競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

中山芝1200mコースの傾向、強い血統、レコードタイム、騎手、枠

 スプリンターズステークスが行われるコースです。

 

3コーナの奥がスタートになっており、3コーナのポジション取りのために、スタート直後からハイペースになりがちです。

(データ集計期間:2014/10/1~2016/9/30)

 

中山 芝1200mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

33

27

25

291

8.8%

16.0%

22.6%

110

83

ミスプロ系

9

15

9

152

4.9%

13.0%

17.8%

57

72

ノーザンダンサー系

8

12

13

122

5.2%

12.9%

21.3%

39

84

ナスルーラ系

7

4

10

105

5.6%

8.7%

16.7%

145

86

他ターントゥ系

4

3

4

62

5.5%

9.6%

15.1%

78

60

 

サンデーサイレンス系の中でもスピード馬、ナスルーラ系でも短距離タイプが好走しています。

 

ノーザンダンサー系は複回値が低い一方単回値が高く、馬券には絡みますが勝ち切れていない状況がうかがえます。

 

 

中山 芝1200mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

ダイワメジャー

6

4

3

53

9.1%

15.2%

19.7%

55

45

アドマイヤムーン

3

6

2

19

10.0%

30.0%

36.7%

83

127

キンシャサノキセキ

3

3

2

22

10.0%

20.0%

26.7%

38

92

サクラプレジデント

3

3

0

12

16.7%

33.3%

33.3%

108

116

フジキセキ

3

2

0

13

16.7%

27.8%

27.8%

63

57

サクラバクシンオー

3

1

5

44

5.7%

7.5%

17.0%

26

66

ディープインパクト

3

0

1

12

18.8%

18.8%

25.0%

101

49

スウェプトオーヴァーボード

2

2

1

16

9.5%

19.0%

23.8%

122

58

バゴ

2

1

2

6

18.2%

27.3%

45.5%

940

289

クロフネ

2

1

2

10

13.3%

20.0%

33.3%

170

150

 

サクラプレジデント産駒、バゴ産駒、クロフネ産駒の出走数は少ないですが、単回値と複回値が高くなっています。

 

意外とサクラバクシンオー産駒の成績が良くありません。

 

 

中山 芝1200mのレコード、平均タイム

 レコードタイムは1分7秒8、集計期間の勝ち馬の平均タイムは1分8秒9です。

 

クラスによって勝ちタイムにあまり差がなく、芝1200mを1分8秒台で乗り切るスピードが求められます。

 

 

中山芝1200mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

横山典弘

7

3

3

18

22.6%

32.3%

41.9%

94

111

戸崎圭太

6

7

4

23

15.0%

32.5%

42.5%

79

93

柴田大知

4

3

3

27

10.8%

18.9%

27.0%

138

100

蛯名正義

3

2

3

21

10.3%

17.2%

27.6%

51

73

柴田善臣

3

1

5

23

9.4%

12.5%

28.1%

141

96

北村宏司

3

1

2

15

14.3%

19.0%

28.6%

182

88

松岡正海

2

3

2

19

7.7%

19.2%

26.9%

406

165

吉田豊

2

3

0

30

5.7%

14.3%

14.3%

242

84

柴山雄一

2

2

2

25

6.5%

12.9%

19.4%

43

54

三浦皇成

2

2

1

24

6.9%

13.8%

17.2%

73

48

 

横山典弘の勝率が飛び抜けています。

 

時に後方一気の勝ち方をするなど、コース特性を完全に手の内に入れています。

 

柴田大知、松岡正海は率が目立って高いわけではありませんが、単回値と複回値が高いことから、穴馬を勝たせている様子がうかがえます。

 

 

中山 芝1200mで有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

7

8

6

83

6.7%

14.4%

20.2%

62

58

2枠

6

11

3

86

5.7%

16.0%

18.9%

75

69

3枠

5

10

11

87

4.4%

13.3%

23.0%

34

89

4枠

6

5

15

94

5.0%

9.2%

21.7%

105

98

5枠

7

10

8

96

5.8%

14.0%

20.7%

156

110

6枠

16

6

8

93

13.0%

17.9%

24.4%

81

96

7枠

5

6

7

106

4.0%

8.9%

14.5%

91

66

8枠

10

6

5

103

8.1%

12.9%

16.9%

91

47

 

勝率では6枠、単回値と複回値では5枠のように、真ん中より少し外目の枠が有利となっています。

 

1枠は短距離の内枠のイメージ程、有利な枠とはなっていません。

 

最短距離で走る事よりも、先行激化でもまれる不利の方が大きくなっています。

 

 

まとめ

狙いは、以下の通りとなります。

 

①サクラプレジデント産駒、バゴ産駒、クロフネ産駒。

②騎手は、横山典弘を中心に考える。柴田大知、松岡騎乗の穴馬。

③真ん中より少し外枠。1枠は意外と不利。

トップへ戻る