競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

【POG2018~2019】活躍馬を多数出している注目の繁殖牝馬10頭まとめ

繁殖牝馬の中には、安定して重賞馬やクラシックに出走する名馬を輩出する馬がたくさんいます。種牡馬だけでなく繁殖牝馬に注目してみると、pogもより楽しめるのではないでしょうか。

 

ここでは2018-2019年pogでも注目の繁殖牝馬を10頭紹介します。

 

シーザリオ

産駒の高い勝ち上がり率だけでなく、G1級の産駒を複数輩出していることが特徴です。

 

主な産駒はエピファネイア、リオンディーズでどちらもG1を勝利しています。


2018年デビューの産駒も既にデビュー済で新馬勝ちを収めています。

今後も要注目の血統で、pog的にも押さえておきたい繁殖です。

 

ラドラーダ

ティソーナ、レイデオロ、レイエンダと勝ち上がり馬を多数輩出し、レイデオロはダービーに勝利するなど出世しています。レイエンダも怪我で戦線離脱したものの、復帰後は順調に勝ち星をあげています。


父を問わずに能力の高い産駒が生まれていることも特徴です。


2018年も注目の産駒がデビュー予定で、pog参加の際にはチェックしておきたい繁殖です。

 

シルヴァースカヤ

シルヴァースカヤの主な産駒は、シルバーステートです。他の産駒も勝ち上がっており、安定感のある成績を残しています。

 

現状怪我などで早期引退を余儀なくされる産駒もいますが、能力の高さを感じさせるファミリーです。

 

脚元がしっかりした産駒が生まれれば、更なる飛躍が期待できそうです。

 

ミスアンコール

2018年のダービー馬に輝いたワグネリアンを輩出した繁殖です。

今年の2歳馬もワグネリアンの全弟で、能力が期待されます。

 

2年連続でディープインパクトと配合されていることから、繁殖能力の高さへの期待が窺えます。

今年もクラシック戦線を賑わせてくれるのではないでしょうか。

 

スタセリタ

スタセリタはソウルスターリングの母です。ソウルスターリングの父は英国で活躍したFrankelですが、その後はディープインパクトと交配されています。

 

Frankel産駒も日本に高い適性を示しましたが、父がディープインパクトに変わってどのような変化を見せるのか注目です。

 

2018年デビュー予定の産駒も高い評価を受けています。

 

ドナブリーニ

ジェンティルドンナ、ドナウブルーの母で現在も注目の産駒を輩出しています。

 

主にディープインパクトと交配されていますが、毎年注目を集める繁殖です。重賞勝利はジェンティルドンナとドナウブルーの2頭のみですが、レゲンデやヴェルトゥースなどディープインパクトとの産駒が勝ち上がりを果たしています。

 

主に牝馬の成績が良いため、牝馬が生まれた時は要注目です。産駒のジェンティルドンナやドナウブルーも繁殖となり、これからの活躍が期待されています。

 

ウィキウィキ

ウリウリやマカヒキなどの母です。エンドレスノットやレレマーマなど安定して走る産駒を輩出しており、これからも注目できそうな繁殖牝馬です。

 

距離や芝、ダートを問わず産駒が走っているため父によってさまざまな適性が期待できそうです。

 

金子真人ホールディングスの持ち馬で、産駒も全て金子氏が所有しています。

 

キューティゴールド

ショウナンパンドラの母ですが、その後は配合が変わりあまり結果が出ていません。勝ち上がり率は安定しています。

 

しかし2016年と2017年に生まれた産駒はどちらもショウナンパンドラと同じくディープインパクトの子供です。

 

全姉のような活躍が期待されており、募集されたシルクレーシングでも高値がついています。

 

ミュージカルウェイ

ミッキークイーンの母で、トーセンマタコイヤ、インナーアージと順調に勝ち上がった3頭がディープインパクトとの間に生まれています。

 

ディープインパクトと相性の良い繁殖牝馬ですが、2016年生まれの産駒はオルフェーヴルと配合されています。2017年は再度ディープインパクトと交配されています。

 

オルフェーヴルとの相性も気になるところですが、サンデーサイレンス系のディープインパクトと好相性な繁殖牝馬のため2018-2019にかけても注目です。

 

クリソプレーズ

多くのG1馬を輩出している母です。主な産駒はマリアライト、クリソライトですがクラシック路線で活躍したリアファルもクリソプレーズの産駒です。

 

ディープインパクトを交配したマリアライトとリアファルは芝で活躍していますが、ゴールドアリュールと交配したクリソライトはダートで活躍しています。父の特性を上手く引き出す繁殖牝馬です。

 

2016年生まれの産駒はゴールドアリュール、2017年生まれの産駒はディープインパクトと再度の活躍が期待できそうです。

 

まとめ

2018-2019pogでも注目の繁殖牝馬10頭を紹介しました。

 

繁殖牝馬によって傾向は異なりますが、毎年注目の産駒を送り出す馬たちです。

 

pogをやる時は繁殖牝馬に注目してみると、より血統について考えることもできます。

 

気になる繁殖牝馬がいれば、産駒を追いかけてみることもおすすめです。

トップへ戻る