競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

競馬ブックのオンラインサービスとは?競馬ブックweb・webライト・スマート・onlineを比較して紹介

タグ: 競馬ブック

競馬ブックをご存じでしょうか。競馬ブックとは株式会社ケイバブック(本社・滋賀県栗東市)が発行している競馬新聞、競馬書籍を発行している会社ですね。

 

紙や冊子としての競馬ブックはコンビニや書店で手軽に手に入りますが、競馬ブックにweb版があるのはご存じでしょうか?

 

Web版の競馬ブックには

 

・競馬ブックweb

・競馬ブックwebライト

・競馬ブックsmart

・競馬ブックonline

 

と、細かく分けると4種類存在します。

 

ここでは、web版の競馬ブックがどのようなものなのかを解説していきます。

 

競馬ブックweb【月額3000円(税別)】

紙面の内容はもちろんのこと、調教動画や厩舎のコメント、フォトパドックなども確認できます。また、ネットで馬券を購入される方はネットで馬券の情報を得ながら情報をキャッチできるのもweb版の長所でしょう。新聞や冊子をコンビニ等に買いに行く手間が省けるのも何気に利点ですね。

 

気になるのは料金でしょう。

 

月額3000円は有料競馬情報サイトの中でも高額の部類に入りますが、取り扱っている情報は数ある情報サイトの中でもトップクラスです。

 

また、競馬情報会社大手のサービスなので安心して利用できるのもメリットですね。

 

提供している情報で突出しているのは調教動画を見ることができることです。Web版ならではのサービスで、調教タイムや併せ馬はもちろんのこと、調教の解説も掲載されているのでより詳しく内容に触れることができます。

 

データ面も豊富で、トラックマンも支持するほどの情報量を持ちます。全てのレースのタイム、ラップはもちろんのこと、レース前後の関係者のコメントも見ることができます。

 

開催当日の情報の更新も早く、例えば馬場情報や出走馬の変更といった情報もリアルタイムで更新されます。

 

レースが開催されてない日も競馬情報を豊富に扱っていて競馬情報を毎日知りたい人にとってはうってつけといえます。

 

競馬ブックwebライト【月額1000円(税別)】

競馬ブックwebよりは手ごろな値段ですがその分利用できる情報量は少ないです。

 

例えば競馬ブックwebでは見られる調教動画が競馬ブックwebライトでは最新の調教動画3本しか見られません。このように競馬ブックwebと比較するとどうしても情報量は見劣りします。

 

しかしながら競馬ブックwebと比較して情報量が少ないだけであって、競馬の情報サイトの中ではかなり多く取り扱われています。各馬のデータベース、出走馬の調教タイム等は競馬ブックwebライトでも確認できます。

 

要約すると競馬ブックwebライトは競馬ブックwebの体験版のようなものと思っていただけたらいいでしょう。

 

競馬ブックwebの雰囲気は競馬ブックwebライトでも触れることができるので競馬ブックwebに興味はあるけれど月額3000円に抵抗のある方はまずは廉価版である競馬ブックwebライトから触れられるのをお勧めします。

 

競馬ブックsmart【月額:Android=300円(税別)、iPhone=480円(税込)】

一言でいうとスマホ版の競馬ブックです。スマホで競馬ブックのアプリをインストールすることでアプリから情報を得ることができます。

 

なんといっても競馬ブックwebに比べて価格が10倍近く安いのが最大の特徴でしょう。

 

スマホ版なので外出先でも情報が得られるのもよいですよね。出馬表、オッズ、コンピュータ予想といった情報も競馬ブックsmartで確認することができますしトラックマンの直前予想といった競馬ブックならではのコンテンツも楽しめます。

 

また、競馬ブックsmartは中央競馬と同じくらい地方競馬の情報量も豊富です。中央だけではなく地方競馬も楽しみたい人にはうってつけかもしれません。

 

なお、競馬ブックsmartの料金はandroidとiphoneで違います。気を付けてください。

 

競馬ブックonline【月額300円(税別)】

一言でいうなら競馬ブックsmartのガラケー版です。

 

スマホの普及からそこまで需要があるかというと微妙なところですね。

 

出走馬や調教タイムといった競馬ブックsmartで見ることのできる情報はこちらでも確認できます。

 

その他、レース直前のパドック情報、開催直前の競馬ブック直前情報、当日の馬場の変更情報等もメール設定できます。

 

競馬ブックsmartでできることは競馬ブックonlineでもできると思っていただいていいでしょう。

 

各サービスの比較

 

競馬ブックweb     パソコン  月額3000円(税別)

競馬ブックwebライト  パソコン  月額1000円(税別)

競馬ブックsmart    スマホ   月額300円~(税別)480円(税込)

競馬ブックonline    モバイル  月額300円(税別)

 

自宅で予想をするのであれば競馬ブックwebか競馬ブックwebライトの2択になりますね。あとは情報量と料金次第で競馬ブックweb、競馬ブックwebライトを切り替えていく感じになります。

 

外出先で競馬ブックが提供しているコンテンツを利用するのであれば競馬ブックsmartか競馬ブックonlineとなります。こちらはスマホかモバイルかによって変わってきますね。

 

自宅でも外出先でも競馬ブックのコンテンツに触れたい人は競馬ブックweb(もしくは競馬ブックwebライト)と競馬ブックsmart(もしくは競馬ブックonline)を両方契約している人もいます。

 

コンピュータ予想

競馬ブックならではのコンテンツとしてコンピュータ予想というものがあります。

 

いまでこそコンピュータ予想は多くのサイトで取り入られていますが競馬ブックでは券種ごとに予想します。ユーザーが知りたい券種の買い目は全て公開してくれるため、予想時間の削減にもつながりますね。

 

また、競馬ブックは情報が豊富に扱われていて、コンピューター予想においてもそれらは活用されています。

 

出走馬の過去のデータ、コース適正、当日の馬場を踏まえた上で独自の指数を形成し、それがコンピュータ予想に当てはまるようです。

 

コンピュータ予想の的中実績はレースによって様々です。条件戦、特別戦問わず的中されています。どちらかというと重賞といったメインレースよりも条件戦、特別戦のほうが的中実績は高いです。

 

そしてコンピュータの的中率はいかがなものでしょうか。競馬ブックでは過去の予想、払戻を掲示しているページがあり、そこでコンピュータの収支を確認できました。そこを見る限りコンピュータの回収率は約76%となっています。ものすごく的中しているわけではありませんが大崩れしていないのがポイントですね。

 

競馬ブックオンラインサービスのメリットとデメリット

なんといっても国内の有料情報サイトの中でもトップクラスの情報量でしょう。

 

特に競馬ブックwebは国内の情報サイトのなかでもトップクラスですし廉価版とはいえ競馬ブックwebライトの情報量も相当なものです。

 

欠点は値段の高さでしょうか。特に競馬ブックwebは月額3000円と、情報サイトの中ではかなり高価で、年間で考えたら3万円以上かかります。

 

また、レース当日になるとアクセスしづらい声も多数ありました。それだけ多くの人が利用していることなのですが調べたいときにアクセスしづらいのは気になるところですね。

 

まとめ 競馬ブックサービスはニーズによって変わる

以上が競馬ブックの概略になります。

 

なんといっても情報量の多さがウリですが、その分料金も違ってきます。

 

特に競馬ブックwebは情報量は多い分月額料金も高いため情報を徹底的に使いこなせられる上級者向けのサービスといってもいいでしょう。

 

競馬ブックwebほど情報は必要ないけど競馬ブックが提供している情報に触れたい人は初心者向けの競馬ブックwebライトをおすすめします。

 

また、外出先でも競馬ブックの情報を得たい人は競馬ブックsmat、競馬ブックonlineというサービスもあるので使い時に応じて検討してみてください。



即パットで馬券を買うなら楽天銀行がおすすめ!

最近では競馬場に行かないでインターネット上で競馬をするのが主流になってきました。

もしあなたがこれからインターネット(即パット)で馬券を買いたいと思っているのであれば、 楽天銀行 の開設(無料)がおすすめです。

 

楽天銀行をおすすめする大きな理由は楽天スーパーポイントです。

楽天銀行を開設して即パットから馬券を購入すると、月の取引回数に応じて楽天スーパーポイントが貯まるので、 普通に馬券を購入するよりもお得 なのです。(楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として利用可能)

 

↓今すぐ楽天銀行を無料で開設したい方はこちら

>>  楽天銀行 口座開設

最新競馬ニュースならdmenuニュース!(無料)

dmenu ニュースなら、大手スポーツ新聞社による 最新の競馬ニュースや予想、レース回顧 などが無料で簡単に読めるだけでなく、有名ハンバーガー店やレストラン、ドラッグストアなどの お得なクーポン もゲットできます!(競馬ニュースは+ボタンからタブを追加することで見ることが可能です)


↓dmenuを無料インストールする(iPhone・Android対応)

>> dmenu ニュース

トップへ戻る