競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

馬単マルチ(表裏)の買い方、実際のレースでの具体例・実践例

確実に2着以内に入れそうな軸馬を選び、シンプルに可能性のある馬に流す買い方がベストだと個人的に思っています。

絞れればもちろん絞った方が良いと思うんですが、人気薄の馬が2着にくる可能性があるレースは広めに流してしまった方が良い場合もあります。

 

馬単マルチの買い方、具体例2つ

 

(具体例1) 2016年8月13日(土)小倉10R宮崎特別

 

★休み明けでも若葉S2着→皐月賞7着と大舞台で戦ってきた1番人気7枠7番ナムラシングンが軸

 

☆相手は10頭立てと小頭数なので総流ししてみます

 

 

買い目(7枠7番ナムラシングンから残り9頭に馬単1頭軸マルチ総流し)

 

7-1、2、3、4、5、6、8、9、10 馬単1頭軸マルチ総流し計18点

 

 

結果

 

馬単

7-4 2,720円

 

(1点100円で計算)

投資額1800円

回収額2720円

回収率約151%

 

9番人気6枠6番スズカビスタが2着なら馬単7-6で58.5倍でした。

 

 

 

(具体例2) 2016年8月14日(日)新潟10R豊栄特別

 

★春には重賞戦線で活躍していた1番人気8枠18番ロワアブソリューが軸

 

☆相手はハンデ戦で難しいので総流し

 

 

買い目(8枠18番ロワアブソリューから残り17頭に馬単1頭軸マルチ総流し)

 

18-1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、17 馬単1頭軸マルチ総流し計34点

 

 

結果

 

馬単

18-17 4,490円

 

(1点100円で計算)

投資額3400円

回収額4490円

回収率約132%

 

9番人気5枠9番エスティタートが2着なら馬単18-9で53.5倍でした。

 

>> 競馬の馬単とは?ボックス・マルチ・フォーメーション・流しのおすすめな買い方と必勝法。馬連との違いは?

トップへ戻る