競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

金沢競馬専門紙「競馬ホープ」の販売場所、値段、紙面の特徴を紹介

吉原寛人騎手や藤田弘治騎手など、全国的な知名度を誇る名ジョッキーが所属している金沢競馬の馬券攻略に役立つ情報がぎっしり詰まっている競馬専門紙『競馬ホープ』をピックアップします!

 

金沢競馬はガチガチの堅い決着になるケースも少なくありませんが、他の地方競馬よりも騎手の仕掛けが早い、という傾向があり、レース展開が紛れると予想外の大波乱になることも!

 

そんな金沢競馬の馬券を1つでも多くゲットしたい!とイレ込んでいる競馬ファンの皆さんへ向けて、ここでは金沢競馬の有益な情報をたくさん提供している『競馬ホープ』のことを深く掘り下げます。

 

どうぞお楽しみに!

 

競馬ホープの販売場所は?値段はいくら?

 

販売場所は?

金沢競馬場付近にあるコンビニや駅売店で販売されているほか、金沢競馬場内にある売店でも販売されています。

 

また、電子出版ポータルサイト「e-SHINBUN」でも『競馬ホープ』を購入することができます。

 

「e-SHINBUN」は1レース単位で新聞を買うことができますので、メインレースの情報だけが欲しい、という方にピッタリな買い方です。

 

 

値段はいくら?

『競馬ホープ』は1部600円です。

 

JRA版の『競馬ブック』は1部500円ですから、やや高い値段だ、というイメージを持たれた方もいらっしゃるかと思います。

 

でも、『競馬ホープ』をはじめ、金沢競馬のレース情報を提供している競馬専門紙はすべて1部600円で販売されていますので、特に気にする必要はないと思います。

 

 

競馬ホープの紙面の特徴を紹介!

『競馬ホープ』の馬柱はヨコ書きになっていて、過去4戦の成績が記載されています。

 

地方競馬の競馬新聞はヨコ書きの馬柱が採用されているケースが多いので、普段から競馬新聞を読んでいる方々にとってはとても読みやすい新聞になると思います。

 

持ち時計や脚質別の成績、道悪時の成績、騎手別の成績という予想の肝となる情報はもちろん、トラックマンが推奨する買い目も分かりやすく掲載されています。

 

『競馬ホープ』の紙面の特徴は予想印にあります。

 

本命を「◎」、対抗を「○」、単穴を「▲」としているのは他の競馬新聞と同じなのですが、本紙予想が打つ「△」の印が変わっています。

 

本紙予想の「△」の印の中には「1」「2」「3」という数字が掲載されていて、「△」の印の馬の順位付けをしています。

 

他の競馬新聞では「△」の印が入っている馬が3頭ほどいますけど、順位付けがされているケースはほとんどありませんよね。

 

予想印の順位付けがハッキリしていると、どんな考えで予想印をつけたのかが分かりますし、馬券検討の参考にもなりますから、本紙予想の順位付けがどうなっているのかを毎度チェックしておきましょう。

 

 

まとめ

難解なレースが多い金沢競馬のレース情報が詰め込まれている競馬専門紙『競馬ホープ』は、競馬場付近のコンビニや駅売店、「e-SHINBUN」で販売されています。

 

読みやすさにこだわった紙面構成がされている競馬新聞ですから、金沢競馬の馬券に初めてチャレンジする、という方でも安心してご利用いただけます。

 

無料の金沢競馬新聞を読むならオッズパーク!

オッズパークでは、無料で金沢競馬新聞を手に入れることができます。

 

気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

トップへ戻る