競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

京都芝2200mコースの傾向、強い血統、騎手、枠

 

外回りコースを使用します。

 

スタートは内回りの4コーナー付近で、1コーナーまで距離があるため、ゆったりとしたペースで流れます。

 

ペースが上がるゴール前の直線には上り坂がないため、先行押切りのパターンが多いコースです。

(データ集計期間:2014/10/1~2016/9/30)

 

京都 芝2200mに強い血統

父系統

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

サンデーサイレンス系

19

18

19

184

7.9%

15.4%

23.3%

138

82

ノーザンダンサー系

7

5

3

50

10.8%

18.5%

23.1%

50

48

ミスプロ系

4

5

6

40

7.3%

16.4%

27.3%

51

68

ナスルーラ系

2

1

2

35

5.0%

7.5%

12.5%

29

32

他ターントゥ系

0

3

2

24

0.0%

10.3%

17.2%

0

210

 

サンデーサイレンス系が水準以上の率を残し、単回値が100を超えていることから、このコースを得意としていることがうかがえます。

 

一方、勝率と連対率ともサンデーサイレンス系を上回るノーザンダンサー系ですが、回値が低く、人気に応えられていない状況です。

 

 

京都 芝2200mと相性の良い種牡馬

種牡馬

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

ディープインパクト

8

4

9

29

16.0%

24.0%

42.0%

151

94

キングカメハメハ

3

5

1

26

8.6%

22.9%

25.7%

68

62

ハービンジャー

3

3

1

20

11.1%

22.2%

25.9%

42

65

ステイゴールド

3

2

5

19

10.3%

17.2%

34.5%

323

240

ダイワメジャー

3

0

0

4

42.9%

42.9%

42.9%

2094

350

ジャングルポケット

2

0

2

14

11.1%

11.1%

22.2%

66

61

ハーツクライ

1

8

1

32

2.4%

21.4%

23.8%

5

68

マンハッタンカフェ

1

1

0

17

5.3%

10.5%

10.5%

23

17

ホワイトマズル

1

1

0

2

25.0%

50.0%

50.0%

70

60

デュランダル

1

0

1

1

33.3%

33.3%

66.7%

46

80

 

ステイゴールド産駒とダイワメジャー産駒が率と回値ともに好成績を残し、このコースを得意としています。

 

ディープインパクト産駒も複回値が若干100を下回りますが、コース適性の高さを示しています。

 

一方、ハーツクライ産駒とマンハッタンカフェ産駒は、率回値とも低く、相性が良くありません。

 

 

京都 芝2200mのレコード、平均タイム

 レコードは2分10秒0、勝ち馬の平均タイムは2分13秒7です。

 

勝ち馬の平均上がりタイムは34秒4であり、前半はゆっくりと流れ、後半は瞬発力勝負となる傾向にあります。

 

 

京都 芝2200mが得意な騎手

騎手

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

岩田康誠

4

5

2

9

20.0%

45.0%

55.0%

64

84

ルメール

4

0

1

7

33.3%

33.3%

41.7%

127

76

藤岡佑介

3

2

2

7

21.4%

35.7%

50.0%

182

127

和田竜二

3

2

0

19

12.5%

20.8%

20.8%

177

53

武豊

2

2

3

8

13.3%

26.7%

46.7%

44

90

浜中俊

2

2

1

12

11.8%

23.5%

29.4%

28

102

川田将雅

2

1

2

14

10.5%

15.8%

26.3%

60

71

戸崎圭太

2

1

1

4

25.0%

37.5%

50.0%

131

111

福永祐一

1

2

2

7

8.3%

25.0%

41.7%

30

77

松山弘平

1

2

1

15

5.3%

15.8%

21.1%

29

78

 

藤岡佑介と戸崎圭太が率と回値ともに高く、このコースを得意としています。

 

ルメールは勝率と単回値が高くなっていますが、複回値が低めであり、勝つか負けるか両極端な結果となっています。

 

川田将雅と松山弘平は率と回値とも低く、このコースを苦手としているようです。

 

 

京都 芝2200mで有利な枠、不利な枠

枠番

1着

2着

3着

着外

勝率

連対率

複勝率

単回値

複回値

1枠

3

7

1

35

6.5%

21.7%

23.9%

256

100

2枠

8

0

4

36

16.7%

16.7%

25.0%

67

49

3枠

5

3

3

38

10.2%

16.3%

22.4%

36

55

4枠

2

6

5

36

4.1%

16.3%

26.5%

27

67

5枠

3

2

4

43

5.8%

9.6%

17.3%

25

86

6枠

4

3

4

45

7.1%

12.5%

19.6%

50

54

7枠

3

6

7

48

4.7%

14.1%

25.0%

244

140

8枠

4

5

4

53

6.1%

13.6%

19.7%

40

71

 

勝率が低めですが、連対率と複勝率、回値が高くなっている1枠と7枠が、馬券収支的には有利な枠となっています。

 

一方、率が高く回値が低い2枠と3枠は、人気程好走していないことがうかがえます。

 

本命にするのではなく、押さえとして馬券を組み立てた方がよさそうです。

 

 

まとめ

 狙い目は以下の通りです。

①ステイゴールド産駒、ダイワメジャー産駒、ディープインパクト産駒

②騎手は、藤岡佑介と戸崎圭太

③枠は、1枠と7枠

トップへ戻る