競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

岩田康誠はどんな騎手なのか?レース戦績、騎手としての特徴、今後の騎乗予定を紹介

日本の競馬には大きく二分して「中央競馬」と「地方競馬」があります。

 

現在は地方の騎手や競走馬が中央競馬に参戦するのはいたって普通のこととなり、その逆も頻繁に行われています。

 

また、地方競馬出身のジョッキーが中央競馬の騎手免許を取得して活躍しています

 

その代表的な存在として、笠松競馬から中央競馬に転身した「アンカツ」こと安藤勝己騎手や、現役で南関東競馬出身の内田博幸騎手戸崎圭太騎手は、リーディング上位に名を連ねています。

 

その中でも地方競馬出身で、通算勝利数・重賞勝利数・G1勝利数で最多を誇るのが岩田康誠騎手(1974年3月12日)です。

 

ここでは岩田康誠騎手についてご紹介していきます。

 

経歴と戦績

岩田騎手は1991年、兵庫県競馬所属でデビューします。

兵庫県競馬の先輩である小牧太とともに、園田の2本柱といわれていました。

 

2006年に中央競馬に移籍するまで、兵庫県競馬のリーディングを4度獲得し、通算2941勝を挙げています。

地方所属時から中央競馬に参戦しており、2002年には「ビリーヴ」で初重賞を制覇しており、2004年は菊花賞を「デルタブルース」で勝利しています。

 

岩田騎手は中央競馬に参戦後、先の「デルタブルース」でオーストラリアの祭典であるメルボルンカップを勝利。

 

また、2007年には武豊騎手からの乗り替わりで、重圧が半端なかったという「アドマイヤムーン」で宝塚記念とジャパンカップを制覇しています。

 

2012年には「ディーププリランテ」で日本ダービーを初勝利し、「ジェンティルドンナ」では牝馬三冠を達成(オークスは騎乗停止中で川田騎手に乗り替わり)しています。

 

岩田騎手は2016年5月23日現在で、通算1340勝、重賞83勝、G1を24勝しています(JRAのみ)。

 

岩田康誠騎手のお手馬、レーススタイル

主なお手馬には、JRA初G1と初海外G1を制覇した「デルタブルース」、年度代表馬に輝いた「アドマイヤムーン」、牝馬三冠とジャパンカップを制した「ジェンティルドンナ」、スプリントG1を5勝した快速「ロードカナロア」がいます。

 

岩田騎手の特徴的には、馬群の中でも最短距離である内目を突いて伸びてくる剛腕と度胸の強さが挙げられています。

 

時には厳しい騎乗で、制裁をもらうことも少なくありませんが、それだけ勝負にこだわった騎乗スタイルを貫いています。

 

また、代打騎乗や乗り替わりで結果を残していることが多く、「ヴィクトワールピサ」や「ウオッカ」、「アヴェンチュラ」「ダノンシャーク」では初騎乗ながらG1を制しています。

 

今後の期待

岩田騎手は2015年の9月に小倉2歳Sを勝利して以来、2016年5月23日現在まで重賞を勝利していません。

 

その2015年は、9月までの9月間で重賞をすでに13勝もしていたとは思えないほど、現在はスランプに陥っています。

 

大レースで勝負強さが売りの岩田騎手ですが、クラシックの有力馬もデムーロ、ルメール両騎手に集まる傾向が強く、岩田騎手の復活を期待するファンは少なくありません。

 

とりあえずは、約10か月ぶりとなる重賞制覇に注目したいところです。

トップへ戻る