競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2018-2019】キャロットクラブ注目募集馬10頭の血統や評価・評判を紹介!

レイデオロやエピファネイアなどクラシック路線でも活躍する馬が多数所属しているキャロットクラブは毎年募集ラインナップも多彩です。

 

特にクラブで募集された良血牝馬の産駒などもたくさん募集されています。

 

2018-2019デビュー予定の馬たちには、どんな注目馬がいるのでしょうか。

多くの方が注目している2歳馬を紹介していきましょう。

 

カテドラル 牡

厩舎:(栗東)池添学

父:ハーツクライ

母:アビラ

生産者:ノーザンファーム

 

半兄には重賞で活躍したジェベルムーサがいます。デビュー戦ではセンスの高い走りで快勝し、今後のローテーションも楽しみです。次走は秋を予定されていますが、クラシックに向けて進めて行けそうです。

 

新馬勝ちのコースが芝2000mと言うこともあり、距離に不安もなく安定した走りを見せてくれるのではないでしょうか。

 

アストライア 牝

厩舎:(栗東)池添学

父:キングカメハメハ

母:ハープスター

生産者:ノーザンファーム

 

故障により引退となったハープスターの産駒です。

 

母の能力を受け継いでいれば、かなりの末脚を見せてくれそうです。

 

まだ産駒実績はありませんが、デビューが叶えば十分芝の重賞で活躍できる素材ではないでしょうか。

 

アップライトスピン 牝

厩舎:(美浦)池上昌和

父:ディープインパクト

母:オリジナルスピンII

生産者:社台コーポレーション

 

ディープインパクトとの配合で、切れ味鋭い脚を見せてくれそうです。

 

母はディープインパクトとの配合が2度目で、他にも期待の種牡馬と交配されています。

全姉も勝ち上がっており期待も高いのではないでしょうか。

 

現在は育成中ですが、2歳のうちに入厩し、デビューに向けて進められそうです。

 

カウディーリョ 牡

厩舎:(美浦)堀宣行

父:キングカメハメハ

母:ディアデラノビア

母父:サンデーサイレンス

生産者:ノーザンファーム

 

ディアデラマドレなど重賞で活躍した全姉がおり、カウディーリョも芝のレースで同様の活躍が期待されています。

現在はやや小柄な馬体ですが、成長に伴って良血馬らしい走りを見せてくれるようになりそうです。

 

コントラチェック 牝

厩舎:(美浦)藤沢和雄

父:ディープインパクト

母:リッチダンサー  

生産者:ノーザンファーム

 

デビュー戦は敗れましたが、2戦目は能力の高さで勝ち上がりを決めました。

 

人気馬の逃げ切り勝ちと言うこともあり、他との違いを見せてくれたのではないでしょうか。今後も高いレベルで活躍してくれそうです。

 

クリソベリル 牡

厩舎:(栗東)音無秀孝

父:ゴールドアリュール

母:クリソプレーズ

生産者:ノーザンファーム

 

クリソライト、マリアライトを兄姉に持ち高いポテンシャルが期待できます。

父がゴールドアリュールと言うこともあり、ダートに高い適正を持っていそうです。

 

無事にデビューできればダート重賞などで活躍してくれるのではないでしょうか。

 

サートゥルナーリア 牡

厩舎:(栗東)中竹和也

父:ロードカナロア

母:シーザリオ

生産者:ノーザンファーム

 

度々クラシック戦線をにぎわせるシーザリオの産駒で、デビュー戦も快勝したことから期待を持たれています。

しかし現在は脚元の不安で予定していた重賞を回避しています。

ただ、重大な故障などではないため、復帰後はまた高いパフォーマンスを見せてくれるのではないでしょうか。

 

ソルドラード 牡

厩舎:(美浦)藤沢和雄

父:ロードカナロア  

母:ラドラーダ

生産者:ノーザンファーム

 

レイデオロの半弟にあたり、新種牡馬として注目を集めているロードカナロアを父に持ちます。

レイデオロ以外の産駒も順調に勝ちあがっているので、ソルドラードの能力にも期待が持てそうですね。

 

順調に進めばクラシック路線での活躍も十分考えられます。

既に新潟デビューが決まっており、ルメール騎手を確保して万全の体制でデビューを迎えられそうです。

 

ハルーワソングの2016 牡

厩舎:(栗東)友道康夫

父:ヴィクトワールピサ

母:ハルーワソング

母父:Nureyev

生産者:ノーザンファーム

 

母はマーティンボロなど重賞戦線で活躍した馬を輩出し、ヴィルシーナの母に当たるハルーワスウィートもハルーワソングの産駒です。

 

血統的にも期待値が高く、今後の調整がうまくいけば活躍してくれそうです。

現在は脚元のトラブルで休養中のためデビューは遅れそうですが、血統からも芝での活躍が見込めます。

 

ダイアナブライト 牝

厩舎:(栗東)石坂正

父:ディープインパクト

母:チェリーコレクト

母父:Oratorio

生産者:ノーザンファーム

 

すでに入厩済でデビューに向けて着々と進んでいます。

 

ゲート試験に受かるまでもスムーズで、頭の良い馬と評価を受けています。

一旦放牧予定ですが、順調に行けば2歳から早い活躍が見られそうです。

 

まとめ

キャロットクラブは400口でノーザン・社台生産の馬が多数ラインナップされており、人気の高い一口馬主クラブです。

毎年ほぼ全頭の馬が満口になるため争奪戦も激しいですが、その分活躍馬も多い印象ですね。

 

今年はすでに勝ち上がりを果たし重賞戦線に向けて調整が進められている馬もおり、例年通り期待が持てます。

クラシック路線での活躍が期待できる馬も多いため、チェックしておきましょう。
 

トップへ戻る