競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

おぎやはぎの競馬予想は当たる?馬券スタイルや競馬番組うまズキッ!の見どころも紹介

 

おぎやはぎの『競馬プロフィール』

プロダクション人力舎所属のコンビ芸人である『おぎやはぎ』の二人は非常に競馬好きなコンビとして知られており、以下に紹介する競馬番組『うまズキッ!』以外にも『うまプロ!』『なまうま』など多くの競馬番組を担当し、またゲストとしても様々な番組に呼ばれています。

 

また、矢作さんの方が仕切りが非常に上手く、スムーズに司会をこなせるのも人気の秘訣ではないでしょうか。

 

今後も競馬番組においては欠かせないコンビと言えそうですね。

 

 

おぎやはぎの競馬番組 『うまズキッ!』

2016年12月24日に放送が終了してしまいましたが、おぎやはぎとAKB48の小嶋陽菜、乃木坂46の白石麻衣の4人がメインパーソナリティとして毎週日曜日の深夜1時からフジテレビで放送されていた競馬番組『うまズキッ!』は、様々な企画から競馬界においても大きく取り上げられた人気番組でした。

 

中でも特に注目を集めたのは、『4億円プロジェクト』と『こじはる3連単5頭BOX予想』の2つではないでしょうか。

 

『4億円プロジェクト』

中央競馬の馬主である山本英俊(フィールズ代表取締役会長)さんの所有している2頭の競走馬に小嶋さんと白石さんが馬名を付ける企画でしたが、その2頭の落札額がそれぞれ2億5000万円、1億5000万円と非常に高額であったため、デビュー前から大きな注目を集めることとなりました。

 

小嶋さんの命名馬は『モンドシャルナ』で、フランス語で「モンド(世界)」+「シャルナ(猫)」という意味で、小島さんの愛称からつけられたそうです。

 

白石さんの命名馬は『キミノナハセンター』で、乃木坂46で白石さんがセンターを務めた曲名から経緯から付けられた馬名と言われています。

 

2頭とも現在は1000万条件馬ではありますが、注目度といった意味では重賞馬を凌ぐものがありそうです。

 

 

『こじはる3連単5頭BOX予想』

小嶋さんが番組内で発表する3連単の5頭BOX予想ですが、的中率の高さと2016年安田記念での15万馬券的中など高配当を次々ゲットしていたことから、競馬サークル内でも大きな話題となりました。

 

実際に2015年、2016年と年間収支でどちらも4万円以上のプラスを計上しており、偶然とは言えないだけの実績と言えるでしょう。

 

番組は終了しましたが、2017年以降も小嶋さんの予想はしっかりチェックしておく必要がありそうですね。

 

 

おぎやはぎの馬券スタイル

上記で挙げたように小嶋さんの予想の的中率、回収率ともに目立ちすぎているせいでそれほど目立たないおぎやはぎの二人の予想ですが、二人の馬券の買い方もなかなか特徴的な傾向が見て取れます。

 

以前グリーンチャンネルの番組の企画『競馬場の達人』に出演した際の小木さんの馬券の買い方ですが、最初の2、3レースは1点1,000円単位で買っていましたが、その後を勝負レースと見たのか次のレースでいきなり1点5,000円の勝負に出て、これを的中させました。

 

ここ一番といったレースで金額を大きく張って的中できるのは、まさに厳しい芸能界で生き残っている『強さ』を持っているからではないでしょうか。

 

また、分からないレースは「やらない」と断言し、『見』に徹することができるのも意志の強さを感じさせ、参考にすべき点が多く感じられました。

 

 

おぎやはぎの競馬愛

芸風や淡々と司会を進めるスタイル、そして時に二人が見せるいい意味での『適当さ』から、一部の競馬ファンからは『競馬愛が感じられない』といった声も挙がっているのは事実です。

 

しかし、先程述べた馬券の買い方や番組内でもゴール前で興奮して思わず声が出てしまう姿などを見ると、少なくとも自分個人としては十分すぎるほど『競馬ファン』であることは伝わってきて、少なくとも見ていて嫌な気持ちにはなりませんね。

 

二人の醸し出す雰囲気を「味」としていい意味で受け取ることができれば、これから先の競馬番組でも見ていて一緒に楽しめるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

いい意味でも悪い意味でも小嶋さんの予想が目立ちすぎて、おぎやはぎの二人が引き立て役になってしまった感はありますが、それもまた二人の魅力なのではないかと思います。

 

今後また新しい番組がおぎやはぎの司会でスタートするようなら、しっかり番組は予約録画しておきたいと思います(笑)。

トップへ戻る