競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

競馬のレースペースの見方、予想方法。ハイペースとスローペース

 

競馬のレースペースを見極める一番簡単な方法は、競馬新聞のペース予想を見ることです。

 

ですが、勝ち馬予想と同じで、大抵外れるので困ってしまいます。

 

なので、競馬新聞に頼らず自分でレースペースを見極められるようなる事が重要です。レースペースを見極めることは勝ち馬を当てる第一歩だと思ってください。

 

競馬のレースペースにはスローペース、平均ペース、ハイペース、とありますが、レース前半の走破時計とレース後半の走破時計を見比べた時、どちらの時計がどれだけ上回っていたかで判断します。

 

なので、最終的にはレース終了してからレースペースは判明するものですが、前半の走破時計さえ分かればある程度予想は付くものです。

 

レース実況で「前半○○秒、これは速い!」とか「○○○メートル通過○○秒。これはスローペースだ!」などアナウンサーがよく言っていますが、

 

これはそのレース(馬のクラス、距離、コース、馬場状態)の平均走破時計を事前に分かっており、前半の時計さえ判明すればレースペースは簡単に予想できるからです。

 

 

ハイペースとスローペース

レースペースが平均ペースであれば展開の有利不利なく強い馬が勝つと思われますが、ハイペース、スローペースになった場合、位置取りや脚質によって有利不利が出てきます。

 

ハイペース

前半走破時計が速い場合ハイペースとなります。

 

そのレースに逃げ馬が複数出走している時は注意が必要です。

 

それは、逃げ馬同士が競り合って自ずとペースが上がるからです。こうなると差し馬有利の展開となります。

 

 

スローペース

前半走破時計が遅いケースです。そのレースに逃げ馬が1頭だけ、又は逃げ馬がいない場合スローペースになりやすいです。

 

直線ヨーイドンの競馬になるので位置取りが前にいる馬、或いは瞬発力に優れた馬に有利な展開となります。

 

 

まとめ

・競馬のレースペースにはスローペース、平均ペース、ハイペースがある。

・レースペースは前半の走破時計で予想できる。

・ハイペース、スローペースで有利不利な馬が出てくる。

・レースペースのカギは逃げ馬が握っている。

 

スローペース、ハイペースの見極め方としてセオリー的なことを記載しましたが、実際ペース予想を当てるのはすごく難しいです。

 

ペース予想のカギは逃げ馬が握っていることは間違いないのですが、その馬の個性にも注目して欲しいです。

 

出遅れ癖のある逃げ馬、何が何でも逃げないと駄目な逃げ馬、2、3番手でも競馬出来る逃げ馬、など考える要素がいくらでも増えてきます。

 

あと覚えていてほしいのが風です。2、3メートルの風では影響ありませんが、風速10メートル近い風が吹いているとレースペースにも影響が出てきます。

 

そんな日は馬も入れ込み、レース中引っかかりやすくなります。そして乗っている騎手の方たちも体内時計の感覚が狂うそうです。

 

向正面で追い風を受ければ、馬たちも普段より楽に走れることからハイペースになり、逆に直線では向かい風となるので差し、追い込み馬有利となります。

 

風速10メートル近い風が吹く事はそうそうある事ではないですが、ペース予想に風速も加味していただければと思います。

 

参考URL一覧

http://www.keiba-lab.jp/exp/up/d_1120.html

 

http://www.keiba-lab.jp/exp/up/d_1107.html

トップへ戻る