競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2017-2018】 ゴールドアリュール産駒注目馬の10頭紹介!【評判・特徴・種付け料・頭数・一口価格】

出典:wikipedia

 

ダートの大物を次々と輩出し、2017年もゴールドドリームがフェブラリーステークスを制するなど、現在でも種牡馬としての勢いに陰りが見えません。

 

パワーとスピードの両方を兼ね備えた好馬体の産駒を多く送り出しています。

 

2017年の種付け料は300万円で、種牡馬入りしてからは毎年100頭以上の種付けを行い、200頭を超える種付けを行った年もあったほど高い人気を誇っています。

 

産駒は社台系のクラブでも毎年募集されますが、価格は決して高すぎるという訳ではなく、中には低価格で募集される産駒もいます。

 

POG2017-2018 ゴールドアリュール注目の産駒10頭

2017年のPOGで押さえておきたいゴールドアリュール産駒を10頭ご紹介します。

 

1. メジャーラプソディ 牝

父:ゴールドアリュール 母:キャッチータイトル 母父:オペラハウス

兄姉:メジャーエンブレム 馬主:サンデーレーシング 厩舎:田村康仁(美浦)

 

半姉にNHKマイルカップと阪神ジュヴェナイルフィリーズを制したメジャーエンブレムがいます。

 

母父がオペラハウスということで長距離志向の強い母系に思えますが、メジャーエンブレムが登場したように父の良さを引き出すファミリーのようです。

 

ゴールドアリュールの産駒はダートに良績が集中していますが、本馬は兄姉のように芝でも十分勝負できる可能性を秘めています。

 

2. ゴライアス 牡

父:ゴールドアリュール 母:ジョウノファミリー 母父:キングカメハメハ

兄姉:ライジングリーズン 馬主:サンデーレーシング 厩舎:高木登(美浦)

 

半姉にフェアリーステークスを制したライジングリーズンがいます。

 

母系からはブルーコンコルドが出ており、ダートで底力を発揮するファミリーの出身です。

 

父がゴールドアリュールとなって、その底力をさらに期待できるダートホースに成長してくれるでしょう。

 

3. ゴールドホイッスル 牡

父:ゴールドアリュール 母:リングジアラーム 母父:スウェプトオーヴァーボード

兄姉:クライリング 馬主:社台レースホース 厩舎:高野友和(栗東)

 

半姉にローレル賞を制したクライリングがいます。

 

米国在来のダート血統にスウェプトオーヴァーボードが組み合わさった母系は、パワーとスピードの両方を兼ね備えていると言えるでしょう。

 

本馬はゴールドアリュール産駒らしいパワーを発揮してくれることでしょう。

 

4. リリーコサージュ 牝

父:ゴールドアリュール 母:リリアーレ 母父:キングカメハメハ

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:社台レースホース 厩舎:橋口慎介(栗東)

 

母系はセールでも毎年のように高額馬を送り出している名門ファミリーです。

 

本馬はゴールドアリュールと母父キングカメハメハ由来のパワーを感じさせる好馬体をしており、パワフルな走りをする競走馬に成長してもらいたいです。

 

5. メリッサーニ 牝

父:ゴールドアリュール 母:ダイワオンディーヌ 母父:クロフネ

兄姉:ケツァルテナンゴ 馬主:G1レーシング 厩舎:笹田和秀(栗東)

 

半兄にオープンで活躍したケツァルテナンゴがいます。

 

ケツァルテナンゴは素晴らしい瞬発力を持った競走馬でしたが、本馬はダート色の強い母系ということもあり、ダートが主戦場となりそうです。

 

ゴールドアリュールとクロフネのパワーを全面に出せれば、ダート戦線でかなり活躍してくれることでしょう。

 

6. プロネルクール 牝

父:ゴールドアリュール 母:グラッブユアハート 母父:Deputy Commander

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:G1レーシング 厩舎:千田輝彦(栗東)

 

母のグラッブユアハートはダート戦線で活躍し、交流重賞を制するなど一流のダートホースでした。

 

本馬はその母とゴールドアリュールの間に生まれたこともあり、かなりのダート適正を秘めていることでしょう。

 

母が成し遂げられなかったG1制覇を本馬に期待したいところです。

 

7. ウェルカムゴールド 牡

父:ゴールドアリュール 母:マチカネチコウヨレ 母父:Deputy Minister

兄姉:マチカネニホンバレ 馬主:キャロットファーム 厩舎:吉田直弘(栗東)

 

半兄にエルムステークスを制したマチカネニホンバレがいます。

 

母系はクロフネに代表されるヴァイスリージェント系で、サンデーサイレンス系種牡馬との相性の高さは今更説明する必要はないでしょう。

 

ダートが主戦場となるでしょうが、活躍馬を多く輩出する配合なので、本馬の活躍も約束されたものかもしれません。

 

8. スーブレット 牝

父:ゴールドアリュール 母:フラーテイシャスミン 母父:Mr. Greeley

兄姉:ベストウォーリア 馬主:シルクレーシング 厩舎:石坂正(栗東)

 

半兄に南部杯を連覇したベストウォーリアがいます。

 

母の産駒はダートで好成績を残しており、本馬もダートでの活躍が期待されます。

 

母系は短距離志向の強い血統構成なので、本馬の距離適性もマイル以下となってくるのではないでしょうか。

 

9. ゴルトグルーベ 牡

父:ゴールドアリュール 母:ヴァリアントレディ 母父:ウォーエンブレム

兄姉:目立った活躍馬なし 馬主:吉田照哉 厩舎:中竹和也(栗東)

 

貴重なウォーエンブレム牝馬を母に持つ本馬は、ダートでこそ真骨頂を発揮する競走馬となるでしょう。

 

ウォーエンブレムの血を持つ競走馬の例は多くありませんが、勝ち上がり率は比較的高く、潜在能力を秘めた血と言えます。

 

本馬もゴールドアリュールの血により、潜在的なダート適正の高さを最大限に引き出されるのではないでしょうか。

 

10. グーテンターク 牡

父:ゴールドアリュール 母:ジンジャーミスト 母父:Bernardini

兄姉:初仔 馬主:馬場幸夫 厩舎:石坂正(栗東)

 

母系からはルージュバックが出ており、注目度が年々高まっているファミリーの出身です。

 

母父のBernardiniはプリークネスステークスの勝ち馬で、圧倒的なパワーとスピードで米国競馬界のトップに君臨しました。

 

母系が持つスピードとパワーがゴールドアリュールによって引き出されれば、ビッグレースを制することも不可能ではないはずです。

 

 

まとめ

多くの活躍馬を輩出してきたゴールドアリュールですが、2017年に亡くなってしまいました。

 

残された産駒からさらなる大物が登場することを期待して、POGで指名するのも良いかもしれません。

トップへ戻る