くなっていますが、回値が高く、人気薄でも好走しています。

 

 

京都 ダート1900mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

キングカメハメハ

4

5

3

36

8.3%

18.8%

25.0%

144

71

ゼンノロブロイ

4

2

3

20

13.8%

20.7%

31.0%

158

87

ゴールドアリュール

3

5

5

19

9.4%

25.0%

40.6%

377

138

ディープスカイ

3

1

1

10

20.0%

26.7%

33.3%

94

72

ネオユニヴァース

2

1

3

8

14.3%

21.4%

42.9%

106

69

マヤノトップガン

2

1

2

9

14.3%

21.4%

35.7%

78

141

タイムパラドックス

2

1

1

4

25.0%

37.5%

50.0%

247

122

アグネスデジタル

2

0

2

9

15.4%

15.4%

30.8%

70

77

シニスターミニスター

2

0

0

5

28.6%

28.6%

28.6%

320

82

キンシャサノキセキ

2

0

0

3

40.0%

40.0%

40.0%

502

302

 

タイムパラドックス産駒とキンシャサノキセキ産駒が率と回値ともに高く、このコースでは狙いたいところです。

 

そのあとに、ゴールドアリュール産駒が続いています。アグネスデジタル産駒は回値が低く、本命にはし辛い状況です。

 

 

京都 ダート1900mのレコード、平均タイム

レコードは1分53秒7、勝ち馬の平均タイムは2分0秒2です。ダートコースとしては長めの距離であるため、最後はどれだけ前で粘れるかがポイントとなります。

 

 

京都 ダート1900mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

松山弘平

5

2

2

16

20.0%

28.0%

36.0%

162

90

福永祐一

4

1

2

7

28.6%

35.7%

50.0%

162

101

和田竜二

3

2

2

21

10.7%

17.9%

25.0%

35

51

小牧太

3

1

0

15

15.8%

21.1%

21.1%

252

193

岩田康誠

2

4

5

16

7.4%

22.2%

40.7%

22

88

秋山真一郎

2

2

2

7

15.4%

30.8%

46.2%

176

140

ルメール

2

1

1

7

18.2%

27.3%

36.4%

106

57

池添謙一

2

1

0

7

20.0%

30.0%

30.0%

287

65

太宰啓介

2

0

1

22

8.0%

8.0%

12.0%

36

27

川田将雅

1

5

4

10

5.0%

30.0%

50.0%

41

98

 

福永祐一の率と回値が高く、このコースを得意としています。

 

続くのが、小牧太と秋山真一郎であり、率は見劣りますが高い回値となっており、押さえておきたいところです。

 

一方、和田竜二と岩田康誠については、勝率と連対率、回値ともに低く、積極的に馬券は買い辛い状況となっています。

 

 

京都 ダート1900mで有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

6

7

3

42

10.3%

22.4%

27.6%

610

162

2枠

4

3

7

47

6.6%

11.5%

23.0%

46

62

3枠

4

3

5

49

6.6%

11.5%

19.7%

50

57

4枠

5

5

7

50

7.5%

14.9%

25.4%

104

61

5枠

4

4

6

60

5.4%

10.8%

18.9%

45

50

6枠

7

8

4

63

8.5%

18.3%

23.2%

377

141

7枠

10

6

8

60

11.9%

19.0%

28.6%

173

77

8枠

6

10

6

69

6.6%

17.6%

24.2%

126

59

 

1枠が勝率と回値ともに高く、有利な枠となっています。

 

距離ロスの少なさがポイントとなっているようです。

 

それに続くのが6枠です。

 

外枠の7枠と8枠の回値が高く、揉まれ弱い馬が外枠に入った場合は、人気に関係なく狙ってみてもよいでしょう。

 

 

まとめ

狙い目は以下の通りです。

 

①タイムパラドックス産駒、キンシャサノキセキ産駒、ゴールドアリュール産駒

②騎手は、福永祐一、小牧太、秋山真一郎

③枠は、1枠と6枠が有利

トップへ戻る