競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2018-2019】ディープインパクト産駒注目の10頭を紹介!【種付け料・頭数&産駒の評判・特徴】

ジェンティルドンナなどの顕彰馬だけでなく、キズナ、マカヒキ、ワグネリアンなどのダービー馬も多数おり、総じて評判の高い馬が多いことが特徴です。

現在は種付料の高騰もあり種付の提供は限定的ですが、今後もG1レースでの活躍馬の輩出が期待されています。

 

ディープインパクト産駒の特徴

リーディングサイヤーとして君臨し、芝マイルから中距離まで多数の活躍馬を出しています。

ダートでの活躍産駒は少なく、大半が芝のレースで好成績を残しています。

自身は牡馬としては小柄な430kg前後の馬体で高いパフォーマンスを見せていましたが、産駒はある程度馬格のある馬が活躍しています。

牝馬にも高い能力を持つ馬が多く、牡馬混合レースでも好成績を残したジェンティルドンナなども代表産駒の1頭です。

 

ディープインパクトの種牡馬としての価値

近年は外国でもディープインパクト産駒の活躍が見られ、欧州のG1戦線でも産駒の名前を聞くようになりました。

世界的にも需要が高く、場所を問わず活躍馬が生まれています。

種付料の高さからも需要の高さが窺えますが、今後も同様の状況が続きそうです。

2018年現在では後継も増えてきましたが、ディープインパクトを超える種牡馬成績を上回りそうな産駒は出ていません。

 

ディープインパクトの種付け料

Privateでの提供です。

2018年度 4000万円
2017年度 3000万円

 

ディープインパクトの種付頭数

2017年度 231頭

2016年度 230頭

2015年度 261頭

 

ディープインパクトの注目産駒10頭

 

ウーリリ 牡

厩舎(栗東)友道康夫

父ディープインパクト

母ウィキウィキ

母父フレンチデピュティ

馬主金子真人ホールディングス

生産ノーザンファーム

主な兄弟馬 ウリウリ マカヒキ

 

全姉、全兄がクラシック戦線で活躍し、マカヒキはダービーを勝利しています。

全姉は短距離路線でも活躍を見せ、ウーリリも良いスピードを持っていそうです。

 

オーサムウインド 牝

厩舎(栗東)友道康夫
父ディープインパクト
母オーサムフェザー
母父Awesome of Course
馬主サンデーレーシング
生産ノーザンファーム

 

クルミネイト 牝

厩舎(美浦)堀宣行
父ディープインパクト
母クルソラ
母父Candy Stripes
馬主キャロットファーム
生産ノーザンファーム

 

牝馬クラシックでも活躍したクルソラの娘です。

母は怪我により引退を余儀なくされましたが、娘も高い期待を持たれています。

ディープインパクトを配合したことで、中距離で母のような末脚を見せてくれそうです。

 

グランアレグリア 牝

厩舎(美浦)藤沢和雄
父ディープインパクト
母タピッツフライ
母父Tapit
馬主サンデーレーシング
生産ノーザンファーム

 

母の父は海外で高い評価を受けているTapitです。グランアレグリアは新馬戦で勝利を収めていることもあり、今後重賞戦線での活躍も期待できます。

阪神ジュベナイルフィリーズや牝馬クラシックなど、今後注目の1頭です。

 

サトノジェネシス 牡

厩舎(美浦)堀宣行
父ディープインパクト
母マルペンサ
母父Orpen
馬主サトミホースカンパニー
生産ノーザンファーム
主な兄弟馬 サトノダイヤモンドの全弟です。

 

ゲート試験には受かっており、現在は放牧中です。

成長後は兄のようにクラシック路線での活躍も期待できそうです。

 

サトノソロモン 牡

父ディープインパクト
母イルーシヴウェーヴ
母父Elusive City
生産ノーザンファーム

 

セレクトセールで高値がついたことでも話題になりましたが、里見氏の期待している1頭です。

兄弟に活躍馬はまだいませんが、馬体や雰囲気からは大物のイメージもあります。

ディープインパクと産駒でもあり芝レースでの活躍が期待でき、pog指名を考えている方にもちょうど良い産駒ではないでしょうか。

 

セリユーズ 牝

厩舎(美浦)国枝栄
父ディープインパクト
母ミュージカルロマンス
母父Concorde's Tune
馬主シルクレーシング
生産ノーザンファーム

 

母のミュージカルロマンスは、祖国で優秀短距離牝馬の称号を得ています。

順調に調整され、500kgと馬格もあります。

スピードがありそうな血統で期待が持てます。

 

ドナアトラエンテ 牝

厩舎(美浦)国枝栄
父ディープインパクト
母ドナブリーニ
母父Bertolini
馬主サンデーレーシング
生産ノーザンファーム
主な兄弟馬 ジェンティルドンナ

 

ジェンティルドンナやドナウブルーの全妹です。

ディープインパクト×ドナブリーニの産駒は安定して勝ちあがっており、ジェンティルドンナやドナウブルーはG1レースでも活躍しました。

同じ配合の牝馬であり、牝馬クラシックを見据えたデビューが期待できます。

 

ティグラーシャ 牝

厩舎(栗東)池添学
父ディープインパクト
母シーズアタイガー
母父Tale of the Cat
馬主サンデーレーシング
生産ノーザンファーム

 

牧場の期待している1頭としても話題で、順調に調整できている点も魅力です。

早い時期から始動できれば、2歳G1レースなどへの参戦も期待できます。

 

リスト 牡

厩舎(栗東)池江泰寿
父ディープインパクト
母シルヴァースカヤ
母父Silver Hawk
馬主キーファーズ
生産ノーザンファーム
主な兄弟馬 シルバーステート

 

キーファーズがセレクトセールで購入したディープインパクト産駒です。

シルヴァースカヤの産駒は能力を見せたシルバーステートもおり、リストも芝中距離での活躍が期待できそうです。

体質や足のトラブルは全兄のこともあり気になりますが、pogでも人気の1頭です。

トップへ戻る