競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報サイト

リーサルウェポンの特徴、過去レース成績、今後の活躍 次走

リーサルウェポンのプロフィール


父ディープインパクト 母クイックコマンド
母父GoldLegend 母母JetRoute
牝馬 5歳 鹿毛 2011年5月29日生まれ

2016.04.23 福島 福島牝馬SG3 芝1800  良  16頭 6着  2人気 
2016.03.13 中山 中山牝馬SG3 芝1800  良  16頭 5着  3人気 
2016.02.21 小倉 小倉大賞典G3 芝1800  良  16頭 5着  4人気

2016.01.16 中京 愛知杯G3 芝2000  良  18頭 13着  3人気 
2015.11.23 京都 修学院S 芝2000  良  10頭 1着  3人気


近走ではあまり良い結果が残せていない状況ですが、昨年の6月から今年の1月にかけて、とても安定した堅実な走りを見せました。

重賞の愛知杯G3ではバウンスシャッセにあと一歩及ばず2着と惜しい競馬をしました。

まだ5歳の牝馬ですので、今後重賞馬になる可能性を秘めている一頭です。
 

過去のレースの結果から見る特徴

重賞を2着に好走した経験がある馬ではありますが、リーサルウェポンの最高クラスの勝利レースは1000万下条件であり、実際には未だオープンは当然、1600万下すら勝利していません。

しかし、その実力はオープンクラスであれば十分通用すると思っています。

脚質は捲りを得意とする差しの競馬が多いようです。

近走重賞に挑戦してからは力不足からか、最後方からのレースとなっています。

 

やはり重賞となると、自分のレースをするのも難しくなるということでしょう。

距離は1400~2000mの経験がありますが、短い距離よりも長い距離の方が成績は良いようです。

捲りの競馬を得意とするため、短い距離での瞬発力勝負ではリーサルウェポンにとって分が悪いようです。

コースは基本的には得意不得意はなさそうですし、右回り左回りどちらも問題なく実力を発揮できています。

 

ここ一年に絞って見れば、特に直線が長いのが特徴の阪神競馬場、中京競馬場でのレースで良い経験を残しています。

この2会場は急坂や重い馬場が特徴的で、勝つには力がある馬が有利と言われているコースです。

さらに各競馬場に関係なく、天気による変化がある芝の変化にも対応できており、稍重、重でも大崩れはありません。
 

今後の活躍と出走レースの予想

まずは少し前の勢いを取り戻してほしいところです。

これからの季節は牝馬有利と言われている夏競馬です。

昨年の成績を見る限り、リーサルウェポンも夏は調子が良く、実力を発揮できる馬であると感じます。

 

今のところ、やはり重賞の壁は高く、力不足は否めない状況です。

まずは1600万下、オープンと段階を踏んでも順調に勝ちが上がってこれる力はあると思います。

今後、馬券購入者の目線からリーサルウェポンの馬券を考えた時には、直線が長く、力のいるコース、1800m以上の距離、そして雨が降っている日。

 

以上の条件が揃った時には、それがたとえ重賞のレースでも狙い目かもしれません。
 

ディープインパクトの圧力

父ディープインパクトは現役時代、言わずと知れた最強馬。

種馬リーディングも毎年堂々の1位。代表産駒も誰もが知っている馬が多数います。

父がディープインパクトというだけで注目されるほどの影響力があります。

 

しかし、当然ながら産駒のみんながみんな強い訳ではありません。

当馬リーサルウェポンも産駒の中では上位とは言い難い成績です。

中には地方の下位クラスでも勝てない馬もいます。

歓声を浴びながら華やかなレースをしている馬たちがいるなかで、そんな馬たちがいることも忘れないで下さい。

 


↓月380円で競馬雑誌「週刊Gallop」「サラブレ」が読み放題!

>> 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】 <<


大手スポーツ紙の最新競馬ニュースはdmenuニュース!(無料アプリ)

dmenu ニュースなら、デイリースポーツ・東スポ・スポーツ報知といった大手スポーツ新聞社による 最新の競馬ニュースや追い切り情報、予想、レース回顧 などが無料で簡単に読めるだけでなく、有名ハンバーガー店やレストラン、ドラッグストアなどの お得なクーポン(無料あり) もゲットできます!(競馬ニュースは+ボタンから「競馬」でタブを追加すると見ることが可能です)


↓dmenuを無料インストールする(iPhone・Android対応)

>>

↓dmenuで競馬ニュースを見る方法を解説する記事はこちら

>> dmenuニュースのインストール方法、使い方を画像つきで解説

トップへ戻る