競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

win5が当たった時に税金は発生するのか?

タグ: win5

最高100円が6億円になる夢の馬券WIN5ですが、もし実際に6億円が当たった場合、どれくらい税金を支払う必要があるのでしょうか?

 

ここでは、競馬にかかってくる基本的な税金の解説をもとに、WIN5で高額的中した場合にかかる税金について説明したいと思います。

 

馬券購入にかかる税金とは?

競馬で所得があった場合(儲けた場合)、税金はかかるのでしょうか。

 

結論から言うと、競馬で儲けた金額によっては課税対象となり、確定申告が必要となります。

 

競馬で儲けた金額というのは、具体的に言うと『一時所得』となり、一時所得には最高で50万円の特別控除があるため、馬券で50万円以上の的中があったときは税金(所得税+住民税)の課税対象となりますので、確定申告を行って税金を納付する必要がある、というわけです。

 

一般的な馬券にかかる税金に関してはこちらの記事に詳しく書いています。

最低限知っておきたい競馬の税金の知識

 

 

WIN5が的中した場合、税金はかかるのか?

他の券種と比べて配当額が大きくなりやすいWIN5ですが、もちろんこの馬券も例外ではなく、的中した場合は『一時所得』として課税対象になります。

 

そのシステムの特徴や、配当金額の大きさから宝くじなどに近い感覚も持っている人も多いようですが、あくまでもWIN5も『馬券』の一つとして考えられている、ということになります。

 

 

WIN5でいくら儲かったら税金を払う必要があるのか?

これに関しては、上記でも述べたように一時所得の特別控除額の上限が最大50万円であることから、50万円以上の配当があった場合が税金納付の対象となります。

 

税金額の簡単な計算式として、以下の計算手順で算出することができます。

(国税庁のサイトより)

 

総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額  

 

これを競馬に当てはめてみると、

 

配当金額-その馬券の購入額-特別控除額=馬券が的中した時の一時所得

 

となるわけです。

 

ただ、この金額が税金の対象になるかというとそういうわけではなく、国税庁のサイトによると、『一時所得は、その所得金額の1/2に相当する金額』となっているため、正式な税金額は、

 

馬券が当たった時の一時所得×1/2=一時所得の税金対象金額

 

となります。

 

この計算式で算出された金額を、所得税の税率に照らし合わせることで、ある程度の税金額を計算することができます。

 

ただ、実際にここでの所得とは生活給与額との合算になり、さらに地方税などが加算されるため、本当に正確な金額を出すのはなかなか難しいです。

 

まとめ

よく世間で耳にする、『高配当を取っても、半分以上税金で持って行かれる』といった言葉ですが、それは上記の税制のシステムを知らないが故の思い込みが大きく、実際に税金で持って行かれる比率は、国税・地方税合わせて最大で『約25%』となっています。

 

さらに、所得の度合いと的中した配当金の金額によっては、この比率はもっと小さくなるものです。

 

どちらにしても、これまで述べてきたことは全て、そこまでの課税対象になる高配当を的中させてから心配することではありますが(笑)。

 

このようなWIN5と税金との関係性を知っておくだけでも、また今までとは違った見方で競馬に接することができるのではないでしょうか。

 

>> 最高配当6億円!win5を全通り買うといくら?的中すれば儲かる?

トップへ戻る