競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2017-2018】 アドマイヤムーン産駒注目馬の10頭紹介!【評判・特徴・種付け料・頭数・一口価格】

出典:wikipedia

 

アドマイヤムーン産駒は短距離でスピードを生かす競馬を得意としています。

 

アドマイヤムーンの父エンドスウィープも良質のスピードを産駒に受け継いでいたので、これは父系の良さを産駒に伝えていると言えそうです。

 

そのため早い時期から活躍できる産駒が多く、POGでも即戦力候補としてアドマイヤムーン産駒を選択するのもアリでしょう。

 

種付け料は2017年度が150万円となっており、毎年100頭前後に種付けを行っています。

 

確実性の高い種牡馬で一口クラブでもリーズナブルな価格設定なので、満口となる産駒も少なくありません。

 

POG2017-2018 アドマイヤムーン注目の産駒10頭

2017年のPOGで押さえておきたいアドマイヤムーン産駒を10頭ご紹介します。

 

1. ゲットオーバー 牡

父:アドマイヤムーン 母:ウィザウトアトレイス 母父:Darshaan

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:前田幸治 厩舎:高橋義忠(栗東)

 

母系は重厚な欧州血統となっており、パワーを内包した一族と言えそうです。

 

アドマイヤムーンが父となり、パワーに加えてスピード能力も兼備するような血統構成となっています。

 

馬場状態に関係なく能力を発揮してくれることでしょう。

 

2. ムーンリットエルフ 牡

父:アドマイヤムーン 母:スウィートエルフ 母父:タマモクロス

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 厩舎:青木孝文(美浦)

 

タマモクロスやダンシングブレーヴなどパワーに溢れた母系で、兄姉はダートで勝利を挙げています。

 

本馬はアドマイヤムーン産駒ということもあり、これまでの兄姉よりはスピード色が強く出てくるのではないでしょうか。

 

3. ムーンフォース 牡

父:アドマイヤムーン 母:タニノピカンテ 母父:カーネギー

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング 厩舎:岩戸孝樹(美浦)

 

兄姉から活躍馬は出ていませんが、父系に入ったサンデーサイレンスと母父カーネギーという血統構成はモーリスと同じになります。

 

短距離が主戦場となるでしょうが、血統の持つ爆発力が最大限に生かされれば、モーリス級の大物に育つ可能性もゼロではないでしょう。

 

4. ウインルーカス 牡

父:アドマイヤムーン 母:メリーランドガール 母父:Quiet American

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:ウイン 厩舎:寺島良(栗東)

 

近年の米国競馬で活躍馬を多数輩出しているファピアノ系出身の母系で、ダート色の強い一族と言えそうです。

 

父がアドマイヤムーンとなった本馬は、芝ダートを問わずスピードを生かす競馬が合っていそうです。

 

5. ネル 牡

父:アドマイヤムーン 母:プリティカポレイ 母父:クロフネ

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:ユアストーリー 厩舎:安田隆行(栗東)

 

祖母はフラワーカップを勝ったタイムフェアレディで、母はダートで3勝を挙げました。

 

母父のクロフネ産駒は仕上がりが早く短距離戦で好成績を残しており、アドマイヤムーン産駒の本馬も芝でスピードを生かすレースも十分可能でしょう。

 

仕上がり次第では早期デビュー候補としてPOGで指名しても面白い存在と言えそうです。

 

6. ココロザシ 牡

父:アドマイヤムーン 母:リーベストラウム 母父:ゼンノエルシド

兄姉:ストーミーシー 馬主:ミルファーム 厩舎:斎藤誠(美浦)

 

全兄にニュージーランドトロフィー2着のストーミーシーがいて、本馬もマイル以下の距離を主戦場とすることでしょう。

 

デビューが7月の福島だった兄と同じように早い時期から活躍してくれることでしょう。

 

7. カトレア 牝

父:アドマイヤムーン 母:バーンダンス 母父:マルゼンスキー

兄姉:デンシャミチ 馬主:石川達絵 厩舎:松下武士(栗東)

 

半兄のデンシャミチは京王杯2歳ステークスの勝ち馬です。

 

母のバーンダンスはマルゼンスキーの持つ良質のスピードを内包しており、アドマイヤムーンの血によって、重賞級のスピードを持った競走馬に成長する下地を持っている点が本馬の魅力です。

 

8. ジョーサブレ 牡

父:アドマイヤムーン 母:ジョーフージョン 母父:オペラハウス

兄姉:ジョーアラタ 馬主:上田けい子 厩舎:中竹和也(栗東)

 

半兄に準オープンのジョーアラタがいます。

 

母系はオペラハウス、バンブーアトラスとステイヤー色の強い種牡馬が名を連ねており、一概に短距離一辺倒とは言えないかもしれません。

 

アドマイヤムーンの持つスピードが母系の持つスタミナとどのような調和を見せるのか興味深い1頭です。

 

9. ムーンライズ 牝

父:アドマイヤムーン 母:セントフロンティア 母父:Danehill

兄姉:ヒーラ 馬主:平井裕 厩舎:田村康仁(美浦)

 

半姉に準オープンのヒーラがいます。

 

母系はデインヒル由来のスピードを内包しており、母も良質のスピードを持つ種牡馬と相性が良さそうです。

 

父がアドマイヤムーンとなり、母の持つスピードをこれまで以上に引き出す血統構成になっていると言えるでしょう。

 

10. プライマル 牝

父:アドマイヤムーン 母:コンポステラ 母父:Empire Maker

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:ノースヒルズ 厩舎:田中剛(美浦)

 

母系はエンパイアメーカーやマウントリヴァーモアなど、日本でも活躍馬を送り出す米国の一流種牡馬が名を連ねています。

 

アドマイヤムーンは米国系繁殖牝馬と比較的相性が良いので、本馬はアドマイヤムーン産駒の成功パターンと言えるかもしれません。

 

 

まとめ

毎年、始動の速い産駒を輩出するアドマイヤムーン産駒はPOGの戦略を考える上で重要な役割を果たしてくれそうです。

 

完成度の高い産駒も多いので、隠れた大物を探すのも面白いのではないでしょうか。

トップへ戻る