競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

現在活躍中の女性騎手はだれ?中央、地方競馬ともに紹介

藤田菜七子騎手

出典:wikipedia

 

本日は現在活躍中の女性騎手について説明します。

 

今年の3月に藤田菜七子騎手がデビューして話題になりましたが、地方競馬には女性騎手がすでに7人います。

 

ということで、今日は現役で活躍中の女性騎手5人について書きたいと思います。

 

活躍中の女性騎手5人

 

藤田菜七子騎手

藤田騎手は親戚に競馬関係者がいない家庭で育ちました。

 

デビューはJRAの競馬場ではなく、川崎競馬場でデビューという異例のデビューでした。

 

2016年9月現在で、中央で4勝、地方で5勝を挙げており、女性騎手としては過去最高のペースで勝ち星を挙げています。

 

 

木之前葵騎手

木之前騎手は名古屋競馬の騎手です。

 

デビューは藤田騎手より3年早い2013年デビューでした。

 

2016年9月現在で、175勝を挙げています。

 

今年も47勝を挙げて、名古屋リーディング10位につけています。

 

 

小山瞳騎手

小山騎手も名古屋競馬の騎手です。

 

デビューは1995年とかなり早いデビューでした。

 

2011年の引退までに617勝を挙げました。これは女性騎手歴代最多の勝利数です。

 

そして、今年5年ぶりに復帰し、見事に勝利を挙げました。

 

小山信行騎手と結婚し、2人の子供を産んでからの勝利だっただけに話題となりました。

 

これからの活躍が期待されます。

 

 

別府真衣騎手

別府騎手は高知競馬の騎手です。

 

2005年デビューで、2016年9月現在で606勝を挙げています。

 

元々、父の別府信司さんが調教師をやっていたおかげで、騎手を志したようです。

 

重賞も4勝を挙げており、現在高知リーディング7位につけている実力派です。

 

海外でも騎乗をしており、ソウル競馬場で半年間、騎乗していました。

 

 

岩永千明騎手

岩永騎手は佐賀競馬の騎手です。

 

デビューは2004年で元々は荒尾競馬の騎手だったのですが、荒尾競馬が廃止されることになったので、故郷である佐賀競馬場で騎乗することになりました。

 

2016年現在で364勝をマークしており、今年は9勝を挙げています。

 

2007年にはレース中に落馬し、脳挫傷と脊椎圧迫骨折で全治3ヶ月と診断され、2か月は寝たきりの状態だったのですが、半年後には復帰しました。

 

このような経験がある女性騎手は珍しいと思います。

 

 

まとめ

女性騎手はまだまだマイナーであり、ほとんどが地方競馬の騎手ですが、藤田菜七子騎手には16年ぶりのJRA女性騎手として活躍していただきたいですね。

 

女性騎手も活躍するようになれば、競馬にも女性ファンが増えてくると思うので、そういった意味でもこれからの女性騎手の活躍には注目です。

トップへ戻る