競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2018-2019】サンデーレーシング注目募集馬10頭の血統、評価・評判を紹介!

一口馬主クラブとしては最も活躍馬を出しています。

 

所属していたジェンティルドンナは一口馬主クラブで募集された馬の中で最高額の17億円以上の賞金を獲得しており、オルフェーヴルもジェンティルドンナに続く2位の賞金を獲得しています。

 

魅力的な良血馬が多数ラインナップされており、2018-2019年デビュー予定の馬たちもG1レースでの活躍が期待できます。

デビュー勝ちを収めた馬も複数いるので、2歳戦線から重賞で活躍を見せてくれそうです。

 

ブルスクーロ 牡

厩舎:(栗東)池添学

父:キンシャサノキセキ

母:ダークサファイア

生産者:ノーザンファーム

 

2歳戦から活躍を見せるキンサシャノキセキ産駒で、中京2歳ステークスでも3着と安定した走りを見せています。

距離を延ばしても安定感ある走りを見せたところからも、コンスタントな活躍が期待できるのではないでしょうか。

 

アガラス 牡

厩舎:(美浦)古賀慎明

父:ブラックタイド

母:ロッシェノワール

生産者:ノーザンファーム

 

デビュー戦の芝1800mで快勝し、コスモス賞に向かう予定です。ブラックタイド産駒は活躍馬も増えており、特にキタサンブラックの活躍には驚かされましたよね。

アガラスも芝中距離デビューと言うこともあり、コスモス賞の結果次第で今後重賞へ向けてローテーションが組まれる可能性もあります。注目したい1頭です。

 

カイザースクルーン 牡

厩舎:(美浦)相沢郁

父:ルーラーシップ

母:アイスフォーリス

生産者:社台コーポレーション

 

クラシックでも活躍を見せたアイスフォーリスの初仔です。母と同じ芦毛の馬体で、厩舎でもかなり能力を期待されています。

 

デビュー戦でも高い能力を見せ、他馬を寄せ付けない勝利を見せました。この後順調に行けば2歳重賞やクラシックでも活躍してくれるのではないでしょうか。

 

グランアレグリア 牝

厩舎:(美浦)藤沢和雄

父:ディープインパクト

母:タピッツフライ  

生産者:ノーザンファーム

 

父はディープインパクト、母はアメリカでトップクラスの成績を持つタピットの産駒です。

 

日本とアメリカのトップクラスの血統が組み合わさり、グランアレグリアにも高い資質が受け継がれていそうです。

デビュー戦でも能力通り勝ち上がっており、これから牝馬クラシック路線へ進むのではないでしょうか。

 

オーロトラジェ 牝

厩舎:(栗東)池江泰寿

父:オルフェーヴル

母:ミュージカルウェイ

生産者:ノーザンファーム

 

ミッキークイーンの半妹で、厩舎も同じです。入厩後も評価は高く、ミッキークイーンよりも完成度が高いのではないかと言われています。

 

芝の重賞戦線で父譲りの鋭い脚を見せてくれるのではないでしょうか。

 

ヴァンランディ 牡

厩舎:(美浦)藤沢和雄

父:キングカメハメハ

母:ハッピーパス

生産者:ノーザンファーム

 

藤沢厩舎で結果を残しているコディーノ、チェッキーノの全弟に当たります。同じ配合で何度もG1で活躍する馬が出ており、ヴァンランディも同様の活躍が期待できそうです。 

 

血統面から距離適性はマイル〜中距離で、芝でセンスある走りを見せてくれそうな1頭です。

 

ポルトラーノ 牡

厩舎:(美浦)萩原清

父:オルフェーヴル

母:ポルトフィーノ

生産者:ノーザンファーム

 

ポルトフィーノ自体もG1レースで活躍を見せ、繁殖能力も期待されています。3冠馬のオルフェーヴル産駒ということもあり、クラシック路線で活躍が期待できそうです。

 

まずはデビュー戦の走りに注目しましょう。 

 

アメジストウェイグ 牡

厩舎:(栗東) 角居勝彦

父:ハービンジャー 

母:グルヴェイグ

生産者:ノーザンファーム

 

グルヴェイグは能力も高く、母と同様繁殖としても高い期待を背負った馬です。

ハービンジャー産駒は高いパフォーマンスを見せている馬も多く、アメジストヴェイグのデビューも注目されています。

 

順調に調整が進んで欲しい期待馬ですね。 

 

ドナウデルタ 牝

厩舎:(栗東)石坂正

父:ロードカナロア

母:ドナウブルー

生産者:ノーザンファーム

 

期待の種牡馬であるロードカナロアとの組み合わせで、母もG1路線で活躍したドナウブルーです。配合的にも芝のマイルに高い適性を見せてくれそうで、スピードのある走りが期待できます。

 

厩舎も母や、おばにあたるジェンティルドンナを育てた石坂正厩舎であり、3歳クラシックでの活躍も見られるのではないでしょうか。

 

バイキングクラップ 牡

厩舎:(美浦)堀宣行

父:ハーツクライ

母:マジックストーム

生産者:ノーザンファーム

 

マジックストームはサトノアラジン、ラキシスと続けて重賞、G1で活躍する産駒を産んでいます。

 

その他にもコンスタントに重賞戦線へ進む馬が産まれており、バイキングクラップも大きなところを狙えるのではないでしょうか。ハーツクライに父が変わりましたが、より中距離路線に特化した末脚が見られそうです。

 

まとめ

サンデーレーシングは社台レーシングと共同で募集が行われていますが、2歳から早期始動が期待できることから人気も高まっています。

 

今年も早くからデビュー勝ちを収める馬がおり、今後の重賞戦線で活躍が期待できますね。

トップへ戻る