競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

ドバイ競馬とは?コース特徴や日程、日本馬の歴代成績を紹介

アラブ首長国連邦(UAE)には2つの大きな競馬場が存在します。どちらもホテルやショッピングセンターなどが近隣にあり、アクセスも便利な場所に建設されています。入場料も無料です。

 

アブダビとメイダンに位置する2つの競馬場ではどのような開催が行われているのでしょうか。

 

開催日程や行われるレース、日本で視聴する方法などを詳しく見ていきましょう。

 

ドバイ競馬の歴史

ドバイで競馬が初めて行われたのは1969年です。中東エリアでは比較的盛んに競馬が行われている国で、正式な競馬は1981年から開催されました。

 

中東の暑い国であることから、開催は11月から4月までに限られていることが特徴です。1991年からは本格的に競馬が活性化し、現在では国際競走のドバイミーティングが有名です。

 

なお現地では宗教上の関係で馬券は販売されていません。競馬場内では代わりに商品が当たるくじが販売されています。海外で馬券を購入する場合はブックメーカーが利用されています。

 

ドバイの首長は競走馬の育成にも積極的で、ヨーロッパではゴドルフィンの名で知られています。日本でも馬主としてシェイク・モハメド殿下の名前を目にしたことがあるでしょう。

 

メイダン競馬場で行われるドバイワールドカップデーでもシェイク・モハメド殿下がスポンサーになっているレースが存在します。

 

メイダン競馬場の特徴

ドバイのメイダンの中心部にある競馬場です。周辺には5つ星ホテルも多く、競馬場にも大きなホテルが隣接しています。部屋の窓がコースに面しているため、宿泊客が部屋から観戦できることが特徴です。

 

収容人数も多く、15000席が用意され60000人を収容できます。

 

メイダン競馬場では、11月から4月までの間、夜間にレースが開催されています。開催曜日は毎週木曜日と、隔週で土曜日も開かれています。

 

2009年まで利用されていたナド・アルシバ競馬場に隣接したエリアに建設され、2010年から利用が開始されています。

 

芝・ダートどちらのコースもあり、ダートは1周が1750m、芝は2400mです。2010年から2014年まではダートの代わりに人工のオールウェザーが使用されていましたが、特殊な馬場が嫌われアメリカの競走馬参戦がなくなったことをきっかけに現在では再びダートに変更されています。

 

ジュベル・アリ競馬場の特徴

アブダビにある競馬場です。昼間に開催が行われていることが特徴ですが、こちらはメイダン競馬場と異なり、大きなレースは準オープン競走しか行われていません。

 

ダートコースのみが設置され、芝のレースは行われません。

 

従って、日本ではあまり名前を耳にすることはないでしょう。メイダン競馬場と同じく11月から4月まで開催され、1日に6、7レースが行われます。開催曜日は水曜日と隔週で金曜日にも開催があります。

 

ドバイでの主な開催レースと馬券の購入方法

日本でドバイ競馬が話題になるのは、主に3月下旬に開催される「ドバイワールドカップデー」の時です。

 

この日には複数のG1競走が行われ、日本だけでなく世界から有名な競走馬が集まります。

 

主な開催レース

ドバイワールドカップ(G1)

ドバイシーマクラシック(G1)

ドバイデューティフリー(G1)

ドバイゴールデンシャヒーン(G1)

アルクオーツスプリント(G1)

 

現在は海外競馬の発売も行われているため、インターネット投票が可能であれば日本でもドバイ競馬の馬券を購入することができます。

 

ただし2017年時点では日本馬が参戦を表明しているレースかつ特定のG1競走のみの発売となるため、注意しておきましょう。

 

ドバイ競馬を日本で視聴する方法

リアルタイムで観戦を行いたい場合には、グリーンチャンネルが便利です。日本馬が参戦する際には無料開放されているため、リアルタイムで観戦ができます。

 

現地でも夜間に開催が行われていますが、日本では深夜帯になります。

 

最初のレースも夜11時近くなってからの発走です。全部で8レースが行われるため、放送も真夜中まで続きます。

 

JRAで発売されたレースに関しては、レース終了後に動画を見ることができます。リアルタイムにこだわらない場合はJRAの公式サイトを確認しましょう。

 

日本からの参戦馬

日本から参戦し、ドバイで勝利をおさめた馬も多数います。

 

ドバイワールドカップ

2015年からメイダン競馬場のダートコース2000mで開催され、現在も同じコース形態です。

 

なお2009年までナド・アルシバ競馬場のダート2000mで行われており、2010年から2014年まではメイダン競馬場のオールウェザー2000mでした。

 

日本馬の勝利

2011年ヴィクトワールピサ

 

ドバイシーマクラシック

2010年からメイダン競馬場芝2410mで行われており、現在も同様です。2009年まではナド・アルシバ競馬場の芝2400mで行われていました。

 

日本馬の勝利

2001年ステイゴールド

2006年ハーツクライ

2014年ジェンティルドンナ

 

ドバイターフ

2010年からメイダン競馬場芝1800mで行われています。1999年まではナドアルシバ競馬場のダート2000m、2000年から芝1800mに変更されました。

国際GIに昇格した2002年から2009年までは芝1777mで行われるなど、変化の多いレースです。

 

日本馬の勝利

2007年アドマイヤムーン

2014年ジャスタウェイ

2016年リアルスティール

2017年ヴィブロス

 

この他G1レースではありませんが、UAEダービー(G2)やゴドルフィンマイル(G2)も同日に開催されます。日本馬の参戦もあります。UAEダービーは2016年にラニが制したことでも話題になりました。

 

まとめ

ドバイでは3月下旬にメイダン競馬場でドバイワールドカップデーが開催されます。この日には日本馬も参戦することが多く、日本でもグリーンチャンネルなどで視聴が可能です。

 

また馬券購入も、日本馬が参戦する特定のG1競走で可能になっています。即パットなどのインターネット投票ツールを利用しましょう。



インターネットで競馬をやるなら楽天銀行がおすすめ!

最近では競馬場に行かないでインターネット上で競馬をするのが主流になってきました。

もしあなたがこれからインターネットで馬券を買いたいと思っているのであれば、 楽天銀行 の開設がおすすめです。

 

楽天銀行をおすすめする大きな理由は楽天スーパーポイントです。

楽天銀行を開設して即パットから馬券を購入すると、月の取引回数に応じて楽天スーパーポイントが貯まるので、 普通に馬券を購入するよりもお得 なのです。(楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として利用可能)

 

さらに今なら楽天銀行を開設後、楽天競馬(地方競馬のみ購入可能)に新規登録すると 楽天スーパーポイントが1000ポイント 馬券購入金額の10%分の楽天スーパーポイント がもらえるキャンペーン中です!

 

楽天競馬では日常的に馬券購入金額の最大10%還元キャンペーンを開催しているので、平日は地方競馬、週末は中央競馬をやりたい!という方は、楽天銀行・楽天競馬を利用するだけで他のライバルより 回収率において優位 に立つことができます。

 

↓今すぐ楽天銀行を開設したい方はこちら

>>  楽天銀行なら楽天スーパーポイントが貯まる

↓楽天競馬の登録はこちら(1000ポイント+馬券金額の10%還元キャンペーン中)

>>  楽天競馬

 

 

※楽天競馬の登録には楽天銀行の口座が必要なので、楽天銀行→楽天競馬の順番で登録をおすすめします

トップへ戻る