競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【マーメイドステークス2016】有力出走馬の紹介と過去注目レース分析 重馬場ならナムラアンに期待

マーメイドS(GⅢ) 3歳以上牝 阪神芝2000m

 

出走馬紹介

 

シュンドルボン

 

ヴィクトリアマイルでは、1000m通過が前走と6秒以上も早いペースに付いていけずといった感じでの後方追走で、直線それなりに伸びてはいるものの、上位とは差を感じさせる内容でした。

 

牝馬同士なら能力的には好勝負必至でしょうが、連戦の疲労残りと56キロの斤量は楽ではなく、必要以上に人気するようなら買いづらい1頭になりそうです。

 

 

ナムラアン

 

近走はずっと牡馬相手に安定して走っており、前走はスローの恩恵があったとはいえ、最後まで余裕がある感じで逃げ切っての勝利でした。

 

ハンデも牝馬同士で55キロなら十分対応可能で、楽に先手が奪える先行力に加えて、馬場が渋っても良さそうな血統構成も梅雨時期の今の馬場にはピッタリでしょう。

 

 

ハピネスダンサー

 

近3走は重賞でも大崩れなく走っていますが、道中不利を受けることが多く、器用さが足りない印象の強い1頭です。

 

また、切れる脚がない分、スローになりやすい牝馬限定戦だと流れが向かない面があるのかもしれません。

 

父メイショウサムソン×母父クロフネという血統から、雨が降って馬場が重くなると非常に怖い存在になりそうです。

 

 

リラヴァティ

 

着順の推移が大きい馬でムラ馬のようにも見えますが、先行した時はほぼ大崩れしておらず、前走も2番手追走から直線でも一旦は交わされながらも、叩き合いをキッチリ制しての完勝でした。

 

昨年、福島牝馬S2着で重賞実績もあり、前走1600万条件を勝ちながら53キロで出走できるのは明らかに有利と言えそうです。

 

 

ココロノアイ

 

前走の阪神牝馬Sでは、約半年の休み明けで強いメンバーながら、直線しっかり伸びての5着と休養明けとしては十分な内容でした。

 

重賞2勝の実績やこれまで戦ってきた相手を考えると、ここでは格上とも言えそうで、55キロの斤量はむしろ軽すぎるとも言えそうです。

 

このレースに好相性のステイゴールド産駒であるのも魅力的です。

 

 

注目レース紹介

 

★ヴィクトリアマイル(GⅠ)東京芝1600m

 

 先行勢が速い流れで飛ばし、追走に手一杯といった感じのシュンドルボンでしたが、直線ではこの馬なりに脚を使って差を詰めました。

 

ただ、これまでの連戦に加えて非常に疲労が残りそうなレース内容で、今回は仕上がり具合が大きなカギを握りそうです。

 

 

★都大路S(OP)京都芝1800m

 

 強気に先手を主張してハナを奪うと、4コーナーを回ってコーナーワークで差を開き、直線早めにグァンチャーレに並びかけながらも、そこからもう一伸びする強い内容での勝利でした。

 

押しながらも折り合って逃げることができるのはセンスがある証拠で、今回のメンバーでは大きな武器になりそうです。

 

 

★福島牝馬S(GⅢ)福島芝1800m

 

逃げた馬が3着、2番手追走の馬が1着の先行有利の流れの中、ともに先行しながら伸びきれなかったハピネスダンサーとウインリバティの走りは、正直やや物足りない内容でした。

 

 

★パールS(1600万下)京都芝1800m

 

 やや押しながら実質逃げているような2番手につけたリラヴァティが、終始内で脚を溜めていたレッドオリヴィアに直線一旦は前に出られるも、残り100mで差し返して最後は余裕をもっての1着でした。

 

着差以上に強い内容で、重賞のメンバーでもヒケを取ることはなさそうです。



大手スポーツ紙の最新競馬ニュースはdmenuニュース!(無料アプリ)

dmenu ニュースなら、デイリースポーツ・東スポ・スポーツ報知といった大手スポーツ新聞社による最新の競馬ニュースや追い切り情報、予想、レース回顧などが無料で簡単に読めるだけでなく、有名ハンバーガー店やレストラン、ドラッグストアなどのお得なクーポン(無料あり)もゲットできます!(競馬ニュースは+ボタンから「競馬」でタブを追加すると見ることが可能です)


↓dmenuを無料インストールする(iPhone・Android対応)

>> dmenu ニュース

トップへ戻る