競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【2016年】3歳馬ランキングトップ10

2016年の3歳馬は牡馬・牝馬ともにハイレベル、といわれています。

 

4歳以上の古馬を相手にしても互角以上に走りを見せていますし、今後の活躍が本当に楽しみですよね!

 

ここでは、これからの日本競馬界を背負うであろう3歳の有力馬をトップ10のランキングとしてまとめました。

 

どうぞお楽しみに!

 

【2016年版】3歳馬ランキングトップ10

 

10位 チェッキーノ(牝・藤沢和雄厩舎)

チェッキーノ

出典:http://www.daily.co.jp

 

オークストライアルのフローラステークスを快勝!

 

オークスでも僅差の2着に入った実力馬なのですが、屈腱炎を発症し、戦線を離脱…。

 

古馬相手でも通用する実力がありますけど、ケガの影響で能力が落ちている可能性もあるので10位としました。

 

 

9位 レインボーライン(牡・浅見秀一厩舎)

レインボーライン

出典:photozou

 

NHKマイルカップで3着に入っただけではなく、札幌記念でモーリス相手にクビ差の接戦を演じ、3000mの距離が懸念されていた菊花賞でも2着を確保。

 

勝ち切れない面があるのがネックですが、様々な距離で善戦している点を評価しました。

 

 

8位 エアスピネル(牡・笹田和秀厩舎)

エアスピネル

出典:wikipedia

 

重賞勝利はデイリー杯2歳ステークスだけですけど、牡馬クラシック三冠レースで全て5着以内を確保した安定株。

 

サトノダイヤモンドやマカヒキには敵わないものの、2000m以下の距離であれば、G1を勝てる器だと考えています。

 

 

7位 ジュエラー(牝・藤岡健一厩舎)

ジュエラー

出典:wikipedia

 

桜花賞でシンハライトを競り落とした実力馬ですけど、その後に骨折が判明しリタイア…。

 

骨折を完治させ復帰したものの、ローズステークス・11着、秋華賞・4着、とイマイチな成績に終わりました。

 

2000m以上のレースだと今後も苦しむ事になりそうですが、1600mのレースならば古馬相手でも通用すると思いますので、来年のヴィクトリアマイルで復活を期待したいです。

 

 

6位 シンハライト(牝・石坂正厩舎)

シンハライト

出典:wikipedia

 

オークス勝ちなど、6戦して5勝、2着1回、というパーフェクトな成績を残していますが、秋華賞参戦を前にして屈腱炎を発症してしまいました…。

 

ケガさえ無ければ1位でも良いくらいの実績馬ですけど、屈腱炎の影響で能力を落としている確率が高く、やむなく6位としました。

 

 

5位 ディーマジェスティ(牡・二ノ宮敬宇厩舎)

ディーマジェスティ

出典:wikipedia

 

8番人気だった皐月賞で圧巻の差し切り勝ちを決めたクラシックホース。

 

マカヒキとサトノダイヤモンドに土をつけた実績は侮れないものの、菊花賞でサトノダイヤモンドに完敗。

 

成長力が乏しいディープインパクト産駒かもしれない…という懸念を持っていますので、辛めの評価となりました。

 

 

4位 メジャーエンブレム(牝・田村康仁厩舎)

メジャーエンブレム

出典:wikipedia

 

桜花賞こそ4着に敗れたものの、7戦5勝、うち1600mのG1を2勝(阪神JF、NHKマイルカップ)しているスピードスター!

 

自分のペースで走れないとダメな面があるので4位としましたが、1600m路線にこだわれば、海外G1を勝つのも夢ではない素質馬だと思います。

 

 

3位 ヴィブロス(牝・友道康夫厩舎)

ヴィブロス

出典:wikipedia

 

春までは歯車がかみ合わず、桜花賞やオークスに出走する事すらできなかったのですが、紫苑ステークス2着から参戦した秋華賞でパールコード以下を完封してG1タイトルを奪取!

 

ヴィクトリアマイルを連覇した姉・ヴィルシーナよりも大物感があって、牡馬混合のG1でも活躍できる存在だと思っているので、牝馬では最上位となる3位にランク付けしました。

 

 

2位 マカヒキ(牡・友道康夫厩舎)

マカヒキ

出典:wikipedia

 

凱旋門賞で14着に敗れ、評価がガタ落ちしているようですが、枠順と馬場状態に恵まれなかったがゆえの凡退ですので、度外視可能。

 

母方の血統は短距離志向が強いので、2000m前後がベストだと思います。

 

来年からG1に昇格する大阪杯で復活する可能性が高い、と考えて2位評価としました。

 

 

1位 サトノダイヤモンド(牡・池江泰寿厩舎)

サトノダイヤモンド

出典:wikipedia

 

皐月賞は不利に泣いて3着、日本ダービーは道中の落鉄が響き2着、と不運なレースが続きましたが、万全な状態で出走した菊花賞を大楽勝し、悲願のG1初制覇を成し遂げました。

 

菊花賞にマカヒキが出走していてもサトノダイヤモンドが勝っている展開だと思っていますので、堂々の1位としました。

 

ちなみにサトノダイヤモンドの馬主である里見治さんにとっても、所有馬からG1勝利馬がでるのはこれが初めてでした。

 

これからさらなる活躍が期待されますね!

 

 

まとめ

2位のマカヒキは年内の休養を決め、来年の京都記念から始動しますが、1位のサトノダイヤモンドは有馬記念、3位のヴィブロスはジャパンカップへの出走を視野に入れています。

 

歴代最強ともいわれている2016年3歳馬たちの活躍から目が離せません!



楽天マガジンなら月418円(税込)で競馬雑誌が読み放題!

競馬予想のために競馬雑誌を読む方は多いと思います。ですが、紙の競馬雑誌は1冊700~1000円くらいかかるので、「毎回買うのは高い...」という方も多いのではないでしょうか?

 

実はPCやスマホアプリで使える雑誌読み放題サービスの楽天マガジンなら、月額418円(税込)で有名競馬雑誌「週刊Gallop」「サラブレ」含め、600誌以上が読み放題なんです!週刊Gallopとサラブレを1冊ずつ買うだけで1700円くらいかかるので、それだけでもお得ですよね。競馬雑誌以外にも、IT・ガジェット、ビジネス、芸能エンタメなど様々なジャンルの雑誌が読めるので、競馬の息抜きにもおすすめです!

 

さらに初回登録後31日間は無料でお試し可能なので、月々の競馬雑誌の費用に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

↓楽天マガジンの無料お試し登録(31日間無料)はこちら

>> 月額418円(税込)で約500雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

↓楽天マガジンの登録手順や使用してみた感想はこちら

>> 500誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んだ感想【サラブレ・週刊Gallop】

 

トップへ戻る