競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

騎手に体重制限はあるの?適正体重は何kg?

騎手

 

スポーツ新聞や競馬専門紙の馬柱には各競走馬の負担重量を意味する「斤量」が掲載されていますよね。

 

斤量の増減を馬券購入の判断材料にしている競馬ファンも多いはずです。

 

斤量は48kg~60kg程度の幅があって、騎手たちは負担重量に合わせて自身の体重をコントロールしているのですが、騎手には体重制限が存在しているのでしょうか。

 

ここでは、騎手の体重にまつわる話題に迫っていきます。

 

 

騎手に体重制限はある?

騎手になるための教育や訓練を受ける競馬学校入学時には「45kg未満」という体重制限が設けられているのですが、競馬学校を卒業した騎手たちには体重制限は設定されていません。

 

レースでの斤量は52kg~58kgになる事が一般的。

 

体重制限が無いからといって体重のコントロールをおろそかにしているとレースに出る事すら叶いません。

 

騎手たちは自身の体重をコントロールするために様々な努力を重ねています。

 

太らないようにランニングをする騎手は少なくありませんし、短期間で一気に減量するためにサウナで長時間閉じこもるケースもあります。

 

また、レース当日に体重をコントロールするため、チョコなどの軽いお菓子をその都度食べている騎手もいます。

 

 

適正体重は?

現役のJRA所属騎手の体重から適正体重を探っていきます。

 

ルメール  :53kg

デムーロ  :52kg

福永祐一  :52kg

武豊    :51kg

川田将雅  :51kg

戸崎圭太  :49.7kg

藤田菜七子 :45.6kg

松若風馬  :45kg

 

ご覧のとおり、G1レースをいくつも勝っている名騎手たちの体重は50kg台前半となっていますので、騎手の適正体重は53kgまでといえるのではないでしょうか。

 

成人男性の平均体重は65kg~70kgとされていますから、騎手の皆さんは一般の男性よりも10kg以上軽い体重をキープしながら、競馬場で熱い戦いを繰り広げています。

 

 

騎手の体重はレースに影響する?

騎手はレースでの斤量よりもやや軽めの体重でレースに出走する事がほとんどです。

 

レース前に鞍(くら)や勝負服の背中、ズボンなどに板状の鉛を入れて体重を調整しますので、基本的に騎手の体重がレースの結果に影響する事はありません。

 

 

体重オーバーの場合は、ペナルティも。

でも、レースでの斤量よりも重い体重でレース当日を迎えてしまった場合はペナルティを与えられ、騎乗停止処分を受けてしまいます。

 

2014年11月15日の東京競馬場では、フランス人騎手のピエールシャルル・ブドー体重オーバーを避けるため、ブーツを脱ぎ、靴下のままレースに参加した事があり、戒告処分を受けました。

 

騎手の体重が直線的にレースに影響する事はあまりありませんが、体重オーバーをしてしまうと何かしらのペナルティをもらってしまいます。

 

仮に騎乗停止処分を受けた場合は、翌週以降の騎乗予定を全てキャンセルしなければならず、騎乗依頼を出していた調教師やオーナーからの信頼を失ってしまいます。

 

ですから、騎手は自主的に体重制限をしていく必要がある職業である事を頭の片隅に入れながら競馬を楽しみましょう。

 

>> ジョッキーに身長制限はある?平均身長と身長の高い騎手

トップへ戻る