競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2018-2019】シルクホースクラブ注目募集馬10頭の血統、評価・評判を紹介!

2017年はアーモンドアイの活躍が一際目立ちましたが、それ以外にも重賞を制覇した馬が数多く所属しています。

2018-2019年デビュー予定の馬たちにも、クラシック路線で活躍してくれる馬が多数いるのではないでしょうか。

 

すでにデビュー戦を勝ち抜いた馬も複数おり、早い活躍が見られそうです。

では、シルクホースクラブの注目2歳馬を見ていきましょう。

 

クーダルジャン 牡

厩舎:(美浦)戸田博文

父:オルフェーヴル

母:ルシルク

生産者:社台コーポレーション

 

シルクホースクラブではお馴染みの血統でもあり、産駒も安定して走っています。

グランシルクも重賞戦線で活躍し、鋭い末脚を見せていました。

芝レースでの活躍が期待でき、重賞やクラシックで高い能力を見せてくれそうです。

 

サラミス 牡

厩舎:(栗東)池添学

父:ディープインパクト

母:サロミナ

生産者:ノーザンファーム

 

母は連続してディープインパクトと交配されており、サラミスにも期待が持たれています。現在はまだ育成牧場で進められていますが、調教も順調です。

 

血統面から見ると長距離適性もありそうですが、スピード感ある走りからは短距離〜マイルあたりのレースでの活躍も期待できるのではないでしょうか。

 

ハートスナッチャー 牡  

厩舎:(栗東)音無秀孝

父:ダイワメジャー

母:スナッチド

生産者:社台コーポレーション

 

ゲート試験も合格し、あとはデビューに向けて調整するのみと順調に進んでいます。ダイワメジャーらしい馬体で力強さもあり、芝ダートどちらで活躍してもおかしくなさそうです。

 

仕上がりにはやや時間がかかるかもしれませんが、成長が楽しみですね。

 

パイロテクニクス 牡

厩舎:(美浦)武藤善則

父:パイロ

母:ショウナンハトバ

生産者:原口牧場

 

パイロ産駒は新馬戦での活躍もよく見られますが、パイロテクニクスも初戦から快勝しています。

 

芝レースで勝利したこともあり、今後は秋頃の芝レースを予定しているようです。短距離〜マイルまでなら芝ダート問わずに楽しませてくれるのではないでしょうか。

 

パロネラ 牝

厩舎:(美浦)木村哲也

父:ロードカナロア

母:モシーン

生産者:ノーザンファーム

 

2017年産駒はシルクホースクラブ1位の高価格帯で募集されています。

 

半姉もスピード能力に秀でており、パロネラはロードカナロアを父に持つことからパワーとスピードを兼ね備えていそうです。

 

ウィクトーリア 牝

厩舎:(美浦)小島茂之

父:ヴィクトワールピサ

母:ブラックエンブレム

生産者:ノーザンファーム

 

今までのレコードを1秒以上縮め、高いポテンシャルを見せました。

兄姉もコンスタントに走っており、クラシックでもかなりの注目を集めそうです。

ヴィクトワールピサ産駒にはオークスを快勝したジュエラーなどもおり、長距離路線でも期待が持てそうです。

 

スイープセレリタス 牝

厩舎:(美浦)藤沢和雄

父:ハーツクライ

母:スイープトウショウ

生産者:ノーザンファーム

 

母はG1レースでも活躍したスイープトウショウで、娘であるスイープセレリタスもクラシック路線での活躍が期待されています。

 

父がハーツクライと言うこともあり、成長力も高そうです。現状問題もなく調整されており、8月デビューを視野に入厩しています。

 

リアオリヴィア 牝

厩舎:(栗東)中竹和也  

父:ディープインパクト

母:リアアントニア  

生産者:ノーザンファーム

 

2018年の当歳馬が2億9000万円で落札されたこともあり、注目を集めています。ディープインパクトを続けて配合していることからも、繁殖馬としての能力に期待が持たれているのではないでしょうか。

 

まだ成長途上ですが、ゆったり育成を進めてデビューの頃には馬体も出来上がっていそうです。芝レースでの活躍を期待しましょう。

 

レーヴドカナロア 牝

厩舎:(栗東)斉藤崇史

父:ロードカナロア

母:レーヴドスカー

生産者:ノーザンファーム

 

繁殖としてコンスタントに走る産駒を輩出しているレーヴドスカーの子どもです。

デビュー戦は注目馬が揃っていましたが、牡馬混合戦で勝利する高いパフォーマンスを見せています。

このまま順調に行けば血統からも桜花賞やオークスを狙える馬に成長するのではないでしょうか。

レーヴドスカーの産駒は脚元の不安が起こりやすいため、怪我やトラブルなく順調に進んで欲しいですね。

 

ユナカイト 牝

厩舎:(美浦)木村哲也

父:ヨハネスブルグ

母:フサイチパンドラ

生産者:ノーザンファーム

 

アーモンドアイの半妹で、姉と同様に高い能力を秘めていそうです。

父が2歳戦線から活躍するヨハネスブルグと言うこともあり、初戦から期待できるのではないでしょうか。

 

まとめ

シルクホースクラブはノーザンファームとの提携によって、ここ数年で大きな躍進を遂げています。

2017年も多数の活躍馬が出ており、これからもコンスタントに活躍馬を出してくれそうです。

どちらかと言うと芝レースでの活躍馬が多い印象のため、出資を考えている場合はクラブでお馴染みの繁殖牝馬もおすすめです。

活躍馬の種牡馬に偏りはないので、好きな馬を選んでみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る