競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

勝ちたいならここ!一口馬主におすすめの厩舎4つ

 

一口馬主をするなら、やはり勝てる厩舎に預けたいものですよね。

 

そこで今回は一口馬主におすすめの厩舎を4厩舎紹介したいと思います。

 

一口馬主におすすめの厩舎

 

矢作芳人厩舎

 

現役のクラブ馬ではリアルスティール、ラングレー、ドレッドノータスを管理しています。

 

この厩舎は現在、41勝を挙げてリーディングの厩舎です。

 

よく稼ぎよく遊べ!がこの厩舎のコンセプトなので、少しでも賞金を稼げそうなレースに出走させます。

 

よって、一口馬主的には向いている厩舎だと思います。

 

また、この厩舎は良血の馬だけ預かるのではなく、あまり血統の良くない馬もどんどん預かる傾向にあります。

 

なので、弱小クラブでも預かってくれる可能性があります。

 

 

堀宣行厩舎

 

現役のクラブ馬では、ネオリアリズム、エルマンボがいます。

 

この厩舎の特徴はとにかく勝率と3着内率が高いことにあります。

 

2016年10月2日現在で、勝率は19,2%、3着内率は39,5%といずれもトップの数字です。

 

この厩舎のもう一つの特徴が重賞に強い!ということです。

 

今年は重賞5勝、去年は8勝と大舞台に強い印象です。

 

したがって、重賞を狙える馬を預けるにはうってつけの厩舎だと思います。

 

 

角居勝彦厩舎

 

現役のクラブ馬ではリオンディーズ、ラストインパクト、エキストラエンドがいます。

 

この厩舎も勝率と3着内率が高いです。

 

勝率は12,9%、3着内率は35%で上位の部類です。

 

そして、この厩舎はキャロットファームとなぜか相性がいいです。

 

過去の活躍馬にもシーザリオ、ハットトリック、トールポピーといった名馬がずらり並んでいます。

 

昔はよく、馬を壊すともネットで、書かれていましたが、最近ではそのような事例はあまり見られません。

 

 

藤岡健一厩舎

 

現役のクラブ馬ではヒーズインラブがいます。

 

正直、あまりクラブ馬を預かる厩舎ではないのですが、それでも推せる理由があります。

 

それは新馬戦の勝ちあがり率が高いことです。

 

なぜ、新馬戦の勝ちあがり率が高いかというと、ゲート練習で2歩目が速く出るように調教されているからだそうです。(亀谷敬正の情報より)

 

1回でも勝てば、一口馬主としてはゆったりとしたローテが組めます。

 

 

まとめ

 

矢作、堀、角居厩舎はオススメ!

 

あまり知られていないところだと藤岡厩舎!

 

以上、一口馬主におすすめの厩舎はどこ?でした。

 

トップへ戻る