競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

ディープジュエリーの特徴、過去レース成績、今後の展望 新馬戦について

ディープジュエリー

父ディープインパクト 母ジュエルオブザナイト
母父Giant’sCauseway 母母JeweledLady
牝馬 4歳 鹿毛 2012年5月16日生まれ

 

過去の5レース成績

 

2016.04.23 福島 福島牝馬SG3 芝1800  良  16頭 7着  7人気
2016.02.20 京都 京都牝馬SG3 芝1400  重  18頭 11着  8人気 
2015.12.19 中山 ターコイズS 芝1600  良  16頭  6着  2人気

2015.10.18 京都 秋華賞G1 芝2000  良  18頭 12着  11人気

2015.09.20 阪神 ローズSG2 芝1800  良  17頭 7着  6人気 


デビュー後3連勝と、幸先の良いスタートを切ったディープジュエリー。

その実力は間違いないが、やはり重賞となると強者揃いのメンバーでは楽には勝たせてもらえず、近走は掲示板すら確保できない結果が続いています。


父は種馬リーディング1位のディープインパクト。

母ジュエルオブザナイトは主な産駒にEvening Jewelという海外でG1を2勝している馬がいます。

日本では目立った産駒はディープジュエリーのみですが、決して母馬として悪い成績ではありません。
 

過去のレースの結果から見る特徴

脚質は道中、中団より後方に位置取りをしてレースを進める差し馬。

デビュー後3連勝は完璧なまでのレース運びをしていましたが、重賞挑戦後は相手強化もあり、ディープジュエリー本来の競馬ができていません。


距離は1400~2000mまでの経験がありますが、今のところ、やはり1800mが一番合っているように思います。

3連勝時もすべて1800mでした。

 

コースは左回りが2戦2勝と判断するには情報が少なすぎるが、上がりタイムや、道中のレース展開を見ると、やはり苦手ではなさそうです。

右回りは6戦1勝とあまり良い成績ではありませんが、これは重賞もだいぶ含まれているため、簡単には判断できませんが、できれば今後、左回りのレースをもう一度見てみたいですね。
 

今後の活躍と出走レースの予想

 

ディープジュエリーの武器は直線で伸びる末脚だと思います。

今後は直線が長く左回りのコースがある東京競馬場や中京競馬場、新潟競馬場でこそ本領発揮できる馬ではないでしょうか。

いくら近走結果が出ていなくても、デビュー後3連勝は並の馬には到底できない芸当です。

それができる訳ですから、その実力はやはり本物でしょう。

 

すでにオープンを勝っているので、今後の目標は重賞制覇です。

まだ4歳ですから、これから本格化する可能性もありますし、重賞制覇もすぐそこまで来ています。

得意な条件が揃った舞台であれば、もう次走にも重賞制覇してもおかしくない馬です。

軽視は禁物の馬だと思っています。
 

 

新馬戦とは

 

新馬戦はJRAに所属している馬であれば、一部例外を除き、一番最初に出走するレースです。

個人的には重賞を除けば一番勝つのが難しいレースだと思っています。

 

なぜなら、どんなレベルの馬も一緒に走るからです。

例えば、最終的にずっと未勝利を抜け出せずに引退してしまう馬も、将来G1をいくつも制覇するような物凄く強い馬も新馬戦では同じ条件で走るのです。

そのようなレースは後にも先にも新馬戦だけしかありません。


また、たった一度の新馬戦で勝てなければ次走は未勝利戦に変わります。

ですから新馬戦は一生の内一度しか出走できないレースなのです。

新馬戦で勝つ馬というのは、ほんの一握りの馬であって、実力もピカイチの馬なんですよ。

本当にすごいことなのです。

 


↓月380円で競馬雑誌「週刊Gallop」「サラブレ」が読み放題!

>> 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】 <<


大手スポーツ紙の最新競馬ニュースはdmenuニュース!(無料アプリ)

dmenu ニュースなら、デイリースポーツ・東スポ・スポーツ報知といった大手スポーツ新聞社による 最新の競馬ニュースや追い切り情報、予想、レース回顧 などが無料で簡単に読めるだけでなく、有名ハンバーガー店やレストラン、ドラッグストアなどの お得なクーポン(無料あり) もゲットできます!(競馬ニュースは+ボタンから「競馬」でタブを追加すると見ることが可能です)


↓dmenuを無料インストールする(iPhone・Android対応)

>>

↓dmenuで競馬ニュースを見る方法を解説する記事はこちら

>> dmenuニュースのインストール方法、使い方を画像つきで解説

トップへ戻る