競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

馬連4頭、5頭ボックスの買い方!実際のレースによる具体例、実践例

3着になる可能性のある抜けた1番人気馬を加えたボックス買いが、1番安心感があって配当も期待出来る買い方だと思います。

 

馬連5頭ボックスの例

 

(具体例) 2016年8月14日(日)札幌12R報知杯大雪ハンデキャップ

 

★トップハンデ58.5kgでローカル競馬初になる4枠5番ゴールデンバローズが1番人気。3歳時にはUAEダービーで3着と実力、実績共に申し分ありませんが、トップハンデ58.5kgでローカル競馬初が懸念材料でした。

 

☆シンプルに1番人気ゴールデンバローズを加えた上位人気馬5頭の馬連ボックスを買います。

 

 

買い目(上位人気馬5頭の馬連ボックス)

5=13=8=11=2 上位人気順5頭の馬連ボックス計10点

 

 

結果

馬連

2-8 5,420円

 

(1点100円で計算)

投資額1000円

回収額5420円

回収率約542%

 

※1番人気4枠5番ゴールデンバローズはトップハンデ58.5kgや初のローカル競馬が影響したのか6着でした。1番人気のゴールデンバローズがコケた事と、ハンデ戦でオッズが割れていた為高配当になりました。

 

 

馬連4頭ボックス

 

(具体例) 2016年8月14日(日)小倉11R博多ステークス

 

★ローカル競馬初になる6枠6番バンドワゴンが1番人気。前走休み明けを快勝して3歳時には重賞でも勝ち負けしていた馬ですが、ローカル競馬初が気掛かりでした。

 

☆シンプルに1番人気バンドワゴンを加えた上位人気馬4頭の馬連ボックスを買います。

 

 

買い目(上位人気馬4頭の馬連ボックス)

6=8=9=1 上位人気順4頭の馬連ボックス計6点

 

 

結果

馬連

8-9 1,590円

 

(1点100円で計算)

投資額600円

回収額1590円

回収率約265%

 

※1番人気6枠6番バンドワゴンはスタートで出負けして本来の形ではない好位の内で溜める競馬。案の定伸びは見られず6着止まり。1番人気バンドワゴンが単勝1.6倍の断然人気になった為、2番人気と3番人気の決着でもそこそこの配当が付きました。

トップへ戻る