競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

金沢競馬専門紙!ホクリク競馬紙面の特徴やおすすめ記者を紹介

北陸地方でただ1つの競馬場・金沢競馬のレース情報を提供している競馬専門紙『ホクリク競馬』をピックアップします!

 

金沢競馬では、スマートファルコンやニホンピロアワーズといったG1ホースが勝ち馬として名を連ねている白山大賞典(G3)などのレースが開催されています。

 

そんな金沢競馬の馬券攻略の必須アイテムともいわれているホクリク競馬とはどんな競馬新聞なのでしょうか。

 

紙面の見方や特徴をご紹介するのはもちろん、予想力が高いおすすめの記者の話題もお届けしますので、どうぞお楽しみに!

 

ホクリク競馬とは?

1948年(昭和23年)に創刊されたホクリク競馬。

2018年には創刊70年という節目を迎えます。

 

創刊当初は福井競馬(1961年廃止)専門の競馬新聞だったのですが、後に金沢競馬のレース情報を紙面に組み込むようになり、今では金沢競馬観戦の必須アイテムとして重宝されるようになりました。

 

ホクリク競馬は1部600円で、金沢競馬場や場外馬券場、競馬場付近の駅売店・コンビニで販売されています。

 

 

ホクリク競馬の紙面の特徴は?

ホクリク競馬は表紙が特徴的で、トラックマンが絶対の自信を持つ勝負レースの買い目と、穴馬券が好きなファンに向けての人気薄の馬を推奨するコーナーが掲載されています。

 

勝負レースの買い目として挙げられるレースは上位人気馬同士の決着になる可能性が高いので、無理な穴狙いをするのではなく、上位人気馬で確実に当てていきましょう。

 

また、人気薄の馬を推奨するコーナーで取り上げられたレースは波乱決着になる可能性が高く、あっと驚く大波乱になることもありますので、思い切った馬券で勝負してみましょう。

 

馬柱もとても見やすい構成になっていて、「展開寸評」のコーナーではそれぞれのレース展開を的確に分析し、展開に合う馬と合わない馬を分かりやすく表記しています。

 

「レース展開を読むのが苦手…」という方は展開寸評のコーナーをしっかり読み込んでおいてくださいね。

 

 

ホクリク競馬のおすすめ記者を紹介!

ホクリク競馬の記者の中で特におすすめなのが西村直哉記者です。

 

上位人気馬の実力を信じて1着固定の馬単で勝負することを得意としている西村直哉記者なのですが、危険な人気馬がいる場合は思い切った穴狙いをすることもある、というバランス型の予想を展開します。

 

西村直哉記者が穴狙いの予想印をつけている時は波乱確実とみて大丈夫なので、どの馬に「◎」や「○」などの重い印をつけているのかを毎度チェックしてくださいね。

 

 

まとめ

金沢競馬は出走頭数が少なめで、上位人気馬同士の決着になる可能性が高いのですが、出走馬の実力が拮抗している時は予想外の波乱になることもある、という馬券妙味満点の競馬場です。

 

バランス型の予想を披露する西村直哉記者をはじめ、ホクリク競馬には優秀なトラックマンがそろっていますから、ホクリク競馬の紙面を参考にして金沢競馬の馬券を次々に的中させていきましょう!

 

無料の金沢競馬新聞を読むならオッズパーク!

オッズパークでは、無料で金沢競馬新聞を手に入れることができます。

 

気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

トップへ戻る